Tag: MacBookPro

デスク周りの整理

MacBookProをシェルモードで利用できる環境が用意出来たので、デスク周りを整理しなおしました。

現状はディスプレイ2台でしたが、デスクがごちゃついていて、なんだか見苦しいのでディスプレイは新しいDELLのUSB-C入力対応の1台体制に変更です。

また、ディスプレイが2台の為とUSBハブが無いせいで、電源タップ周りもごちゃついています。MacBookPro用の電源アダプターが、そこそこの大きさなのと、色が白い為に非常に目についてしまいます。

接続しなおして、以下のようになりました。ケーブル類もディスプレイの電源ケーブルとWindowsパソコンとのHDMIケーブル1本。そして、キーボードとマウスの細いケーブルとなりました。デスク上はかなりスッキリとしましたね。

iPadもディスプレイのUSBポートを使って充電したりできるのが非常に便利です。
当初、ディスプレイとMacBookPro間の接続はMacBookに付属していたUSB-C充電ケーブル(2 m)で接続したんだけど、なぜかディスプレイが表示出来ず、仕方がないのでディスプレイ附属のUSB-Cケーブルで接続したら、ちゃんと表示されるようになりました。

因みにMacを利用する場合はこんな感じになりました。しかし、まだMacは使い慣れていないせいか、使い勝手が悪いです。マウスの反応がイマイチ悪いので、何回も移動させないポインターが目的の位置に移動しないのがメンドイです。マウスパッドを使えば状況も変わるのかな~?

Macをシェルモードで利用できるようにはなったけど、音楽再生などは今はWindowsのほうが良いようだし、7年前くらいの自作PCもまだまだ十分に活躍してくれているんで、Mac側へ完全移行とはいかなさそうです。

たまに触ってみて、「う~ん・・・」と悩みながらブラウザを使うくらいでしょうかね。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30718

Magic Keyboad購入

MacBookProをシェルモードで利用するために、キーボードを購入することにしました。Macのキーボードってあまり選択する数も無く、Windows用のキーボードをキーマップを変更して使うか・・・とも悩みましたが、結局、無難に純正キーボードを選択しました。

なぜかというと、初心者でる自分がショートカットキーや機能キーなど、何かと利用時にやっぱりMac専用のほうが悩まずに済みそうかな?という気がしたから。

悩んでいた時には、以下を候補として検討していました。
・LOGICOOL k380
・Apple Magic Keyboard (JIS) MLA22J/A
・Happy Hacking Keyboard Professional BT PD-KB620B
・FILCO Majestouch Convertible2 FKBC108M/JB2

理想はHappy Hacking Keyboard Professional BT PD-KB620Bだったんだけど、価格がネックでした。また、Mac用ではなくWindows用ということでキー種別がMacとは異なることでしょうか。後は今使っているFILCOのキーボードと見た感じが被るし、同じようなキーボードだしなぁと、いちいち理由付けをして避けました。

他も同様にやっぱり微妙なんですよね。価格的に一番の候補だったのは、LOGICOOL k380だったんだけど、なんか後で後悔しそうかな~という理由で辞めました。

最終的には最初に記載した通り、純正品で比較的に安価で良さそうだからということで決めました。ビックカメラで10,573円也でした。

Apple製品は、梱包されている箱がしっかりとしていて、買って手元に届いた時の購買時の満足度をあげてくれますね。こういう所は他社も見習ったほうが良いような気もしますが、無駄な梱包にコストをかけているので、これを簡易的な普通の箱にしたら500円くらい安くならないのか?とか考えてしまいます。

箱を開けると綺麗にキーボード本体が収まっていて、取り出すとその下に充電ケーブルとなるLightningケーブルが収まっていました。後は簡易的なマニュアル?みたいなペラ紙。

キーを触ってみると、MacBookProのキーのようにヘコヘコした感触ではなく、ポチポチという感じの感触で、打ち心地は比べるも無く非常に良いです。まあ、ノートのキーよりは良いというだけで、Windows用で使っているFILCOのキーボードと比べると駄目なキーボードではあるんですけどね。。。

また、マウスと合わせて白いカラーで合わさっているので、見た目の統一感も良い感じですね。(MacBookProはグレーですけど。。。)

ただ、これでシェルモードで利用できることで、ノート側のキーボードはあまりタッチする必要性が無くなるので、綺麗に使えるようになりますね。数年後、中古ショップで買い取りしてもらう時に、殆ど、キーに触れてない新品同様の状態で売り出せるので、状態は最高のまま引き渡せそうです。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30702

オーディオ環境の整備(備忘録)

今年はなんだかんだで散財してしまっているんで、もう新しく物を買うことは無いだろうということになりました。現状の不満点は沢山あるけど、とりあえずはパソコンを立ち上げなくても音楽を楽しめるようにはなりました。ただ、iPadのアプリが微妙にデザインが悪いということくらいでしょうか。。。

で、今まではパソコンうを使って以下のような環境でした。この環境も有償のアプリをfoobar2000に導入しての環境です。それもこれも、maranzのNA7004が古くなってしまった為にAirPlayが使えなくなったせいです。それでも、なんとか以前のように気軽に音楽を楽しむ環境は出来ていました。

これにiPadが追加されて、パソコンを起動しなくても楽しめるようになったのが、以下の環境。dlna環境を利用した再生環境ですが、この環境は上記のfoobar2000で聴く環境よりも音質が下がるようです。foobar2000を利用することによる音質の明瞭感が無いのです。。。まあ、気軽に楽しむというコンセプトは適えているので、これはこれで有りなのですけど。

で、今は死蔵しているMacBook Proをどうにかしてメインに据えるべく、今後の環境は以下のように整備される予定です。この環境はMacも気軽に利用出来るようになるとこんな感じになります。また、本当は今年中には購入したかったUSC-DACが導入されて初めて実現します。

所々、買い替える場所を変更することで、本末転倒にならなく余計な予算をつぎ込まなくてスッキリとする構成もあるのですが、それだと、1製品に10万近く予算を当てないといけなくなるので、なかなか今の小遣い事情だと厳しい。。。

予算があれば、買い替えして理想の機器構成にしたいと考えてしまいますが、それするには中古品を買うとしても200万近くないと自分の理想にはならないし。。。現実的には厳しいですね。既に廃番で新製品では手に入らない物で欲しい物がありますが、今現在も人気があるようで手に入れるには相当の価格です。

あまり大げさな場所を取るようにしてしまえないので、デスク周りにこじんまりとした構成にしつつ、気に入った音で音楽が楽しめるようにしていければいいのだけど、とりあえずは、現実的にはDACを追加するくらいかな~。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30681

人生初Mac。MacBookPro TouchBar 13inch 第8世代Intel Core i5プ‍ロ‍セッサを購入しました!

結局、9/12のAppleの発表はiPhoneがメインでMacBookは夏のProが新製品として購入しても後悔しなさそうだったんで、つくばのヤマダ電機のほうも覘いてみることにしました。

特にセールをしている訳では無かったけど、いつものようにMac Book Pro 13とMac Bookを眺めてみては、TouchBarモデルの今年の2018年度モデルが良いだろうという思いを固めることに。

店員さんに話しかけて、応相談と記載のある価格を聞いてみることに。購入は
・13インチMacBook Proをカスタマイズ – スペースグレイ 198,800円 (税別)
第8世代の2.3GHzクアッドコアIntel Core i5プ‍ロ‍セッサ(Turbo Boost使用時最大3.8GHz)
True Tone搭載Retinaディスプレイ
Touch BarとTouch ID
Intel Iris Plus Graphics 655
8GB 2,133MHz LPDDR3メモリ
256GB SSDストレージ
Thunderbolt 3ポート x 4
バックライトキーボード – 日本語(JIS)
です。税込み214,704円也。

購入するか悩んでいると、最終的には180,556円(税別)で、税込み195,000円也で、ポイントを5,070ポイント付けてくれました。

198,800円 – 180,556円 = 18,244円引き
18,244円(現金値引き) + 5,070ポイント = 23,314円

結局、手元のお金が195,000円ということで、あまりお得感は感じられない。とはいえ、20万を切っていることもあって、この辺りで買っておいても欲しい時が買い時ってことで良いと判断。
ただ、ポイントを有効的に使うため、Magic Mouseを合わせて購入することにしました。Magic Mouseは8,800円(税別)ですが、僅かばかり値引きしてもらい税込み8,500円で購入することにしました。で、8,500円 – ポイント5,070 = 3,430円也の手持ちの支払いで購入しました。

買うのは決めたけど、流石に全て一括支払いは出来ないので、JCBカードの手数料がかからない12回支払いで支払うことにしました。で、10万円を現金で支払い95,000円を12回払いとしました。これならば、毎月の支払価格もまあなんとかなるだろう支払い額となりました。

で、早速買って帰ってきました。

箱から中身を取り出して、デスクに設置。

起動させます。MacOSの起動は人生初になります。この画面を眺めつつ、久しぶりに感じるわくわく感。流石にこんな高価なパソコンはFM TOWNSを購入した依頼のことです。その時以来かも(^^;

起動するとWindowsみたいに、何ステップかの問いに対して答えていくだけでデスクトップ画面が表示されました。で、設定画面を少しだけ見て周り新しく購入したマウスの認識と設定。そして壁紙を暗めの物にして、上部のメニューも暗い見た目の物に変更。暫くはこれで使っていこうかと。

そして、「システム環境設定」から「App Store」のアップデートを確認するとmacOS High Sierraのバージョンアップがありました。早速、更新「10.13.6追加アップデート2」を実施しました。それにより、バージョン10.13.6になりました。

まだまだ使いこなせないけど、システム環境設定を色々と弄っては、理解度を深めていければいいな!と。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30473