Tag: FABI

FABIのダブルモンクシューズ買っちゃった

結局、革靴を見ていると欲しくなってしまい、ポチってしまいました。ただ、最後までBALLYのダブルモンクと悩んだんだけど、なぜか、月末近くになったせいか、さらに1万円程安く価格が変わったので、もう、最後の1足ということもあって即決してしまいました。

DOUBLE MONK FLEX GOODYEAR IN VITELLO NATURALE €510.00
天然カーフスキンのダブルモンク。優れたフレックスグッドイヤークラフトテクニックに基づいて作られており、最大限の柔軟性と快適さを得るために設計され、特許を取得しています。
レザーソール。色:ブルー素材:カーフ

最初悩んでいた時のよりも、さらに安くなり結局、42,500円→38,200円→26,740円となりました。

まあ、この価格ならば買っても損は無いかな?という価格ですよね。

9/24にポチって9/30に配送されました。配送用の箱を開けると、靴が入っている化粧箱が出てきました。箱を開けると、紺の靴入れと靴へらが入っていました。

早速、ご対面~!皮の表面は傷も無く、とても綺麗な状態です。ちょっと残念だったのがセール品だったせいか、タグが無かったのが残念ですかね。サイズは40.5です。

インナーソールは、群青色っぽい色味に金色でFABIの文字が。履いている内に消えてしまうんでしょうけど、中々、色っぽい感じです。

ダブルモンクということで、金具が付いていますが、金具にもしっかりと、ブランドロゴマークが入っています。他ブランドもダブルモンクシューズの形って、ほぼどれも同じような形で違いが分からないのですが、こういう所のアクセントで違いがあるのがいい感じです。

ソールはダイナソールとかではないので、雨の日は滑って歩けない為、晴れの日専用です。とはいえ、会社の廊下などでは少し滑りますね。また、ダイナソールのように、カツカツとした音は鳴らないのが良い感じです。

実際、1日履いてみて初卸の革靴だというのに、履き心地が良かったです。
最初に足を入れる時も、そんなに皮が固くないので、足が入れやすかった。歩きやすい楽な革靴だったこともあり、買って正解でした。Berwickの今履いている革靴よりも足に馴染みやすいように感じます。

なかなか、良い買い物をした感がありました。定価では高くて買えませんが、この位であれば手が出しやすいですね。

スニーカーなんかもあるようで、日本ではあまり見ないデザインや素材のスニーカーがあるので、海外から直接購入できるのであれば、次はスニーカーが欲しくなりました。

今回購入したサイトはYOOXですが、ここは返品などもしっかりしていて、返品用の返品用紙が入っていました。問題があった場合は、14日以内であれば出来るようなので、かなり安心して購入出来ますね。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=32027

モンクストラップの革靴を探す

今、履いているマドラスのシングルモンク(2017/6/25)が大分草臥れてきたんで、また踵を修理(3000円)し革を修繕(4500円)して、後数年履き続けるか、新しく買い替えるかを検討を開始することに。

マドラスの靴は履き心地も良く、軽くて非常に便利なんだけど、マドラスの靴ってつま先が長い為に歩いている時に引っ掛けてしまうんですよね。結構、気を付けて歩いていても突っかかるんで、今度はあまりつま先が尖がっていない普通のつま先の革靴が欲しくなっています。

そんな中、職場の近くの三越デパートで物色するも、イマイチ本物見てもピンとこないんですよね。モンクストラップのデザインの物だけを見てまわりましたが、価格と物の折り合いがつかないというか・・・
ひとつだけ気になった靴があって、それがリーガルの高級ライン「シェットランドフォックス」のレディング/ダブルモンクストラップ 46,440円だったんだけど、高いお金出すのならばリーガルラインだとなあ、所有欲を満たせ無さそうだ・・・と。

そんなこともあって、コスパの良い海外の革靴から購入する靴を選ぶことにしました。今回、とりあえず選んだのは、FABI、BERWICK、BALLYの3メーカー。


BERWICK
25,481円

FABI
34,380円

BALLY
55,081円

パッと見た目はどれも同じようにしか見えないんですよね。本物を見れば、革の厚さや表情から物の良さ感が分かりそうだけど。

まずは、BERWICK。高台に聳える古城をシンボルに抱くスペイン南東部の街アルマンサ。Berwick1707は靴作りで栄えるこの街で1991年に誕生。グッドイヤーウェルト製法をメインに、世界屈指の素材と優れた職人技術を一つにし、英国のクラシックテイストとイタリアやフランスの色気を融合させたデザインに。
コスパが良いお買い得な革靴ですけど、今、紐靴も1足持っているから、今度は違うブランドの物が欲しいなあという気持ちも無くはないです。とはいえ、費用からするとこの位の価格が手頃でもあるんですよね。

次にFABIですが、1965年イタリア・マルケにて創業。職人による丁寧な手作業と最先端のマシンメイドの良さを合わせ持つ知る人ぞ知るブランド。コンフォートで履き心地がいいらしいんだけど、イタリア製のため、これもやっぱり少しだけつま先が長めなんですよね。
しかし、価格的にも出せないことも無い価格ということもあって、まずは第一候補でもあります。

そして最後はBALLYです。1851年スイスのシェーネンヴェルトにてカール・フランツ・バリーが創業したファッションブランド。最高級のレザーを使った、機能的でモダンなデザイン性の高い靴の開発を始める。バリーの信条は、「何時の時代にも愛され続ける永遠なもの」ということで、長く使い続けることが出来そうかな?と。後、他と違い足元のワンポイントがいい感じなんですよね。
お金が出せれば、これが一番買いたいかな~という感じです。

海外から個人輸入で購入するから、急ぐ必要は無さそうなので、もう少し検討してから購入に踏み切りたいですね。
とはいえ、サイズ的に25.5cmってすぐに無くなってしまうんですよね。10月に入ってからと思いつつも、我慢できなくて今月中に購入してしまうかもしれない。。。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=31974