Tag: Bluetooth

Xperia Z5とSONY MUC-M2BT1の組み合わせ

購入してから1週間、通勤時に利用してみて分かったこと。

■バッテリー
満充電して、往復4時間ちょっとと、わんこの散歩時に1時間程度の利用で2日と3日目の朝の通勤時にバッテリーローで利用不可になってしまいました。

なので、私の場合は2日目の夜には充電器に差して充電が必要でした。

もう少し持つと嬉しかったけど、中途半端なタイミングでバッテリー切れして聴けなくなるよりかはいいかと。

後はUSBで充電する時に、USBケーブルによっては、充電されないようで、こちらも、今回使っていて夜充電したばかりなのに、朝方通勤途中でバッテリk-切れになったりして、気を付ける必要があるようです。充電時には、赤いランプをしっかりと確認が必要ですね~

Androidスマホだと、充電状況がつかめず、これは本当に別途アプリなどを用意して欲しいです。

■Xperia Z5との接続
bluetoothで接続すると、LDACでの接続がデフォルトになっていまいます。codecをapt-Xにとかそういう風に選択できないのが逆に不便に感じてしまっています。

なぜかというと、とにかくLDACでの接続は不安定なんです。音質的に優位なんでしょうけど、安定してつながって聴けないのは本末転倒なんですよね。

LDACでは、接続時の設定として「音質優先」「標準」「接続優先」と3種類用意はされていますが、安定的に聴くには常に接続優先にしていないと使い物にならないです。

これはXperia Z5側の問題のようで、なんともしがたいですね。ウォークマンだと問題ないようなことがネットで見受けられるんで。

どんなに距離が近く(50cmくらい)ても関係なく、ブツブツと音が途切れますね~
標準であれば、そのくらいだと音は切れないようですけど。

■Xperia Z5のミュージック設定
音楽を聴く上で、Xperia Z5に元々インストールされていたミュージックというアプリで聴いています。
音質設定で、DSEE HXやClearAudio+、サウンドエフェクト、ダイナミックノーマライザーなどの有効・無効をして、自分の好みに調整可能です。

DSEE HXは、有線接続のみなんで、今回のようにLDACとはいえbluetoothだと有効にしても効果が無いようなんで、基本、ClearAudio+で最適化とダイナミックノーマライザーを有効にして、音量レベル調整を揃えています。

全てが無効時に比べて、音量が下がってスッキリとした音質に変わります。

ClearAudio+を無効にすると、サウンドエフェクトが使えるようになるので、そちらを有効にしてみるのもありかな。ダイナミックノーマライザーは、どちらの設定でも有効にしておいたほうが音量が統一されるんで、聴きやすくなりますね。

20160827002 20160827001

イコライザーで低音ブーストにして、ヘッドホンの自動最適化は好みで無効化。このヘッドホンの最適化ですが、有効にすると音質に微妙に変化があるように思えるのですが、気分の問題かな?
どのようなロジックで機能が提供されているのか分かりませんが、イコライザー機能を動的に操作して調整しているのか、それとも音楽の種類なんかから、暫く傾向を見て最適なイコライジングを提供するのか・・・
有効化してもすぐには効果が分からないので、そんな感じの機能なのかもしれませんね。自動最適化を無効にしたほうがスッキリした感じで聴けますので、音をいじらないほうが好みの人は無効化がいいかもしれません。

サラウンドは、好みで音響シミュレーションをチョイスなんでしょうけど、私の好みはあまり脚色されるのを嫌うのでOFFにしていますが。

スピーカー設定は、イヤホンの場合は効果が無いので、とりあえず、有効化しておきます。

なので、気分に合わせてモードを
・ClearAudio+
の有効化と無効化をして音楽を楽しんでいます。

■感想
少ない時間ですが、使ってみて買ってよかったと満足しています。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=25616

SE425+MUC-M2BT1の組合せ

やっぱり、有線でのイヤホン接続はスマホとの線が邪魔でどうしても不便で仕方がありませんでした。

そんなこともあって、今、お気に入りで使っているSONYのXBA-A1に加えてMMCX接続できるイヤホンを買い足すことにしました。

ベースとするのはSONYのMUC-M2BT1を基本としてBluetooth接続させます。こいつはSONY特有のLDACも利用して、今使っているスマホ Xperia Z5とであれば、理想の音楽環境が出来るという算段です。

で、MMCX対応のイヤホンといえば、いくつかあるけど、買える価格帯での選択となると、思った程選択肢はありませんでした。

今回、検討したイヤホンは以下の機種。
・SHURE SE215
・SHURE SE315
・SHURE SE425
・SONY XBA-300

早速、ビックカメラまで出かけて視聴しに行きました。

最初はSHUREを聴いてみます。順番にSE425から聞き比べていくことで、好みの基準を決めようとしました。

聞き比べると自分の好みはSE315であることが分かりました。SHUREの後にXBA-300を聴くと、やっぱり、一番の好みはSONYかな~と。しかし、SONYばかり持っていても面白味にかけるため、SHUREの中から決めようと思いました。

そうすると、一番の好みの315か?!と思いましたが、音の味付けが今のイヤホン(SONY XBA-A1)と傾向が似ているので、フラットで味付けがほとんど無い感じの音質のほうが、今回は良いだろうということで、SE425を選択しました。素の良さみたいなものが感じられ、長く使えるかな~という感じですね。
また、見た目もSEシリーズの中で一番SE425のメタリックシルバーが一番好みってのも大事かと。。。

以前、SE215を聴いた時はこれで十分と感じていましたが、上位機種を聴いてしまうと、同じSEシリーズ中では、しっかりと価格とのヒエラルキーがあり、上位機種のほうがより良い感じになっているように聴こえたので、今更SE215って選択はありませんでした。

購入したのは、
・SHURE SE425 32,130円
・SONY MUC-M2BT1 20,300円
合計: 52,430円(税込み)

■仕様(SHURE SE425)
スピーカータイプ: 2基の高精度MicroDriver
感度: 109 dB SPL/mW
インピーダンス: 22 Ω
最低再生周波数帯域: 20 Hz
最大再生周波数帯域: 19 KHz
ケーブルの長さ: 162 cm
色: メタリックシルバー

SE425_1 SE425_2

■仕様(SONY MUC-M2BT1)
電源DC3.7V : 内蔵充電式リチウムイオン電池
充電時間: 約2.5時間(フル充電)
充電方法: USB充電
電池持続時間(連続音声再生時間): 最大7.5時間
電池持続時間(連続通話時間): 最大7.5時間
電池持続時間(待受時間): 最大200時間
有効周波数帯域: 100Hz-8,000Hz
通信方式 Bluetooth標準規格: Version4.1
出力: Bluetooth power class2
最大通信距離: 見通し 約10m
使用周波数帯域: 2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz)
変調方式: FHSS
対応Bluetoothプロファイル:A2DP(Advanced Audio DistributionProfile),AVRCP(Audio Video Remote Control Profile),HFP(Hands-free Profile),HSP(Headset Profile)
対応コーデック: SBC,AAC,aptX,LDAC
対応コンテンツ保護: SCMS-T方式
伝送帯域(A2DP): 20Hz-20,000Hz(44.1kHzサンプリング時)/20Hz-40,000 Hz(LDAC 96 kHzサンプリング、990 kbps時)
20160815001

20160815002 20160815003

普段ならば躊躇してしまう金額ですが、殆どをポイントで支払い、使った現金は133円という感じだったんで、私にも買えたという感じです。

今回の購入では、たまたまキャンペーンでポイント付与率5%upと、500円の雑誌についている、10%offと2,000円割引券を利用することで、上記ではなく49,021円也と少しだけお買い得で買うことが出来ました。また、最終的なポイント付与が 3,562ポイントということで、そこそこお安く手に入れられたかな?と。本来ならば雑誌のこの付属券に利用後にハンコが押されるのでしょうけど、厳密な対応はされずに、再度、利用出来るようです。
20160815004

■イヤパッド
早速、家に帰ってから箱から取り出してみます。SE425のイヤパッドはコンプライのような潰して耳の中に入れ込みタイプのものでした。少しペトペトした感じで粘ついています。最初に付いていた大きさは中間サイズの物でしたが、一番小さいタイプへ付け替えました。あまりこのタイプのイヤパッドは好きではないのですが、暫く使って様子見ですね。

■mmcxコネクター
mmcxコネクターも硬さは普通で柔すぎもなく硬すぎでもない感じで使い勝手が良いです。

■かけ心地
SE425ですが、自分の耳にはめ込むのにやっぱりコツがいりますね。SHURE掛けすると、耳にカッチリとはまり込んでくれるんで、ずれることが無いです。
しかし、結構、耳奥までイヤパッドを突っ込む必要があるんで、慣れていないと耳奥が痛いかな。

20160815005 20160815006

■SE425をMUC-M2BT1へ接続
これをSONYのMUC-M2BT1に取り付けします。SONYが指定する純正品ではありませんが、SHUREのMMCXも大丈夫です。無事に接続しました。コネクターが変に緩かったり、硬すぎたりもしていません。しっかりと接続されました。

■バッテリー
MUC-M2BT1ですが、かなり軽量で軽いので、バッテリーの持ちが実際どれくらいかというのはありますが、仕様上は7.5h連続ってことは3日に一回くらいの充電で済みそうかな?という感じです。
USBの蓋を開けて充電します。USBの蓋は結構硬くて持ち上げてから、横にずらして使います。この部分については結構デリケートで丁寧に扱わないと壊れてしまいそうでした。

■bluetooth接続
電源を長押しして、bluetoothの関係を結びます。最初だけの儀式ではりますが、やり慣れていないと、なかなか上手くスマホと接続出来ませんでした。NFCとかあまり使いこなせていないんですよね~

20160815007 20160815008

■LDAC
Xperia Z5とのbluetooth接続ですが、Z5をズボンの後ろポッケに入れて歩いて聞いていると、「音質重視」、「普通」ともに思った以上に接続が不安定になります。音質重視とかって、普通に利用可能な仕様なのでしょうかね?この組み合わせだからダメなのか、もともとの仕様上ダメなのか判断に付きかねます。。。

今は「普通」に設定し、ダメな場合は「接続優先」に変更しています。

これらの設定を変更しても、音質への影響は最低限にとどまっているように思えました、私の耳ではですけど。気になる人はかなり変わったと感じるかもしれませんけど、私は許容範囲かな。それぞれのモードへの変更時には、聴いていて分かるぐらいには変化します。

つながっている状況がLDACかどうか・・・良く分かりません。とはいえ、aptXと同様に音質は良いと思います。

20160816008 20160816007

■首へ引っ掛けてとシュア掛けについて
このMUC-M2BT1の前は、肩にかける形ではなくぶら下げる感じだったんで、耳へのテンションが気になっていました。今回のこのような形になり、耳へのテンションが無くなり、SHUREのようにシュア掛けをすることもギリギリ出来る感じかな。針金が入っていないんで、綺麗には耳の形に合わせてって感じにはならないけど、まあ、出来ないことは無いかな。

■音楽の再生
接続後、スマホのオーディオを起動して音楽再生します。スマホ側の再生ボタンを押すと、なぜかスマホのスピーカーから音が出てしまいます。う~んと、頭を悩ませて色々と弄っていると、MUC-M2BT1側の電源ボタンが再生と停止もかねているんで、こちらをクリックしたら無事にSE425から音が鳴りました。

操作系は、左側に集中していて基本的に使うボタンは、電源ボタンの○ボタンのみかな。左手を曲げて丁度親指が届く場所にあるんで、よく考えられている感じです。

肝心のSE425ですが、音にほとんど何も味付けしないせいか、
・録音が良いこと
・曲が良いこと
・歌がうまいこと
・演奏がうまいこと
が整っていないと、下手すぎて聴けたものではなくなるというのが欠点でしょうか。

20160815009 20160815010

■最初の感想
ちょっと高い買い物でしたが、この組み合わせは最高です!!!
20160816009

Bluetoothであるけど、私の耳では必要十分以上の音質で音楽を奏でてくれます。これで、毎日の通勤時、楽しみが増えました。音も視聴した時のフラット感よりも、綺麗な音がなる感じで、結構、音に聞き惚れる感じで音楽を楽しめます。

今までのイヤホンとは傾向が違うのと、有線とbluetoothとで使い分けれることも使い勝手的に非常に拡張性と実用性がまとまった感じのシステムとなりました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=25517

純正オーディオにXperia Z5とリンク

118iの標準オーディオには、Bluetoothが標準で搭載されています。

今までは別途Bluetoothレシーバーを取り付けしてリンクしていましたが、標準機能としてもってくれているのはありがたいというか最近は当たり前になってきてくれたのかな?

まだまだ、覚束ないiDriveの操作ですが、
 設定→接続→Bluetooth
から「機器の追加」を選択。

接続待ちになるので、Xperia Z5側で接続先を探してリンクします。すると、以下のように電話と音楽の両方でリンクされました。
20160213010

これで電話も音楽もXperia Z5であれば運転中でも利用可能になりました。4台まで関係を持てるみたいなんで、かみさんと娘のそれぞれで接続できても、あと1つ残りますね。

実際、音楽を再生してみました。Xperia Z5だとSBC/AAC/aptX/LDACのcodecが利用可能ですので、比較的にbluetoothでも良い音質で楽しめる環境が用意出来ています。ただ、BMWの純正オーディオのbluetoothレシーバー側の仕様が未公開の為に、コーデックの対応として何が対応しているのか?が分からずという感じになっています。ディラーの営業さん経由で仕様を確認してもらいましたが、すべての伝手を使って調べたけど分かりませんでした・・・という回答でした。
20160213011

多分、SBCなんじゃないか?と言うことでした。確かにXperia Z5でBluetooth経由で再生した音は、あまり良いとは言えない感じでした。
Xperia Z5のミュージックアプリから、iDriveの画面を見るとちゃんと再生中の情報が表示されていました。通常は、ナビにしちゃうんでまずこの画面は見ることはないのですけど。

据え置き用としてiPhone4を接続して再生すると、そちらのほうがなぜか音質が良く聴こえました。iPhoneだとAACが使えるのか?

謎です。。。

そんなこともあり、私は車載ではiPhoneをミュージックポッドとして利用することにして、Xperia Z5からは再生しないことにしました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=23746