Tag: LinkStation

NASの調子が悪くなったので、DiskStation DS418jを購入

今使っているBUFFALOのLinkstation LS-QVLの調子が悪くなってきたため、買い足すことにしました。調子悪さを感じたのは、ファイルのコピーや移動をすると、稀に動作が止まってしまう症状が発生して、そのままパソコンとの接続が切れてしまってフォルダが見えなくなってしまいました。ディスクエラーも無いし、特定のファイル以外はそんなことも無いので、そのまま使い続けるか・・・と思っていたけど、やっぱり、写真データとか大事なファイルが保管してあるんで、買い替え時かな?と思うことに。

ネットで探していると、QNAPかSYNOLOGYの2択が今時のチョイスっぽい。どちらのNASも後は好みで選択で良さそうだったんだけど、Synologyのユーザインターフェイスのほうが簡単で分かりやすそうだったからという理由です。機能としては、NAS本来の機能が充実していれば良く。他の機能については、使わないだろうということで、あまり気にしませんでした。まあ、インターネットからもアクセスできると便利かも?くらいでしょうか。

ただ、ディスク搭載数が4つ入るタイプが欲しく。そうなると価格が高くて手が出なかったんだけど、丁度タイミング良く、楽天のビックカメラで安く買えるようだったんで、以下の製品を購入しました。

・DiskStation DS418j 28,499円

通常でもネットで3.3万円程度するのが3万円きっていたのも勢いで買ってしまった原因でもありますが。

翌日には配送されてきたので、早速、箱から中身を出してセットアップします。既存のNASからデータ移行するにあたり、どうしても1本だけディスクが必要だったので、4TBのハードディスクも併せて購入しました。今までは一番お手頃だった3TBだったけど、ようやく4TBも以前の3TB並に価格が下がってきたので今後は4TBが主流かな。赤ラベルは惹かれましたが、流石に価格が高くて手がでません。

・WesternDigital WD40EZRZ-RT2 7,890円也

DS418jですが、ハードディスクは後ろの手ネジを開けてから、ネジ留めしなければならないのが難点ですね。ホットスワップに対応していないので、ディスク交換時はNASの停止が必須です。ディスクの設置自体はすごく簡単なのと、そんなに頻繁に作業する内容でもないから、そういう作業も無視できる範囲でもあるけど。

既存のNASからデータを全て、新しい4TBのディスクへ移行してから、納戸の場所へ設置しました。LS-QVLと比べると僅かですがサイズアップしてしまいましたが、横幅が同じくらいだったんで、今の場所にもすっぽりと置くことが出来ました。

アダプターが大きいのが難点ですね。我が家は納戸なんで、設置した時に邪魔にならないけど、そういう場所が無いと設置場所に困りそうですね。

とりあえず、ディスクの稼働状況を記録しておく。
disk1 1.75 days 4TB
disk2 598 days 3TB
disk3 442 days 3TB
disk4 300 days 3TB

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=31316

MacBookProのTimeMachineを有効化

購入したはいいが、まだ、まともに使ってもいないMacBookProですが、勉強がてらバックアップ環境を整えることにしました。

Macでは簡単にバックアップ出来る仕組み「Time Machine」が用意されており、これにより、「この機能を使って、App、音楽、写真、メール、書類、システムファイルなど、すべてのファイルを自動的にバックアップしておけます。バックアップしてあれば、Mac から削除したファイルでもバックアップから復元できます。Mac のハードディスク (または SSD) を消去または交換した場合でも大丈夫です。」ということで、やって置いて損は無さそうです。

で、Time Machineを利用するにあたっては、外部ストレージが必要になるのですが、一番に思いつくのはiCloud Driveですが、こちらは無料の5GBしかない為、バックアップには利用出来ません。。。

iCloud Driveは、iPadやMacBookとの共有ドライブとして、何かと重宝しそうなので、バックアップのような使い方で消費したくありません。。。

で、色々と調べているうちに、我が家の古いNASであるバッファロのLinkStation LS-QVLC67に、Time Machineの機能を有していたので、こちらを利用することにしました。設定は、簡単。

Time Machine専用の共有フォルダを作成し、Time Machineの設定時に専用の共有フォルダを指定して有効化するだけでした。

その後、Macに戻りTime Machineの設定をします。この時にバックアップディスクの選択時に、LinkStationの領域が見えてくれているのでそれを選択。

後は「バックアップを自動作成」の有効化をすれば、バックアップが行えます。初回は、手動にてすぐにバックアップを実行させました。最初のバックアップはフルバックアップなので、ディスクの利用している部分を丸々バックアップされるために、結構な時間がかかりました。その後の1時間ごとのバックアップは差分バックアップな為にすぐに処理が終わるようです。

これで何かあっても24時間前内であれば、好きな時に戻れるますね。Appleのサイトの復旧手順を見ても、とても簡単そうです。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30675

またまたNASのディスク障害・・・

いつものようにパソコンを起動すると、同時に起動されるNAS Navigator2からの警告メッセージ。。。

何やら障害があるとのことで、障害通知設置しているメールも確認すると、ディスク3が障害とのこと。

仕方がないので、ネットで安い3TBのディスクを物色すると、ここ最近購入している
・WD Blue 3.5インチ 内蔵HDD 3TB WD30EZRZ-RT 8,780円
を注文することに。

前回よりも値上がりしているし・・・これ以外での選択も少なくなっていて、選びようが無くなってきていますね~

翌日、配送されてきたので仕事から帰ってきてから、交換するってことは出来ず、5日間かけて故障しているディスク3から、まずはデータを他のディスクへ移動です。1.5TB程あったんですが全て移動するだけで、5日間かかりました。。。

で、ようやく作業が出来たのが8/10の夜という感じです。

まずはLS-QVLC67からディスク3を管理画面からディスク取り外しを実行してから、オンラインで引き抜きました。抜いたディスクはかなりの熱をもっていたんで、そのせいで寿命が減ったのかな~

壊れたディスクはシーゲイトのディスクですが、多分3?年程は持ちこたえたんで十分っちゃ十分なんだけど、交換したタイミングの問題か、よく壊れているイメージがあるんで、もうシーゲートのディスクは買わないかな。余程、安くなければ買わないと思う。

その後、ディスクを交換作業を実施。ドライバーで4本のネジを取り外してから取り付けします。交換自体は簡単。交換したディスクをそのままNASへ元の場所へ差し込んで作業終了。念のためNASを、一旦、再起動をかけます。

管理画面から、交換した対象ディスクをフォーマットします。フォーマット自体は、そんなに時間はかからないです。認識されたディスクを共有に追加して作業終了です。

通知設定していると、こんな感じにメールが届くんだね。自前のサーバのメール設定のリレーをちゃんとしていなかったんで、これを機会にちゃんとしたんで、毎日、メールが届くお陰で早めに故障を知ることが出来そうです。

保険で家族の写真データなど保管していますが、ディスクの本数を増やすと壊れる確率が増えるし、うまい具合には出来ないなあ。1年に1本程度だとコスト的には我慢できるけど、年2本だとちょっと厳しいかなぁ。。。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=28451