Tag: ワックス

コーティング&ワックス

洗車する程は汚れてはいないけど、なんとなく薄っすらと汚い感じだったんで、基本拭き掃除だけで汚れを取り除いた後に、コーティングとワックスをすることにしました。

道路わきのせいか、1週間するとすぐにボディ全体に薄っすらと埃がのって、薄汚れてしまいます。既に水仕事するには厳しい寒さになってきたこともあり、暫くは簡易洗車で済ましていきます。

水をたっぷりと含んで、軽く絞った雑巾でボディ全体を拭き上げていきます。拭き上げ時には力を入れずに軽くなでるように汚れの付着を取り除き。
全体を拭き上げたら、仕上げに綺麗に固く絞った布巾で全体の水分を取り除き。

その後、コーティング剤を含んだ雑巾で、ボディ全体を拭き上げていきます。コーティング剤の後はワックスで仕上げで拭き上げていきます。こうすることで、布巾でボディを撫でた時に滑りが違ってきます。

最後は、ドアなどを開けて隙間などを拭き上げて作業終了。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30731

台風後の洗車とポリシングで小傷消し

台風24号の影響で、かなり汚くなってしまいました。本来ならば週末来る台風25号が来るために、強風と雨がある予定だったけど、実際には関東への影響は無くなった為、3連休の初日は1日かけて車を全体的に社内も含めて一気に綺麗にすることにしました。

今回は高圧洗浄機を使って、一旦、ボディ全体に付着した汚れを吹き飛ばし。その後、JOYを使ってシャンプー洗車を実施してから、再度、高圧洗浄機で汚れを落としました。

水滴がついたまま、ワックスを吹きつけてボディ全体をワックス掛け。

ワックス後、ボディ全体を軽く拭き上げてから、ブロアーで水滴を吹き飛ばし。ブロアーを使うと隙間から水滴が出てくるから、水滴が無くなるまで拭き上げを行います。

ドアを全部開けて全ての水滴を取り除き後、掃除機で車内の汚れを取り除き。やっぱり、雨の日に乗っている為か、車内も結構埃や泥が沢山残っていました。

リアバンパー右側を見ると、細かい擦り傷があって、角度を変えると結構目立つ傷だったんで、ポリッシャーでポリシングを行うことにしました。折角なんでボンネットもポリシングして細かい小傷は無くすことに。

で、早速、以前購入しておいたスポンジを付けてポリシングしたら、スポンジと取り付け箇所が分離してしまい、その時にガツっ!と傷をつけてしまいました。。。
簡単にコンパウンド(3M ダイナマイトカット)で擦ってみましたが、やっぱり、結構やってしまったようで傷が消えませんでした。。。(><

そんなこともあって、バフが無いからアストロプロダクトまで自転車でひとっ走りして買ってきました。で、3種類以下の物があれば大抵のことが出来ますね。


粗めバフ

中目スポンジ

極細仕上げ

粗めのバフを取り付けて、コンパウンドを少しだけつけて、ポリシング。久しぶりのシングルアクションポリッシャーなんで、少し慣れるまで暴れないようにポリシングするのに難儀しましたが、やっている内に慣れてきました。

やっぱり、シングルポリシングだと少し深めの傷も綺麗に無くなりました。

このまま、ボンネット側も粗めバフでポリシングを繰り返しました。粗めの後は中目に切り替えて、ダイナマイトカットでポリシング。このまま、水をかけて水磨きを繰り返しました。

最後の仕上げのごく細めに切り替えて、コンパウンドも仕上げ用の9800番でオーロラマークを含めて仕上げ磨きを実施。一旦、これで水洗いして拭き上げしました。
やっぱり、ポリシングしたボンネットはやっぱり違います。

で、この状態で水をボンネットにかけてみて水弾きの状態を確認すると、水はべたーっと吸い付くように張り付いたまま、綺麗に下側へ流れて消えていきます。
このままだと何もコーティングされていない状態なので、ワックスを再度吹きかけて拭き取り。その後、水をかけてみて水の流れを確認すると、水玉が出来てコロコロと流れるような状態へ変わりました。水滴の付着度合いはワックスをしないほうが良かった感じでしたけど。。。紫外線防止剤が入っているんで、塗装を傷めない為にということで納得して作業終了としました。

後は、全体的に最終仕上げの拭き上げを実施。今日は洗車でまる1日終わってしまいました。

作業の動画は以下の通り。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30539

久しぶりにフルセットの洗車

先週は台風・地震とせわしない1週間でしたが、関東は比較的に強風に見舞われたくらいで関西・北海道とは比較にならない程、穏やかな1週間でした。

そんな1週間ではあったけど、やっぱり、台風の影響でかなり車が汚れた為、フルセット(シャンプー洗車、ワックス、ホイール洗車、タイヤワックス)で洗車することにしました。

早速、8時30分頃から作業開始。目標完了時刻は10時ちょっとすぎ位でしょうか。。。

ボディを確認すると、汚れ具合はこんな感じ。

ボディ全体を濡らして軽く汚れを落としてから、食器洗剤JOYを使ってシャンプー洗車します。泡立ち良く、ボディの油汚れを含めて汚れを落としてくれます。

ボディ全体を綺麗に洗い流したら、濡れた状態でワックスを吹きかけながら、塗り広めていきます。全体的にワックスで塗り広めたら、乾拭きしていき水滴を除去。全体的に拭き取りが完了した後は、ブロワーで隙間の水滴を吹き飛ばしていきながら、仕上げ拭きをしてボディは作業終了。

ホイールは久しぶりに掃除することもあって、結構、汚れが付着していて汚いです。

100均で購入?した新兵器。虫取りスポンジ。本来はボディに付着した汚れとかを落とす為の物ですが、これをホイール専用スポンジとして使います。スポークの狭い隙間に縦に入れれば簡単に綺麗に掃除出来そうかも?!という理由で購入しました。袋から開けて確認すると、3層構造で真ん中にしっかりとした少し硬めの芯があるため、どちらの面で利用してもカッチリと面に対して当てることが出来ます。

ホイールの大きな面には硬目のスポンジを当てて綺麗にし、細い箇所や狭い箇所は柔らかい面で綺麗に掃除出来ました。中々の使い勝手です。100円で購入出来るのは大変ありがたいことです。

汚れを落としたらブロアーで水滴を吹き飛ばして綺麗に仕上げを行います。拭き取りとか、非常に面倒臭いしスポークや凹んだ箇所の拭き取りって、簡単にできないんで、空気で吹き飛ばすに限ります。

4本全て綺麗にしたら、タイヤにはタイヤワックスをスポンジで塗りこんで真っ黒にしたら作業終了。既に3万キロを超えているんで、タイヤの摩耗状況を確認するも、後、どの位持つやら・・・という感じです。

次のタイヤはランフラットタイヤでは無く、ラジアルタイヤにする予定ですが、4本で9万円近くかかるだろうから、出来るならば、車検後の4年目以降に交換といきたいです。。。

作業完了し、ボディピカピカ。黒い所は黒くと綺麗に仕上がりました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30422

台風後の洗車と紫外線防止ワックス

今日は先日と合わせて、今までにないコースの台風12号がやってきました。

朝方は雨が降ったり止んだりと、微妙な天気ではあったけど、少しじめっとしている日のほうが洗車するには向いているんで、このまま綺麗にしようと朝のお勤めの後、洗車することにしました。

今回は新しく購入したホースを使ってみることに。アイリスオーヤマのホースが安く購入出来たのだけど、使い勝手を知りたく、洗車で確認することに。

吹き付けノズルは、ワイドに広がるシャワーで作業を実施。今までのやつと比べると微妙に水量が少ない感じかな。また、シャワーで吹きかける水流の形状ももう少しまとまった感じのほうが扱いやすいと思いました。これはヘッドだけ買い替えが必要そうだ。。。

ブラシで擦りながら汚れを落とし、その後、濡れたままの状態で紫外線防止ワックスを吹きかけてコーティングします。回数を得ることで紫外線カットなどの機能を有効化(気分的な問題でしか把握出来ていないけど)しました。

仕上げに拭き取りを行います。拭き取り後にブロアーで、隙間の水滴を吹き飛ばして作業終了。

ホースの自動巻取りは非常に便利だけど、洗車用として使うには微妙なヘッドだったという感じでした。

洗った後も、晴れては雨が降っての繰り返し。出かけた先で濡れた路面を走ったせいで、前を走る車の水しぶきで汚れてしまい、再度、家に帰ってから綺麗に拭きなおしました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30237

洗車とワックス

梅雨があけてからのほうが雨の日が多くなった。普段使いされることもあって、車がすぐに汚れてしまう。かみさんが運転するのに、初心者マークを外すと、その形がくっきりと残る。

まずは、ボディ全体をブラシを使って汚れを落としました。最近は、ブラシで汚れを落とすことが多くなりました。ブラシでもボディに傷がつくこともないので、広い範囲の汚れが落とせるので、非常に便利です。

濡れたまま、ワックス(MoRisWAX5000FS-UVC)を吹き付けてボディ全体を拭き上げていきます。ワックス成分を全体的に伸ばしていく作業ですね。左側がワックス前で右側がワックス後です。この紫外線防止ワックスは価格が高かったけど、作業性も良いし性能も高いので買って良かった。


ワックス前

ワックス後

以下の動画は、ワックス成功後の水弾きの状況です。

全体的に伸ばした後は、再度、流水でボディ全体を流してから、ブロアーで水滴を吹き飛ばします。

ここまでの作業で、かなりフラフラな状態になってきたんで、一旦休憩で水分補給しながら休憩。

水滴を吹き飛ばした後を、仕上げとして少し濡らした布巾でボディ全体を拭き上げます。暑さで乾いた水滴の後が、この作業で綺麗に無くなります。その後、硬く絞ったセーム革で隙間も含めて拭き上げて作業終了。

ピカピカになった車を見て、満足感と充実感の悦に入ります(^^;
洗車が終わったのが11:30と1時間30分も作業しちゃいました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30190