Tag: 千葉県

富津公園を散策

富津岬って行ったことが無かったかと思ったが、公園入口の駐車場を見たら思い出しました。何回か行ったことがありました。

ここは夏に来る場所で冬に来る場所では無さそうです。誰も居ない・・・

とはいえ、マラソン選手?の合宿がされていて、周囲をぐるぐると走っては居ましたけど。観光するモノ付きは居ないようでした。ガラガラの駐車場に車を駐車。

公園自体、結構歩くと広くて歩きがいがありました。海沿いに出たかったけど、結局出れなかった。公園には人工池があって、風が凪いでる状態では微妙に鏡面にはなっていないが、それでも綺麗に反射して鏡のようになっていました。

ある程度、散策したら早めに帰ることに。途中にあったイオンモールへお茶をするために休憩。「倉式珈琲店」という美味しそうなカフェを見つけたので、そこに。

珈琲の種類もかなりあり、本格的な珈琲が飲めるようです。注文したのはアロマ珈琲 380円。2杯分あってお得感もありました。しかも、美味しいし。コメダ珈琲店とはまた違ったメニュー構成で、我が家の近所にもあると嬉しいと思った次第。茨城だと水戸店で遠いし、柏は渋滞しているから近寄りたくないしで、木更津方面に行った時にでも寄り道して行こうかと。

アクアラインも、夕日に陰っていく黒富士を見ながら、渋滞をパスしていきます。一段、お行儀の悪い多摩ナンバーのミニバンが右へ左へと渋滞している中入って迷惑な車が居ましたけど。。。貰い事故されそうになったんで、本当に迷惑だ。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30887

富津岬への途中で一幸本店で特上寿司

今日は実家へ帰省した折に千葉方面へお出かけすることになりました。まあ、都内から近場ということもあり、毎年、渋滞で酷い目に合うので、欲張らずにこじんまりとしたドライブがてらな観光をしに富津岬へ向かいました。

懸念してたアクアラインの渋滞も無く、スムースに木更津側へ到着、アウトレットがある金田ICから出て、みんながアウトレット方面へと向かい中、右折して富津岬方面へ移動します。

特に食べる場所は調べていなく、走っている中で美味しそうなお店を見つけたら、そこに入ろう!という無計画な旅路です。

そろそろ、富津市内を抜けそうな所で、大きな看板を発見!寿司/創作料理というのに惹かれて、そちらに向かいます。住宅街方面に向かっていったんで、大丈夫か?と少し心配しつつも、道すがらに看板が出ているお陰で無事に到着。12時に到着しましたが、駐車場がほぼ満車。ギリギリ1台空いていて駐車。結構人気店のようでした。

入ったところは「寿司・創作料理 一幸本店」。

メニューを見ると、あまりお寿司のランチメニューは無くて、寿司以外のメニューも充実している感じでした。

折角なんで、
・旬の特上寿司 2000円(税抜き)
を注文。

特上寿司(トロ2個、本日の鮮魚3個、穴子、海老、ウニ、いくら、鉄胡巻き)・茶碗蒸し・あら汁と、かなりのボリュームでした。本日のネタは、ヒラメとのどぐろ、そして忘れました。白身の魚だったのだけど、ナンのネタだったか。

特にシャリが少し甘めの寿司酢になっていて、これがネタと合わさって、なんともいいようが無かったです。寿司ネタはどれも新鮮だし、ネタとシャリのバランスも良く、やっぱり、回っている寿司屋とは違うなと感じた次第です。

これで2000円であれば、かなりの満足感が味わえると思います。しかも、これを書いている時にネットで調べてみると、結構なチェーン店があってしかも研究学園店があるじゃないですか。メルセデスディラーの目の前の所にあるようなんで、今度は地元のほうでも食べに行こうかと思いました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30883

DiningBar RAGTIMEで勝浦タンタンメン

千葉方面に行ったついでに夕ご飯を勝浦タンタン麺を食べることにしました。勝浦タンタン麺が食べれるお店は数あれど、その中で今回は長生村から比較的に一番近い「DiningBar RAGTIME」を選択しました。

海沿いにあって、お店の中から眺める景色は中々の絶景。ゆったりとした時間が流れる中で食べる、タンタン麺は最高ですね。また、今まで食べて来たお店とちょっと趣が異なっていて、店内はかなりお洒落で綺麗な作りです。

B-1グランプリでグランプリを取ったようで、ポスターが貼られていました。ここを選んだ時はそのような情報まで吟味して決定した訳ではなかったけど、たまにしか来れないので、今回はここにして良かったです。

注文したのは、定番の一番素の勝浦タンタン麺です。かみさんは味噌味のタンタン麺を注文。辛さは3段階から選べました。勿論、一番辛いので注文です。醤油ベースの素のやつはなかなかのパンチ力。辛みがガツンと喉に来ます。舌の上にのっかる辛さはさほどでもないけど、これ以上辛いと美味しさが分からなくなるかもしれないギリギリの線で美味しく食べれました。スープも完食して全て飲み干しました。ただ、汗が止めどなく出るので、タオルが必要でした。。。かみさんのほうの味噌味ベースのほうは、同じ辛口にしててもマッタリとしたスープの味わいで、柔らかい辛さのスープでした。ここのはスープ自体に味わいがベースにあって、その上で勝浦タンタン麺としてのラー油の辛さがプラスされているので、美味しく食べれました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30611

わんこの運動会へ参加

数年ぶりにわんこの運動会に参加したいとかみさんが言うんで、足になってお出かけ。運動会は千葉県の長生村にある鄙びた場所で行われます。静かでいい場所なんですよね。何もストレスなく日がな好き勝手に過ごして生きてみたいもんですね。

自宅を8:10頃出発し、下道で九十九里方面へ向かいます。取手を抜けて利根川沿いを成田方面へ走って、成田市内の裏側を抜けて安食方面から九十九里へ。九十九里からは長生村はすぐそこです。特に大きな渋滞もなく、現地へは10:30頃に到着しました。思ったよりは早く到着しましたね。

参加人数がそれなりに居るので、種目は5種目程。それを午前と午後で分けて行われます。我が家のわんこも以前参加したよりかは、頑張って完走できる種目もありました。障害物競争は、最近の訓練の賜物でタイムアップや棄権することもなく、そこそこのタイムで走り切れました。折角、うまくいった種目でしたが、かみさんのiPhoneの動画撮影操作をミスしたために、出走前の15秒くらいまでしか撮影出来ずに、かみさんに怒られることに・・・(^^;

お昼は折角なんで、車で近所のレストランで食事することにしました。食べログでは良さそうではあったんだけど、個人的な好みとしては、少し味付けが濃かったのと、ボリュームがありすぎでした。車であれば他にも食べる場所がいくつかあることが分かったんで、次回はまた違うところで食事したいですね。チキン南蛮定食1300円也と結構な価格なんで、ちょっとお高く感じた次第です。

お昼を取って14:15頃から午後の部が開始され、16:00には全ての種目が終わって閉会式が行われました。かみさんのチームは最下位でしたが、とりあえず、参加して楽しめたようなので良かったです。

我が家のわんこも、疲れたようで車に乗せた後は、ガサゴソと音も出さずに寝ていました。

帰りは勝浦のほうでタンタン麺を食べてから、下道で千葉方面へ抜けて16号を経由して帰ってきました。勝浦を18:00に出発し自宅には21:15頃に到着。行きよりも時間がかかってしまいましたが、経路としては成田方面を経由する経路のほうが早く帰って来れそうです。次回は、帰りの経路を間違えない様にしないといけませんね。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30627

北国分駅前ろぉしゃんでセレクトセットランチ

職場の近辺にお昼を食べるところが無く、炎天下の中、徒歩で30分近くかけて来た国分駅前までランチをとりにきました。

以前から気になっていた、「ろぉしゃん」に。

メニューを見ると、セレクトセット 1100円也(税込み)がいろんな種類の物が食べれて良さそうだったので、
・陳麻婆豆腐
・エビのフリットマヨネーズソース
の組合せで注文。

セレクトセットは、サービスランチのA~E、F~Iまでの中からそれぞれ1品づつ選べるお得なセットになっています。しかも、ご飯お代わり自由で、スープとデザート付き。

サービスランチのメニューは以下の通り。
A. 麻婆豆腐
B. 陳麻婆豆腐
C. 黒酢酢豚
D. エビのチリソース
E. 週替わり「白身魚の豆鼓ソース」
F. 担々麺
G. 若鶏のから揚げ甘酢ソース
H. エビのフリット マヨネーズソース
I. エビとイカの湯引き 生姜醤油

店内は禁煙で、これも非常に良いですね。美味しい物を食べるのに、たばこの煙も無いというのはありがたいです。

で、陳麻婆豆腐は少し辛めの四川風麻婆豆腐。山椒が入っていて、豆板醤の辛さの他にピリっとした山椒が効いていて、とても美味しいです。量もハーフサイズなんだけど、丁度良い量で満足度高し!

エビのフリットも、ボリュームある野菜と合わせて、大き目のプリっとしたエビが3匹。マヨネーズソースの上にかかっているアーモンドがソースを引き立てていて、こちらもメッチャ美味しいです。

職場からとても遠いけど、この味を知ってしまうと、今後、もっと頻繁に来ようと思った次第です。徒歩往復1時間の価値がありますね。かなりレベルが高い中華料理が安価に堪能できるお店ということで、かなり気にいりました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30261

バル&レストラン アゴーラで牛ロースのステーキフライドポテト添え

おおたかの森S・Cのコンコース脇にある、バル&レストラン アゴーラへ。いつも、ここのショッピングモールに来た時に脇を通るのだけど、気になっていたんだよね。

入り口の黒板メニューにステーキの写真があって、美味しそうだな・・・と(^^;;

で、お昼頃に仕事が上がれる日があったんで、帰りに寄ってみました。

勿論、注文したのは、
・牛ロースのステーキフライドポテト添え 1,380円也(税込み)
です。

アラカルト扱いにあるため、パンが2切れ程ついてくるだけで、少し寂しい感じではありますが、ステーキを食べたい!という人にはいいかも?

このステーキには、余計なソースなどは無く、肉だけの勝負ステーキです。噛んだ時にサクッとかみ切れる肉質と、口の中に含んで咀嚼した時に肉汁の旨みが味わえて、これは中々の美味でした。ランチとしては少しお高めではありましたが、美味しい肉を食べた感が得られたんで、これはこれでありだったかな、と。

パンは少なくて物足りなかったけど、付け合わせのポテトが多くて、これでお腹は膨れました(^^;

ランチでも価格が高いので気軽には利用出来ませんが、ちょっとした贅沢したいときなんかは、静かな店内で禁煙ということもあって、落ち着いて食事が取れて良かったです。

次回はまた違うメニューを楽しみたいなと思った次第です。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30269

勝浦タンタンメンを食べに!香取市へ

最近、TVとかで観た影響か、無性に勝浦タンタンメンが食べたくなってしまったので、勝浦までドライブがてら出かけようかと考えたんだけど、やっぱり、勝浦は遠いんですよね。。。

家からだと早くて大凡3時間コース。渋滞した場合は4時間コースの遠出となります。

思い立っただけで出かけるには少し遠いということで、勝浦タンタンメンの公式ホームページを見ていたら、香取に1件あるじゃないですか!
グーグルで経路検索したところ、約2時間かからない程度ということで、早速お出かけしてきました。

目的地は、「らーめん原田 小見川店」
住所: 〒289-0312 千葉県香取市本郷418

行きは11:30くらいには到着して、空いている中で食したかったので、自宅を10:10頃出発。高速道路(常磐道~圏央道~東関東自動車道の佐原香取IC経由1,750円位かかったよ)を利用しました。圏央道では大型トレーラーが車線を食み出してフラフラと走行しているから、怖くて近くに寄れないし、トロいしと思った以上に時間がかかってしまいました。

現地へは、11:39到着です。

店内に入ると、先着で1名のみ居ましたが、静かでゆったりとした空間が居心地が良かったです。
早速注文は、
・タンタンチャーシューメン 750円也(税込み)
を注文しました。

辛さは5段階から選べるので「激辛」にしました。

スープの上に沢山浮かんでいるラー油が凄まじいです。ザ!男飯って感じのラーメンですね。真っ赤ですが、激辛を頼んだ割には全く辛さは無く、ラー油の脂っぽさだけを感じましたが。。。もう少しスープにコクと旨みが欲しいところ。期待していなかったチャーシューが思った以上に美味しかったです。これはチャーシュー丼を注文しておけば良かった。玉ねぎも沢山入っていて、これがあまり旨みを感じないスープに少しだけコクをプラスしてくれます。なので、かなりあっさりとしたラーメンでした。

ちょっと、恋焦がれ過ぎていたこともあって、少し期待外れではあったのですが、勝浦タンタンメンってこういうものだと思われるので、近くで食べれたから良しとしましょう!とはいえ、以前、勝浦で食べたラーメンは、普通に美味しい!って思ったんで、お店によって味にかなり違いがありそうです。今後、暇を見つけては他のお店を食べていきたいかな。地図の端から楽しんでいこうかな?

スープも完食して、サクッと帰宅。

お店を出てすぐの帰り道。確信犯的なコメダ珈琲店的なカフェを発見!
その名も「カメダ珈琲」。
これって、あり!?なのか・・・

店舗に入っていないんで、メニューまでもそっくりかは不明ですが、なんとなく察しがつきそうです(^^;

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30000

ハイウエイオアシス冨楽里(道の駅とみやま)

今日は実家へ帰省しました。

GWということで、あまり混雑しない場所までドライブしなたっかんで、お昼ご飯を海ほたるで海鮮丼を食べて、千葉県富浦に出来た新しい道の駅まで、野菜なんかを買い物しようということにしました。

前日の仕事が午前3:00まで仕事で、家に帰り着いたのが4時だったこともあって、体がかなり厳しい状態だったけど、なぜか8:45に目が覚めてしまい、そんなこともあって、実家へは10時に家を出発することにしました。

首都高は羽田空港近辺までは順調で渋滞も無く移動出来ましたが、羽田空港近辺で動かく無くなりました。普段は、羽田ICで高速を出るがひとつ手前で降りて実家へ向かい11:30に到着となりました。

そして実家を12:30頃出発し、まずは海ほたるへ向かいます。海ほたるも駐車場へはそれほど待たずに駐車出来ました。

以前行った回転寿司の海鮮三崎港が無くなってしまっていたんで、木更津庵へ入りました。結構、人で混雑していたんで名前を記載して、外で待っていたんだけど、思った以上に回転が速くて、スルーされていたため、再度、名前を記載して並びなおしました。それでも、あっという間に名前を呼ばれて店内に入ることが出来ました。

注文したのは、
・極上海ほたる丼 3,000円也(税込み)
です。

カニだけど殻から身がとれなくて難儀。それでも、タイやなめろうなんかが新鮮で美味しかった。刺身(まぐろ、イカ、えび、タイ、ブリ、いくら、うに、アジ、カニ、タマゴと盛りだくさん!)も思った以上にボリュームがあって、お腹いっぱいになりました。まあ、価格もかなりのもんなんで、価格なりといえば価格なりかな。

食後は、館山道を南へ南下して「道の駅富楽里とみやま」へ移動。海ほたるを14:30出発。道の駅には15:11到着しました。特に渋滞もなく、まったりと移動して40分程度で行けました。ただ、下りは空いていましたが上りはかなりの渋滞だったんで、帰り道をどうするか・・・悩みながら眺めていましたが。。。

まだ、出来たばかりの道の駅ということで、少し珍しいのが一般道側は道の駅として。高速道路側からはサービスエリアとして機能しています。どちらかというと、一般道側からの利用がメインっぽい感じでした。ここで時の物の野菜なんかを買い物します。

ここで定番のソフトクリームを購入して堪能します。ゴマソフトですが、あっさりとしていて、なかなかの美味でした。ビールのお菓子なんかも購入し、かつ、野菜なんかも新鮮で安い。なかなか良いものが沢山売られていました。GW中にビール飲みながら食べるおつまみにしようとして、そらまめを購入しました。

買い物後、帰ろう!ということになって、アクアライン経由だと混雑しているから、金谷港からフェリーで久里浜へ行ってから東京へ向かうということで、金谷港へ一般道で向かいます。
しかし、17:20発のフェリーは一杯で次の18:20発でないと乗れないということだったんで、流石に2時間待つ間に帰れるのでは?ということになって、仕方が無く一般道でアクアラインへ向かいました。

しかし、お茶したいと思っていたら、途中にお洒落なカフェを見つけたんで、寄り道しました。寄り道したのは、KANAYA MARINA RESORT CAFE&RESTAURANT。

店内も白を基調にした、明るい店内でとても落ち着いています。窓の外には停泊している?ヨットなんかを眺めながら有機珈琲 400円を堪能しました。お代わりは半額らしいく、かなりお得感のあるお店でした。

お茶をして喉を潤した後、一般道でアクアラインへ。CAFEを17時頃に出発。やっぱり、途中、経路中のろのろとなって進まなくなったりして、2車線になって少し進み始めたこともあって、夕飯が入る頃合いに(^^;

で、やめればいいのに、折角木更津に来たのだからとアウトレットで夕飯しようと思ったのが失敗だった。。。
まあ、とはいえ木更津アウトレットへは18:30に到着して、ラーメンを食べよう!ということで、センター近くの童童(トントン)という中華料理屋へ入りました。

食べたのは
・黒酢酸辣湯麺 1100円
を。

個人的には太麺が好みだったけど、極細麺がスープによく絡み、なかなか美味しかった。お昼に沢山食べたけど、ラーメンはスープまで完食出来ました。
ただ、ラーメンだったらアウトレットで食べずに途中の国道添いでお店に入って食べておけばよかったと、後々、後悔しましたけど。。。

アウトレットを出て、インターチェンジへ向かうんだけど、観覧車方面から行ったんだけど、これが大失敗。インターチェンジへ入るには右折するんだけど、そのせいで信号機1回変わるのに3台程度が限界。しかも、途中手前で割込みが多いんで、本当に中々進まなくて(><

アウトレットを19:14出発して海ほたるへは21:17頃に到着と、2時間もアウトレットからかかりました。ここからは、トロトロだったけど20分かからずに川崎ICまで到着。実家へは22:00頃には到着出来ました。

そこから眠い中、自宅へ。バビューン!と22:45に自宅へ到着して、風呂に速攻入って、ベッドイン。前日の徹夜作業で短い睡眠時間ということもあり、すぐに爆睡となりました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29927

成田山へ初詣

今まで貯め込んでいたお守りなどを神社へ返すために、ここ最近は地元の神社しか行ってなかったけど、地元の神社では無く久しぶりに成田山へ行くことにしました。

3が日が過ぎても成人の日までの3連休の初日ということもあって、混雑具合がどうだろう?と思ったけど、このタイミングでしか出かけそうもなかったんで、混雑してても仕方が無いか・・・と。

自宅から利根川沿いを経由して行くと、印西あたりから土手沿いの車の動きが悪くなったため、途中から印旛沼経由の経路で成田へ向かうことで、渋滞から解放されて成田山まで到着しました。
うちのナビにはまだ反映されていないけど、北総線脇に綺麗な道路が出来ていて、これが成田方面まで繋がっているんですよね。うまく利用すれば利根川沿い以外で成田方面へ渋滞無く移動出来そうですけど。

しかし、駐車場までの道路が混雑しているのと駐車場自体が混雑してたため、初めて成田山公園側の裏手にある成田国際文化会館の臨時駐車場(800円/日)へ駐車しました。

そこから細道を歩いて10分程で園内に入れます。裏側にあたるところからなので、そこから新勝寺まで10分程。

目的のお守りの返却場所へ到着した後は、折角なんでとお参りをすることに。かみさんが咤枳尼天堂に行く気満々だったので、結構な人数が並んでいる中、かみさんだけお参りしました。並んでいる途中で売られている、きつねの陶器とあげを購入して突入していきました。20分程してようやく一周して出てきましたが、その時には並んでいる人は階段の下までの列になっていました。

お昼はうなぎでも食べようということになり、駿河屋へ行くも1時間以上待ちということで、撤退。どこのお店も似たような状況だったんで、うなぎは諦めるかという話になったけど、川豊の別館ならばと思い行きました。しかし、こちらも同じように考える人で結構な待ち人。1時間以上となるようだったんで、うなぎは諦めて高倉町珈琲で軽食を取ることに。

この日は朝から熱っぽいとは感じていたけど、人混みの成田山を歩いている内にクラクラするくらいになり、しかも、熱のせいか関節のあっちこっちが痛くて早く帰りたい状況に。

それでも、お腹を満たしてからということで、美味しい食事(海老ドリア 860円)とお腹に優しい生姜はちみつドリンク 540円を飲んで帰宅しました。

もう、家に着いたらバッタンキュー!で、寝間着に着替えてそのまま死人のように眠りました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29396

どん亭へすきやき食べ放題へ

今日は娘の帰国歓迎会ということで、すきやきをご馳走してくれるということになり、あらかじめネットで調べておいた、「どん亭 手賀沼店」へ出かけました。

ココスの横にあったお店(海鮮)が変わって、知らない間にどん亭になっていたようです。
元旦なんで、もしかしたらすごく混雑しているかもしれないと思い、少し早めの夕食です。現地には16:40頃に到着です。

初めてなので、とりあえずメニューにあったお店お勧めの
・特選牛 食べ放題コース 2,890円也 x 4
を注文。

2時間食べ放題です。で、65歳以上もいると20%offしてくれます。少しお得に利用できるサービスはありがたいですね。
値段によって、注文できる肉の種類が異なるようです。今回は、特選牛ロース、牛カルビ、豚ロース、熟成牛ロースの4種類が食べ放題です。一番安いメニューでは、牛かルビと豚ロースだけなので、折角なんで上位メニューでしか頼めない肉を中心に注文しました。

注文したのは、
・特選牛ロース x6
・熟成牛ロース x6
・豚ロース x2
と、各種野菜と豆腐。

写真は、熟成牛ロースです。

食べ比べた感じでは、特選牛ロースが美味しく感じました。個人的には次に豚ロースかな。熟成牛ロースは、少し微妙な感じかな?
ここのお店を評価するならば、国産牛コース以上を食べてみないと、なんとも言えないと思った。ただ、一気に価格が高くなっていくので、おいそれとは頼めませんけど。。。(^^;

まあ、久しぶりに牛肉を堪能しました。肉の量自体は薄いからそんなに食べてはいないけど、すき焼きのタレが味が濃いめなので、食べた満足度と味が飽きてしまうということで、思った程食べれませんね。

これでしばらくは、すき焼きはいいや!って気になれました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29372