Tag: 道の駅 ふじおやま

山梨日帰り旅行(ドッグリゾートWoof)

今日は久しぶりに山梨方面へ日帰りで「ドッグリゾートWoof」へ出かけました。

かみさんの用事で運転手としての参画ですが、かみさんを目的地へ降ろした後は、現地での暇つぶしが必要です。

まずは、自宅を6:30に出発。当初は自宅で渋滞情報を確認したところ、首都高速は空いていたこともあって、都内を突っ切っていくコースを想定していましたが、実際に常磐自動車道に入ってからすぐに高禄道路の渋滞情報には、首都高が事故などで真っ赤っか。流石に酷い渋滞であることを分かっているのに、都内を通るのは何なんで、外環自動車道経由の圏央道経由で向かうことに。

東北自動車道を走っている途中、警告音が・・・(@@;

結構、ホイールを交換してから走行距離が伸びているはずなのに、今になってなぜか?警告が発生したんで、結構焦りました。途中、SAへ寄って休憩とタイヤのチェックを実施。なんどか、空気圧チェックを実行してみるが、正常と出てくれてホッとしました。

目的地まであと少しということもあり、最後の休憩を中央自動車道で取りました。
休憩したのは「中央道谷村PA下り」です。ここまで、外環道と東北自動車道で渋滞に嵌り、予定時間へ間に合うか?と少し不安になりましたが、なんとか中央道に入った段階で渋滞も無くなり、道路上の車の数は多かったけど、余裕をもって到着出来るように時間が読めるようになりました。PAでは信玄餅万寿500円也をお土産で購入しました。カリカリの黒糖かりんとうの中に信玄餅が入っているというのがとても惹かれました。

山中湖ICから目的地のドッグリゾートWoofへは、10:18に到着となりました。大凡、3時間30分程かかりました。まだ、この時間では雨でしたが、少し経つと霙から雪に変わり、かなり焦りましたけど。

かみさんを降ろして、研修場で一息ついたら、暇つぶしの旅へ出かけます。山中湖周辺には特に観光するような場所も無く、どうしたもんかと、湖畔脇の道路を右往左往します。途中、見つけた「文学の森公園」が気になった為、駐車して散策することにしました。

資料館に入るには、拝観料が500円程でしたが、特に興味があるわけではない為、そこはスルー。山中湖方面へ散策しつつ園内を見てまわりました。これで霙が降っていなく、暖かければ散歩日和で気持ち良かったんだけど。森の中を歩いて湖のほうへ。そして、また、ぐるっと回って駐車場へ。人が居ないので、うら寂しい感じでしたが、静かで気持ちいい場所ではありました。

次にランチできる場所が無いか?と適当に走っていると、知らない間に三国峠に入ってしまいました。既に引き返すに引き返せないところまで走ってきてしまったので、このまま突っ切って御殿場方面で何か美味しいものでもないか?と探してみることに。

暫く走っていると、富士スピードウエイを発見。こんな場所にあるんだと。初めて知りました。折角来たんで記念撮影を実施。しかし、もっと近くで駐車しないと微妙な感じでしか撮れないようです。暇だったんで、入園料1000円払って中に入ってみれば良かった。この時は入園料がいくらか分からなかったんで、スルーしてしまいましたけど。

富士スピードウエアを後にして、御殿場方面へ移動します。この辺りには道の駅が沢山あるようで、見つけ次第寄り道しては中を散策することに。金太郎が目印の「道の駅 ふじおやま」です。関係ないけど、金太郎を見るとauの三太郎のノースリーブのCMを思い出してしまいます。

ここでは、産地野菜などを見て。お買い得だった、春キャベツと糖度8と記載があったトマトを購入しました。道の駅内のレストランのメニューを見ても、特に惹かれる物が無かった為、他に移動することに。

雪がチラチラと舞っているのと、夕方になるほど雪が酷くなるということで、急いで山中湖のほうまで戻ることにしました。138号線を北へ上がって山中湖へ向かいます。

途中、「道の駅 すばしり」があったんで、こちらでも寄り道しました。先ほど、野菜は購入したので、他にも目辛しいお買い得品が無いか?と見てまわりましたが、地元の直売所に比べても、これという野菜は無く、茨城の地元のスーパーよりも価格が高かったので、購入は見送りました。

2Fにレストランがあったんで、こちらにも寄ってみると、少しだけ食べてみたいと思うメニューがあり、ここでランチを取ることにしました。

既に13:48と2時近くなってしまいました。注文したのは、「LYB豚の豚丼 980円」。富士山高原で丁寧に育てられた、「LYB豚」で豚丼を作りました。柔らかくてジューシーなお肉に、甘辛いタレがぴったりですという文言に惹かれました。富士山溶岩からあげも惹かれたんだけど、実際に食べたいか?!と言われると微妙だったんで(^^;

実際、LYB豚の豚はジューシーで柔らかくて美味しかったです。少し価格が高いなと思いつつも、道の駅なんでこのくらいは仕方が無いか。まあ、美味しかったんで良しとしよう。

この時間になると、霙から雪に変わっていて、吹雪のようになってきました。これはヤベー!と山中湖まで戻れるか不安になりつつも、道の駅を出て山中湖へ向かいます。138号線を走っていると、向かってくる車の屋根に雪が積もっているのが見えます。

しかも、道路上にも見る間に雪が積もりつつあるのが見て取れます。車が走っていない道路脇は真っ白に雪で積もっている状況で、ノーマルタイヤで来たことを悔やみ始めていますが、既に山の中腹まで到達し後は下るだけの状況で、タイヤが滑る挙動を感じつつゆっくりと山を下っていきました。山中湖の畔が見えるT字路に着いた時は、本当にほっとしました。山中湖周辺は雪はチラついてはいたけど、積もる程では無かったのが幸いでした。

雪が降っている中、ノーマルタイヤのままふらつくのはリスクが大きすぎる為、ホテルの駐車場でかみさんの研修が終わるまで大人しく待機することにしました。

音楽を聴きつつスマホで本を読んでいると、車のフロントガラスには雪があっという間に積もってきました。積もった雪が滑ってきて落ちてきます。

17時近くになり、雪も小降りになってきて、霙から雨っぽく変わってきました。今日、このまま帰れないんではないか?と心配しましたが、この状況であれば自宅へ帰れそうです。

かみさんの研修が終わり、わんこ共々車に乗せて、折角なんで夕ご飯はほうとうを食べて帰ることにしました。ネットで調べると、小作が有名らしく確かに車で前を通るといつも駐車場は車で一杯な状況でした。次点で「庄ヤ」が良さそうということで、こちらで楽しむことにしました。

注文したのは、以下の通り。私が鴨肉と鳥もつ煮を注文。かみさんは肉団子ほうとうのほうとう増し200円プラスで注文。
・鴨肉ほうとう 1,400円
・肉団子ほうとう 1,350円だったか?
・鳥もつ煮 650円

注文してからテーブルに運ばれるまで、10分もかからずに配膳されてきました。思った以上に早い対応ですね。

ほうとうのスープが優しい味の味噌仕立て。薄目の味わいなのでスープに後から唐辛子などを追加して味の変化を楽しめます。麺自体はプルンとしていて、茹で加減も丁度良い感じでした。個人的には味付けがガッツリとした味わいで、麺も粉がふいていて、スープがもっさりしているのが好みではありますが、これはこれで普通に美味しかったです。

最初は私たちしか客が居なかったけど、暫くしてから家族連れやカップルが沢山入って来て騒がしくなってきたところで、お勘定して家路に向かうことに。

お店を18:07に出発。帰りは圏央道経由で294号線のICで出て帰ることに。中央道の小仏トンネル付近と八王子付近で少し渋滞になりましたが、圏央道は渋滞も無く非常に順調に移動出来ました。ただ、圏央道は平均スピードが遅いのと、かなりグルっと遠回りで茨城県に入る為、もうちょっと速度が速いと嬉しいなあという感じではありました。

とはいえ、地元に到着したのは20:30には到着。2時間ちょっとで移動出来たこともあって、思ったよりは疲れも少なく済んだ感じです。圏央道は便利ですが、他の高速道路のようにPAとかが無いのが難点でしょうか。休憩したくても休憩場所が無いので、今後、作ってくれると嬉しいのですけど、高架上なので場所的にも技術的にも難しいかな。

家に帰ったら生ビールで喉を潤して、疲れた体を癒した後、風呂入って眠りました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=31269