Tag: caDIY3D-X

ソーホースブラケットを使って馬づくり

かなり前に購入しておいた、ソーホースブラケットを使って馬を作ることにしました。

今日は思った程、暑く無く。風があったお陰で、作業にあたり死ぬほどでは無かったのが幸いでした。

今回、馬の高さは80cm~90cmの間とすることにしました。なので、足の長さを80cmにすることで、2×4材の厚み分38mmと上台分の厚みを足すと90cmとなるようにしています。今後、スタイロフォームを下に敷くことを考慮しています。この90cmという高さを決めたのは、身長÷2+5cmという、良く言われている式によって自分に合う高さとしています。

ブラケットは良くある黒いやつではなく、白いやつを見つけたので、それを購入しています。で、脚キャップは馬を2セット作るのだからと2個買ったんだけど、脚は8脚なのでもう2セット買わないと駄目でした・・・

・白塗装ソーホースブラケット 1,290円 x 2
・エラストマーソーホース用脚キャップ 519円 x 2
・白ソーホースブラケット用6角フランジタッピング 479円

早速、端材の2×4材を8本見繕って、微妙に90cm前後の物を厳選して、これらを80cmの長さに切断します。

切断にあたっては、丸ノコを使って一気に切っていくことに。ただ、垂直に切断するための道具が無いのは困りました。。。
こちらも早めに治具を作成して、正確に切断出来るようにしないと駄目ですね。多少のズレはありましたが、まあ80cmに切断出来たので、ブラケットに差し込んでネジ留めしました。

娘の小学校からのデスクを分解した時の天板を再利用して作業台としました。地味にコスト削減しつつ、とりあえず、そこそこの大きさの作業台が出来上がりました。

しかし、今回の作業を車のあるガレージ前の空き地でやりましたが、木くずが半端なく飛んで、車がおが屑まみれに。。。
作業場所や木くずの処理などは今後の課題になりそうです。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=33306

タイヤ保管庫設計

ガレージパーゴラをDIYで作成する前に、タイヤの保管問題をなんとかしたいと考え、ドッグラン側のエアコン室外機などを小奇麗に見せつつ、タイヤを8本保管出来る場所を設計してみました。

タイヤ8本なので、結構な重さになるのと、スタッドレスタイヤは細いけど、325i時代のタイヤは255とかの極太タイヤなこともあって、保管するに場所を結構とることもあって、それなりの幅が必要です。

片側はウッドデッキに引っ掛けることにして、3mの幅で水栓脇までを想定して設計してみることにしました。中途半端な大きさにしても何となく見栄えが悪くなりそうだし、将来的に物置などにしたいとかになった場合に改造しやすいかな?と。

で、早速、caDIY3D-Xで設計開始。パーゴラとかを設計したことで、大分、このソフトの使い勝手にも慣れてきました。木材を結合する金物については、株式会社タナカで取り扱っている建具金物なんかを使えば良さそうかな?と考えています。

基本的にはあまり買ってきた木材を切断することなく組み上げ出来るように設計して見たものの、まだ、木取り図とかを見ると無駄が出来てしまいます。

これを手ノコで頑張るのは厳しいので、丸のこ買おうかと思って、今は機種選定中ですが、個人個人、思いやレベルが異なるので見れば見る程迷いますね。今の所、DIYでは贅沢だと思いながらも「HiKOKI 深切り電子丸のこ C5MEYA のこ刃径147mm」がいいかな?と思っていますけど。なんか中途半端に価格だけ見て買うよりかは、5000円くらいは誤差だと思い込んで勢いで買ってしまうしか無いのかな?と。

話しを戻すと、タイヤ保管は棚というよりかは梁に引っ掛けて置く感じにします。当初は90cm角材を梁にしていましたが、まあ、これでも強度的に問題無さそうかな?とコストダウンすることに。90×90の角材とどっちが作りやすいか?という感じでしょうか。今のこの設計であればコースレッドで打つ感じですね。90cm角だと金具で固定になるので、金具材の価格次第でそこそこコストアップしそうですけど。

角材の角にタイヤを載せるのはどうよ!と思う所はあるけど、角を丸めるか他の人がDIYしているのを参考にして丸棒を載せるなどの工夫でその内乗り切るか?という感じです。設計上は610mmの幅としました。余程小さいタイヤで無ければ嵌ると思う。(今、我が家に置いてあるタイヤは大凡直径800mm程度でしたので)

で、設計した物はこんな感じになります。実際、身長170cmの人を前に立つとスケール感もイメージが湧きますね。

塗装は家の外壁に合わせて白で塗ろうかなと。直射日光が当たらないように、屋根を取り付けますが、木材のままだと腐ってしまうので、何か工夫が必要になりそうですが、塗装だけで我慢するかも。

早く材料を揃えてDIYで作業したい気持ちが流行りますが、今のご時世、買い物に出かけるのもなあという感じで自粛中ですね。本当はGWにしたかったけど、結局、連休無かったし。。。まとまった休みを取って平日に一気にやりたいかな。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=32962

不要不急の外出を控えて、パーゴラでも設計してみる

コロナウイルスのせいで、不要不急の外出を控えて過ごさなければならないため、こういう時には家にこもって出来る楽しいことといえば、DIYに関する設計とかがありますよね。

ガレージと横手の今の小屋っぽい作業場を綺麗にしたいと考え、改めて利用的な設計を考えてみることに。

で、素人が簡単に設計するアプリとして、「caDIY3D-X」というものを試して見ることにしました。30日間は無料で試すことが出来るので、このコロナ期間で遊ぶのに丁度良いからです。使ってみて良かったら買っても良いし。約1万円程するソフトなんで、買うのに躊躇しちゃいます。以前、試しで使ったもでりんも良く出来たソフトでしたが、こちらはどうでしょうか。。

DIYで行うには、結構大がかりな感じの物を建てることになります。あくまでもパーゴラとします。ただ、今、放置して保管しているタイヤ・ホイールセットなどを綺麗に保管したいので、少しばかり屋根と壁を建てて、雨風を凌げる物置的な場所を確保することにしました。

我が家の屋内ガレージ後ろ側は、奥行きx幅が3,950mm x 4,650mmあるので、敷地一杯に屋根がくるイメージで設計しました。柱は塀や屋内の基礎が400mm程出ているため、柱は内側に来る感じです。

屋根部分に、布をシェードを引っ掛けてたらせば日陰を作ることも可能です。

まだ、改良の余地はありそうですが、ここまでの部材で必要となる木材だけの費用が約14万円となりました。実際には柱を立てる土台となる基礎などが入ってし、釘などの金具も含まれていません。それらは、もう少し設計を詰めてから検討したいかな~。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=32903