Tag: Techno Power

オイルとオイルフィルターDIY交換作業

前回交換してから、結構な月日が経ち、雨で出かけるにしても出かけにくいこともあって、家でのんびりとオイル交換するにはもってこいな日となりました。

ただ、オイル交換するために車をかなり前に出さないといけないため、実際、交換するときに体を車体下に入れるたびに、下半身が雨で濡れるという、作業には本当は向かない日だった・・・

事前に用意しておいたオイルとオイルフィルターを使って、早速、交換を開始します。その前に少しだけエンジンをかけて暖気しました。車を上げるのも、久しぶりなこともあって、ちょっとドキドキします。

工具の準備とオイルフィルターを箱から取り出します。オイルフィルターは安心・安全な純正品です。
20151114001

車体の下に潜り込み、ドレンボルトを開けてオイルを抜き始めます。オイルタンクに、汚いオイルが出てきます。抜いている間に、オイルフィルターを取り外して、オイルが落ち切るまでの間にフィルターの交換作業を完了させます。フィルターを外すと、中に残存オイルがあるので、キッチンペーパーとティッシュで拭っては綺麗に抜き取っていきます。

20151114003 20151114002

次に取り外したフィルターを分解して、新しいOリングを2か所取り替えます。かなり分かりづらいけど、Oリングを交換する前と後の写真です。Oリングのゴムにオイルが付着しているかどうかで、おぼろげながら判断できる感じでしょうか。

20151114004
びふぉー
20151114005
あふたー

Oリングを交換したら、フィルターを嵌めこんでセットアップします。ここ最近は、文字が見えるほうを下にして嵌めこんでいます。奥までスコっと中途半端にならないように気を付けます。
そして、オイルフィルターを元の場所へセットします。締め付け具合は、いつものごとく、一通り締まった後に1/4回転だけ増し締めして作業完了です。

20151114006 20151114007

オイルが落ち切ったようならば、ドレンボルトを取り付けします。オイルですが、何時まで経っても、年寄のおしっこみたいに、ちょっとづつ滴っているため、どこかで割り切りが必要です。
しかも、滴っている中、車体に潜り込んでドレンボルトを締めるので、手にオイルが滴ってくるのが難点でしょうか。間違って古いワッシャーで締め付けしないように!
車体の下で、体の自由がきかない状態でボルトを締めるため、どっち回転だったか微妙ですが、多分、時計周りで締め付けします。こういう時に、リフトがあったらな~と思ってしまいますね。

20151114008 20151114009

抜いたオイル。かなり淀んでいて、ドロドロした感じです。泡がたっていて如何にも汚れていて、駄目な状態感を漂わせています。

20151114010 20151114011

新しいオイルを投入します。今回は6㍑投入しました。最初5.5㍑まで入れて、添加剤をすべて入れ終わってオイルゲージを確認した後、最後に0.5㍑を追加で入れました。今回入れたオイルは、Techno Power 5w-30の激安オイル。一応、これは全合成オイル(VHVI)ってことです。自分でもなかなかの英断だと思ってしまうオイル選びです。せん断性能や仕様など、ほぼ不明なオイルですが、必要十分な性能をもったオイルなのかもしれません。。。

20151114012
3㍑
20151114013
2.5㍑
20151114014
0.5㍑

で、それだけだと、ちょっと怖かったんで高級なオイル添加剤(KURE オイルシステムデュアルフ2120)を投入することにしました。2種類の液を、順番にある程度撹拌させた後に追加で投入するシステムです。

まずはステップ1の「プロテクションコート」を投入。こちらはオイルっぽい感じの液でした。投入後、一旦エンジンをかけて5分程度アイドリングさせました。アイドリング中、マフラーから白い煙がモクモクと出てきました。5分後、ステップ2の「ベアリングルブ」を投入。こちらはビックリな白い液。牛乳みたいです。こちらを投入後、同じようにエンジンをかけて5分程アイドリング。

2液同時に入れても、エンジンに支障をきたすことはありませんが、本来の効果が発揮されないため、使用方法に従ってください。ということみたいです。

20151114015 20151114016

すべての作業を終了後、オイルゲージチェックを実施。オイルの量がMINより、ちょっと超える程度ですが、最近、我が325iくんはオイルチェックが怪しいので、しばらく乗り回した後、再度確認して同じくらいの量であれば0.5㍑追加しようと思います。

20151114017
煙がもくもく
20151114018

作業にかかった時間は1時間30分程。どうしても車体に潜り込むこと。雨が降っていてマットが濡れてしまうので、それを拭ったりすること。オイルを抜いている時に、微妙に溢してしまって地面をオイルで汚してしまうこと。これらの問題があって、やっぱり、このくらいはDIYだと時間がかかってしまいました。

とりあえず、作業完了後の満足度は高いです。作業時の動画は以下の通り。

交換時ODO: 86,557km

前回、全交換したのが78,725kmだったんで、今日のODOからの差と期間は、7,832km/7か月での交換作業となりました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=22844

チャレンジ!激安オイルとちょっと高級添加剤を購入

次のオイル交換用のオイルを探しに、山新まで行って来ました。

なんだかんだ、山新は色々なオイルが置いてあり、しかも、カー用品店に較べて安価です。
20151108004

そんな中、色々と物色した結果、こちらに決定。
20151108005

かなり冒険しました。一応、100%合成油であることだけ拘りましたが、価格からすると本当かよ!?と思うところが多い・・・

・Techno Power 5W-30 1,980円也×2個

これだけだと、心配だったんでオイル添加剤でごまかすことにしました。これでも問題なかったら、次回からこのクラスでも十分かな?と。

添加剤ですが、こちらはかなり奢って
・KURE オイルシステムデュアルフ2120 3,146円也
を購入。

●ハイレベルなドライブパフォーマンスを実現します。
  (スムーズなエンジン回転・パワーUP・静動性・静音性)
●エンジン内部を強固な潤滑被膜が保護し、エンジン寿命を延ばします。
●エンジンのベストコンディションを維持します。
●燃費が向上します。

となかなかの謳い文句です。

オイルと添加剤で、合計7422円。オイルよりも効果な添加剤ですが、モービル1などの良いオイルを8㍑購入するよりかは、4,000円程安く済んだので、新たな試みということで検証できればと考えてます。

流石に夏場は使う気になれないですが、寒いこの時期であれば有効かな~と。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=22811