Tag: 研究学園駅

骨付がぶり鶏 がぶり亭で骨付がぶり鶏

以前から気になっていた、研究学園駅から少し歩いたところにある、メイン通りからすると1本裏道添いにひっそりとたたずむ、「がぶり亭」へ入りました。

休日のお昼時でも、お客が入っているのが見えないのだけど、がぶり鶏っていう言葉に釣られてしましました。

12時少し過ぎだったけど、店内は誰もいませんでした。

メニューを見ると、親鳥とひな鳥の2種類から選べるようです。親鳥のほうは臭みがありそうだったんで、以下を注文。メニューにもあったけど、このメニューは焼くのに時間がかかるとのこと。また、切り分けますか?と聞かれたので、手が汚れるのを嫌い、切り分けでお願いしました。

・骨付がぶり鶏 ひな鶏ランチ 994円(税別)

言う程は待たされず10分程で、テーブルに運ばれてきました。想像していたよりは小さかったかな。骨から外してしまったからか、それ程のインパクトは無かったです。小さなおにぎり2つとポテトサラダとスープ。結構、食べごたえがありました。

兎に角、肉からの油なのかなんなのか、油が凄いことになっています。また、味付けの塩コショウがかなりかけられていて、濃い味付けです。なので、付け合わせの生キャベツと一緒に肉を味わうことで、美味しく食べることが出来ます。キャベツのお代わりが自由ということでしたが、個人的には生キャベツはそんなに好きでなないので、最初に盛ってあった分だけで十分でしたけど。また、おにぎりの素朴な味わいと、この濃い味の鶏肉が絶妙に合っていました。おにぎりはもう一個追加しても良かった。

これにたっぷりの七味を振りかけて完食しました。美味しいことは美味しかったけど、価格的には微妙な感じでした。このお値段を支払うならば、他にも選択しがあるから、これがどうしても食べたい!とかならない限り、次回は無さそうでしたけど。もう少し安ければなあ、来た時に何回か利用しても良いなあとは思うんだけど。

口コミを調べてみると、かなり評判はいいようで、確かにビールと一緒で楽しめば、また、違った評価になりそうです。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=31116

実家と研究学園駅周辺へ

今日は久しぶりに実家へ出向きました。今後の人生相談と提案しに。今の場所から終の棲家として静かに暮らせそうな茨城のほうへ引っ越ししないか相談です。また、その時に注文住宅をこちらで建てるか、アパートにするか検討してもらう為の話し合いをしました。結論からすると、まだ先なので検討するということで落ち着くことに。家などは消費税増税前にと思いましたが、まあ、焦ると良いことは無いので急ぐ必要もないので、ゆっくりと考えて良いと思うことに落ち着いてくれればいいです。

で、自宅から一旦都内へ出向いて両親をピックアップしてから、再度、茨城のつくばへ戻りました。行きは小菅以降から少しだけ渋滞に嵌り、湾岸道路も有明トンネルで渋滞と、いつもよりも時間がかかりました。また、都内から茨城へも湾岸が激混みで常磐自動車道に入るまで、断続的な渋滞に嵌りました。。。

それでも、自宅を9:30に出発し、研究学園駅前には12:40頃には到着しました。往復で3時間ちょっとですか。

到着時間的にお昼時間を過ぎてしまいましたので、早速、お昼を取りました。お昼は、「赤牛 つくば本店」です。

注文は、以下の通り。カルビは美味しかったけど、ちょっと量が多かったので、2人前で良かった。夕食要らないくらいまで、お腹いっぱいになりました。
・和牛カルビ 1,382円 x 3
・ホルモン4種盛り 1,166円 x 1
・チョレギサラダ 594円
・カクテキ 410円 x 2
・カルビうどん 918円
・ライスセット x 2

食後、研究学園駅周辺を散策しつつ、不動産巡り。

大凡の相場や周辺環境などを歩いて見て回りました。両親も環境的には満足していたようで、住むならばこの辺りがいいかなと考えてくれるようにはなりましたね。

その後、デザートを購入しにタルトの美味しいお店「フルーツピークス」へ移動。15時近くだというのに、食事待ちで並んでいる人が沢山いました。持ち帰りのケーキ購入者も、そこそこ居て結構な賑わいでした。

デザートを買ったら急いで実家へ移動します。また、茨城から東京へ。東京に着くころには17時近くということもあって真っ暗になってしまいました。

少しゆっくりと休憩した後、再度、自宅へ戻ります。少し帰る時間が早いこともあって、道路が混雑していました。羽田ICから高速に入り大井町線経由で湾岸へ。湾岸は車でギッシリで木場を過ぎて6号線手前まで渋滞していました。

小菅JCTで渋滞に嵌った後は渋滞も無くスムースに帰って来て、いつもと違く19時頃には帰り着きました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30655

研究学園 ほまれ菜食堂でメンチかつ定食

今日もブラブラと一人でドライブがてら、どこかに美味しいお店でも無いか?と一人散歩。

地元では食べれるお店は、だいたいは行ったので、近場にはそういうお店も無く、研究学園駅前まで行くことに。

駅前辺りで何か散策しつつ、お店を探そうかと思ったんだけど、以前から気になっていた、新しいモール(エビスタウン)みたいな場所に行ってみることに。

駐車場はそれなりの台数が駐車可能。結構な広さがありました。車を駐車してビルの中へ。ブラっと一通り見て回ると、夜のお店が殆ど。お昼が食べれるのは、2か所程でした。寿司屋は少しお高めだったこともあり、2Fにある食堂に行ってみました。

13時前ということで、店内は結構な賑わいを見せていました。食べ終わって出るころも、まだ、半分は席が埋まっていたんで人気店のようです。店内は禁煙みたいで、これも個人的な好みのお店な感じです。

和食から洋食まであり、その中から
・メンチかつ定食 850円也(税込み)
を注文。

チーズ入りと悩みましたが、初めてのお店なんで、ベーシックな物からチョイスしました。注文してから10分ちょっとくらいで配膳されてきました。

メンチは大き目のぷっくりとしたサイズの物が2つ。出来立てアツアツです。肉の美味しさが味わえるメンチで、サクッとした衣としっかりとした噛みごたえのあるひき肉の部分がジューシー。お味噌汁もダシが効いていて、わかめのあっさりとしたみそ汁でした。副菜でマカロニサラダと豆腐。そして、おしんこが付いていて、個人的にとてもバランスが取れていて、美味しく食べれて良かったです。

ご飯は大盛りが無料で、沢山食べる人は最初に大盛りにしておくと良さそうです。

地元の野菜を売りにしていましたが、この辺りについては、あまり分からなかった。キャベツの千切りとトマトがそうだったのかもしれませんね。これらも、新鮮でとても美味しく食べれました。

他にも1000円前後のメニューが沢山あり、また、来ようと思った次第です。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30239

つくばのいきなり!ステーキへ

今日はがむしゃでスタミナラーメンを食べに行きたかったのだけど、日曜が定休日とは・・・

その代わりに新しく研究学園駅に出来た、いきなり!ステーキへ行くことにしました。

お昼はきっと混雑しているだろうことから、早めのランチということで11時過ぎには到着出来るように家を出発!
現地へは11:20頃に到着しましたが、駐車場は半分程埋まっている状態でした。店内に入ると、都内のお店とは勝手が違い、入ってすぐの所で先に注文をするスタイルでした。注文をスムースに出来ない人が居ると、中々前に進まなく支払いがスムースに行かないようでした。

かみさんには、ランチメニューがお得だからと、注文したのはいつもの、
・ワイルドハンバーグ300g 1,100円
・ワイルドステーキ200g 1,130円
を注文しました。

都内では、この中にスープとサラダとライスまでがセットになった金額だけど、田舎だとそうなっておらず、ライスとかは別価格でした。
350円のセットを追加で注文したので、一人1,500円程の予算となってしまいました。

他のお客はランチメニューではなく、通常メニューを普通に注文していました。サイズも500gとか、結構なお歳の人も注文していますし、凄いとしか言いようがないです(@@;;

都内のサラリーマンの単価に比べると、みんなすげー贅沢注文していました。ランチに5000円/人とかありえないんだけど、まあ、人は人ですしね。。。

いつものメニューを堪能しました。店内は新しいので、とても綺麗。しかし、油が撥ねるため、床はヌルヌルとしています。こればかりは仕方がないのかもしれません。

かみさんとステーキとハンバーグを半分づつ交換して、楽しみました。ハンバーグは安定の美味しさです。ソース3種類とワサビを組み合わせて完食しました。ステーキは、焼き過ぎずに身の赤さが無くなる寸前が一番美味しく食べれます。

食べ終わる11:50頃には店内もほぼ満席。外に出る時には、席待ちで5組くらい並んでいました。なので、利用する場合は11時の開店と同時が一番良いみたいですね。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29844

レッチリで土浦タンタンメン

フリーペーパーに辛いラーメン屋さんの紹介記事を見つけました。土浦にあるレッチリというお店がつくば研究学園駅前に新しく開店したとあり、出かけてきました。

お店に駐車場が無いとあったんで、駅前の時間貸し駐車場へ車を駐車して徒歩で移動しました。ありがたいのは、20分までは無料で駐車(もちろん、食べて帰ってきたら300円かかりましたけど。。。)できるところでしょうか。お店に行った時に気が付いたんだけど、4台と少ないながらに車を停める場所があったんで、お金をかけずにお店の前に車が停めれることに気が付きました。ただ、今日は駅前でダンス大会?みたいなのをやっていて、そこに行く人が駐車しているようで、満車ではありましたけど。。。

駅前から歩いて、右手につくば山がでで~ん!とお迎え。やっぱり、都内に仕事に行くのでなければ、住むには研究学園駅あたりは気持ちいい町ですね。iiasつくばがあるんで、周りから車が集まってきて渋滞になるのが難点ですけど。。。

魚民が入っているビルの中を突っ切って、裏てにお店はあります。
で、お店に到着。以前は違うラーメン屋だったところを射抜きで入ったようです。

まずは、お店の名物と謳っている
・土浦タンタンメン 900円
を注文。辛さもとりあえずデフォルトが分からないまま、辛さ増しには出来ないので、辛さは標準で注文しました。

注文してから10分程度で着丼。見た目はとても美味しそうです。

土浦らしさは、レンコンですね。しっかりと締まったレンコンの身がシャクシャクとした歯ごたえで美味しいです。スープも思った程はドロドロではなく普通にすすって飲むことが出来るくらいの緩さがあり、スープとして飲めます。
スープ自体も甘辛い感じで、辛すぎず、辛さが温すぎずに絶妙な辛さ。これくらいの辛さであれば、まったく問題ない辛さで美味しく食べれるレベルの辛さでした。

麺は中太麺のストレート。モチモチとして麺自体に旨みがあり、辛いスープに負けない味わいです。ストレート麺なので、スープへの絡みかたも丁度良いですね。

この位の辛さであれば、まだ、辛さのマージン的に余裕があるんで、もう少し辛いほうのラーメンも美味しく食べれそうでした。

ネットだと汗がダラダラとあったんで、気を引き締めていきましたが、それ程汗をかくことも無く、水を飲むことも無く完食しました。少し物足りなかったので、大盛り100円増しにすれば良かったかもしれません。

辛さだけでいえば、角ふじの「DEAD麺辛さ5」のほうが倍以上辛いかな。

ただ、価格が900円だと思うと気軽に食べるような気にはなれずに、少し微妙な感じではありました。茨城で辛いラーメンを専門にしているのは、ここくらいなので、また機会があれば食べに来ようと思いました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29754

炭火焼居酒屋 牛たん和助 研究学園駅でランチ

3連休中、急遽、最後の日が仕事になったため、改めて振替にお休みをしました。本当は連休にしたかったけど、業務上の都合上、週の真ん中水曜日に休むことに。

折角、平日の休みなんでどこか美味しいお店でも探索してみようと、ネットで美味しそうなお店を見つけたので、そこへ行ってみました。最近は、かみさんが休みの日に仕事で使ってしまい、乗れなくなっているので。

向かったのは、研究学園駅前にある「炭火焼居酒屋 牛たん和助」。

最近、牛タンなんか口にしていないなあということで、写真で見る限り結構なボリュームがあったんで試してみることに。車で出かけましたが、駐車場が無いので、後で買い物ついでにiiasの近くに車を駐車して歩いて向かいます。メイン通りから一本外れた道沿いに、他にも気になるお店があったりして、やっぱり、歩いて散策するのはいいもんですね。3分程で目的地へ到着。

ビルの2階へ階段で上がると、こじんまりとした店内へ。

メニューを確認し、牛ハラミ焼き定食と悩みつつも、ここに来ようと思ったメニューである
・名物牛タン焼き定食(1人前) 1,380円
を注文しました。

注文して5分程で配膳されてきました。麦飯はお代わり自由でしたが、とろろとスープが少し少な目なんで、お代わりする程の感じでは無かったです。

しかし、メインの牛タンは1人前でも十分なボリュームで、肉の厚みもかなりの物です。噛んだ時にもプッツリとかみ切れる柔らかさで、お味噌を少量つけながらガブリと食べる。肉自体にも味が付いているので、何もつけなくても美味しいのですが、この辺りでは中々食べれない物だと思いました。流石!72時間熟成の厚切り牛タンということなのでしょうか。。。

平日だったからか、お客もお座敷?のほうに1組居るくらいで、静かにご飯を食べれて居心地も良かったです。ランチは、1/15から始めたらしく11:30から14:30までということで、次回は違うメニューを食べに行きたいですね。

ただ、駐車場が無いのが難点ですね。元々、飲み屋なんで車で行くようなお店ではないのでしょうけど。

研究学園駅前は住みやすそうですね。iiasつくばもあり、ドン・キホーテもあり、コストコもあり、ホームセンターもあり、車が無くても生活出来ますね。もともと、何も無かったところを区画整理して綺麗に整備された街なんで、歩道も広くて綺麗だし。役所も駅前にあるんで便利そうです。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29662

クリスマスのケーキを果物屋さんのフルーツタルトで!

今年のクリスマス用のケーキは、去年と同じように秋葉原のアトレ1Fにあるタルトか、iiasつくばのタルトにしようかと思っていました。

しかし、色々とネットで検索していると研究学園都市に新しく出来たタルト屋を発見したんで、今年はそこで購入することにしました。

丁度、出かけた時間がお昼ご飯帯だったんで、先に食事を済ますことに。以前、ステーキを食べた、「肉のはせ川」で食事しました。11:30頃だったんで、まだ、先客も少なく家族連れも居ない感じだったんで、好きな席に着くことが出来ました。
20151219005

ハンバーグが比較的にリーズナブルだったんで、こちらのはせがわハンバーグ170g 750円をチョイス。忘れがちなのが、ライスは別なんで、サラダセット260円を追加して、合計1010円也となります。
まあ、安いファミレスのハンバーグランチよりかは、お高いけどボリュームと味を考えると高くはないです。

20151219006 20151219007

目の前に運ばれた後、3種類のソースから好きなソースを選んで、それを振り掛けてから、ジュージューと油が跳ねるのを避けて、蒸すために上から紙で蓋を60秒ほど実施。もう、湯気でカメラが曇るくらいに鉄板で蒸し焼きにされます。

ご飯もお変わりして、お腹いっぱいになってから、果物屋さんのフルーツタルト「ルベルジュ」へ移動します。

予めネットで場所を調べておいたんだけど、研究学園駅の道路をVWディラーを左折して、メルセデスベンツディラーのちょっと先にあると認識してたにも関わらず、その手前のコートダジュールに間違って入ってしまった。
20151219008

コートダジュールも、すでにクリスマスケースは予約完売で、今からは買えないようだったんで、買うならば結構早めに予約しないと駄目みたいでした。

店内をウロウロとして違うことに気が付き、目的地へ向かいます。流石にメルセデスディラーより先って、あまり車で行くことが無かったんで、気が付きませんでした。結構、大き目なおしゃれな建物が出来ているじゃないですか・・・
20151219009

お店の入口がセンターにあって、向かって左側が果物屋になっていて、左側が喫茶店みたいに食事処になっています。タルトの持ち帰りもレストラン側のレジ前でお店の人に声をかけてお願いするようです。

クリスマスシーズンは、13cmと23cm?の2種類のみ対応可能とのこと。あまり食べないので、ちょっと小さいけど13cmのタルト 2,460円也を予約しました。いちごのタルト。見た目も素晴らしく可愛らしい感じで、とても美味しそうです。

4人で食べるんで、1/4にしたらかなり小さくなるけど、まあいいよね?と。

店内だと、かなりの種類のタルトがあって、これは一度、家族で食べに行かないといけないかなと。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=23058