Tag: WesternDigital

NASの調子が悪くなったので、DiskStation DS418jを購入

今使っているBUFFALOのLinkstation LS-QVLの調子が悪くなってきたため、買い足すことにしました。調子悪さを感じたのは、ファイルのコピーや移動をすると、稀に動作が止まってしまう症状が発生して、そのままパソコンとの接続が切れてしまってフォルダが見えなくなってしまいました。ディスクエラーも無いし、特定のファイル以外はそんなことも無いので、そのまま使い続けるか・・・と思っていたけど、やっぱり、写真データとか大事なファイルが保管してあるんで、買い替え時かな?と思うことに。

ネットで探していると、QNAPかSYNOLOGYの2択が今時のチョイスっぽい。どちらのNASも後は好みで選択で良さそうだったんだけど、Synologyのユーザインターフェイスのほうが簡単で分かりやすそうだったからという理由です。機能としては、NAS本来の機能が充実していれば良く。他の機能については、使わないだろうということで、あまり気にしませんでした。まあ、インターネットからもアクセスできると便利かも?くらいでしょうか。

ただ、ディスク搭載数が4つ入るタイプが欲しく。そうなると価格が高くて手が出なかったんだけど、丁度タイミング良く、楽天のビックカメラで安く買えるようだったんで、以下の製品を購入しました。

・DiskStation DS418j 28,499円

通常でもネットで3.3万円程度するのが3万円きっていたのも勢いで買ってしまった原因でもありますが。

翌日には配送されてきたので、早速、箱から中身を出してセットアップします。既存のNASからデータ移行するにあたり、どうしても1本だけディスクが必要だったので、4TBのハードディスクも併せて購入しました。今までは一番お手頃だった3TBだったけど、ようやく4TBも以前の3TB並に価格が下がってきたので今後は4TBが主流かな。赤ラベルは惹かれましたが、流石に価格が高くて手がでません。

・WesternDigital WD40EZRZ-RT2 7,890円也

DS418jですが、ハードディスクは後ろの手ネジを開けてから、ネジ留めしなければならないのが難点ですね。ホットスワップに対応していないので、ディスク交換時はNASの停止が必須です。ディスクの設置自体はすごく簡単なのと、そんなに頻繁に作業する内容でもないから、そういう作業も無視できる範囲でもあるけど。

既存のNASからデータを全て、新しい4TBのディスクへ移行してから、納戸の場所へ設置しました。LS-QVLと比べると僅かですがサイズアップしてしまいましたが、横幅が同じくらいだったんで、今の場所にもすっぽりと置くことが出来ました。

アダプターが大きいのが難点ですね。我が家は納戸なんで、設置した時に邪魔にならないけど、そういう場所が無いと設置場所に困りそうですね。

とりあえず、ディスクの稼働状況を記録しておく。
disk1 1.75 days 4TB
disk2 598 days 3TB
disk3 442 days 3TB
disk4 300 days 3TB

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=31316