Tag: ロードバイク

ロードバイク分解清掃とタイヤ交換

ロードバイクのボディが汚くなっているのと、タイヤからスジ?紐?なんだか分からないけど、それがスプロケットへ絡まって酷いことになっていました。タイヤはそんな状態であるけど、そもそも、罅もはいってきていて寿命かな?という状況だったんで、タイミング的には丁度良かったかも。また、以前、タイヤ交換してから結構経っているから、暖かいこの時期に交換してしまうことにしました。

早速、ホイールを取り外してからタイヤを外しました。不燃ごみとして捨てるにしても、小さく纏めないと嵩張るため、紐でくくりました。

スプロケットに絡まっていた紐を取り除きました。
結構高かったのに、こんな事になるなんて、コンチネンタルのこのフォーシーズン用タイヤは、今後購入対象からは外すかなぁ。

ボディを綺麗にするため、各種パーツを全て取り外しました。パーツを外すと、ボディ自体はとても軽いですね(^^;
ホイールとタイヤが思った以上に重いようです。

ホイールを綺麗に掃除してから、新しいタイヤを嵌め込み。リムが柔らかいせいか、本当にこのタイヤは付けやすいですね。あと、雨の日は特に気にせずに走れるのが良いか。そういう意味ではとても良いタイヤなんだけど。乗り味とか良く分からないけど(^^;;

今回も前回と同様に
・Grand Prix (グランプリ) 4 シーズンフォールディングロードタイヤ ¥4,471 x 2 = ¥8,942
を取り付けします。

このタイヤ、結構なお値段するんですよね~。タイヤは最大120psiまで空気が入れられるのですが、110psi位の空気圧としました。

ボディも綺麗に洗った後、シリコンオイルで全体を塗布しました。そしたら、クスっていた色味がピカピカ、黒々と見違えるようになりました。着いた傷は消えないけど、スコットのスピードスターのボディは塗装ではなく、シールみたないなのが貼られているようで、傷がついたところは白く捲れあがっている状況です。

全体が綺麗になったら、組み立て直します。最初にホイールを前後取り付け。次にチェーンを取り付け。最後にステムあたりのハンドル周りにライトなどを取り付けして完了です。

ステム周りは拡張パーツは取り外しました。基本、あまりゴテゴテと付けないのが一番カッコイイですしね。

チェーンも取り付け前に綺麗に清掃してピカピカにしたんで、スプロケット同様に小奇麗になりました。

これから秋になれば、サイクリング日和になるから、そうしたら車に積んで少し距離を走りたいですね。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=31909

ロードバイクのチェーン清掃

久しぶりにチェーンを確認すると、大分真っ黒になっていました。

天気も悪いし、車も無いから、こういう時に自転車整備なんかするのが良さそうだ。とはいえ、外はかなり蒸しっとしているから、作業するのには向いていない気温だ。先日辺りからようやく夏らしい気温になってきました。

まずはチェーンを取り外します。取り外す時にミッシングリングを飛ばしてしまい、一瞬焦りました。久しぶりに外したから、少し固くなっていたせいですね。。。

取り外したチェーンを、パーツクリーナーで洗浄。吹き掛ける端から、汚れが垂れ流れていきます。大凡、汚れが落ちたところを見計らって、綺麗なタオルで拭き取り。ミッシングリングも綺麗に拭き取って作業終了。

後は、チェーンを取り付けるスプロケットかディレイラー周りを綺麗に汚れを拭き取った後、元の通りチェーンを取り付けしました。最初と比べると雲泥の差で綺麗になりました。

仕上げにスーパーチェーンルブで、オイルをスプレー。

テスト走行しようとした時に、前後のキャリパーブレーキを確認。リアのブレーキがセンターからズレていて片側しかパッドが当たっていなかったので、センターになるように調整。たまに確認しないと駄目ですね。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=31714

ロードバイクを洗車

ここ最近の雨のせいで、かなり汚くなっていました。また、チェーンの清掃も行っていたせいか、かなり黒くなっていました。そんなこともあって、久しぶりに洗車して気分転換することにしました。

まずは、チェーンを外して清掃しやすくします。外したほうがチェーンを綺麗に拭き取りしやすいですしね。チェーンクリーナーでスプレーしつつ、ブラシと雑巾で綺麗に汚れを落としました。

ボディもブラシを使って水洗いで綺麗に。水滴はブロアーで吹き飛ばして拭き上げ作業を簡略化。

スプロケット周りはブラスを使って、チェーンクリーナーを吹き付けて、汚れの付着を取り除き。スプロケットとディレイラーが綺麗になると、気持ちがいいもんです。

仕上げに綺麗になったチェーンを再度取り付け。10速用のチェーンは、文字が手前に見えるように取り付け。暫く、外していないと忘れがちですが、しっかりと元通りに取り付けします。

最後に試走してチェーンやギア操作に問題ないことを確認して作業終了。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=31232

ロードバイクも洗車

車も汚れたけど、自転車は毎日使っているので、こちらも雨で汚れてしまいました。そんなこともあり、こちらも綺麗にブラシで水をかけて汚れを洗い流しました。

ロードバイクは、ブロアーで水滴を吹き飛ばせるんで、水を直接触ることも無いのがいいですね。

細かいところの水滴も吹き飛ばして、綺麗になりました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30793

ロードバイクの洗浄

車の洗車ついでに高圧洗浄機を出したんで、手っ取り早くこちらも洗浄しました。

ボディ周りはあまり気にならないんで、特にチェーン周りですね。スプロケットとチェーンを高圧洗浄で綺麗に汚れを落としました。
後はブロアーで水滴を全て吹き飛ばして作業終了。

艶消しの黒いボディはかっこいいんだけど、水滴が付着すると白くカルキの染みがついてしまうのが難点でしょうか。まだ、1年ちょっとしか乗っていませんが、駐輪場とかに駐輪する影響で、ボディには傷がついちゃいますね。流石にママチャリアタック!にはロードバイクは弱いです。。。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30648

Wiggleで購入したパーツをスコットに取り付け

購入した時に販売店の都合で、こちらの趣味でないデザインのパーツを買わされた感があったので、今回、セールを実施しているタイミングで交換したかったパーツをWiggleで購入しました。ついでに、消耗品の類であるタイヤなんかも合わせえて購入しました。

購入して今回交換するパーツは以下の通り。
・DMR – V12 マグネシウムフラットペダル グレー ワンサイズ 6,589円
・Fizik – Cyrano (シラノ) R5 ステム ブラック 90mm 4,395円
・LifeLine – アロイバルブキャップ ブラック 373円

アルミキャップは高価なやつはすぐに盗まれてしまうため、地味だけれど、プラスチックの安っぽいものでは無く、アルミ製の物に交換することに。

後は純正品のステムはそれなりのデザインで良かったんだけど、ポジション修正する上で短めのステムがいいということになり、物を選ぶことも出来ずにunoというステムに交換されていたのですが、ボディの色味と合っていなくて、乗るたびに気になっていたところでした。元々はSyncros RR2.5 Stem 100mmが付いていたんですよね。デザインはこちらのほうが良かったんだけど、確かに100mmは長くて遠いのは確かだった。

今回は、ボディのマットブラックに近いFizikの物へ交換することにしました。90mmと今のやつより10mm程長いのですが、大分慣れてきたのと、わざと逆に取り付けされてポジションを低めにしていたのを、元の文字が読める正側に取り付けすることでアップライトに乗るように修正することにしました。別にレースに出たり速く走る必要(普通に流して走るので十分)もないので、楽な姿勢が一番ということで体を起こすポジションへ変更です。

ペダルも購入時にボディが生えるような色合いでということでガンメタの物を買いたいと言ったのに、これしかないと言われて妥協したペダルを付けていましたが、こちらもデザインと色味の気に入った物へ交換です。

正直、欲しい物では無く、お店(ENERGY(エナジー))の都合で買わされた感が、1年以上経ってから感じるこの頃となり、もう二度とプロショップみたいなところでは買わないと誓うのでした。正直、知らないことを良いことに、適当なウンチクを並べて、都合の良いものを押し付けられる感じしかないので、よく考えてから購入したほうが良いです。

で、そんな感じで余計な出費がかかる訳ですけど、まずは、ステムから交換作業開始。こちらが交換するFizikのステム。長さは少し悩みましたが、あまり短いと今のようにかっこ悪くて見栄えが良くないので、80mmか90mmで悩みました。上側に角度が付く分10mm現状よりも長くなってもポジション的にはきつく無いと思われる為、90mmをチョイスしています。

現在のステムunoを取り外します。トップキャップのボルトを緩めトップキャップを外します。クランプキャップを外し、後はステムの各種ボルトを緩めてバーハンドルを外してから、ステムを取り除き。

外したやつと、新しく購入したステムを比較。Fizikの方が少し太めな感じでごついです。形状のデザインと文字のバランスも良い感じで、コイツに交換します。

長くなった分、手を置く位置が奥側に移動。その分、ハンドルを握る位置が上がっても体の重量配分的には前とあまり変わらない感じで前傾姿勢が取れる感じです。真っ直ぐの手前側を握ればアップライドで乗れるので、このほうが理想な感じかな?

ハンドル周りの色味もいい感じになりました。

次は、ペダルを交換します。ペダルはペダルレンチ15mmで取り外しました。新しいペダルは17mmなので今のペダルレンチが使えないのが少し痛い。。。
真っ黒なペダルからシルバーのシュっ!としたデザインのペダルに交換です。滑り止めが付いているんで雨の日でも安心ですね。こいつは、マグネシウム製で少しだけ軽いんですよね。
反射板が無くなるので、夜は少し心元無くなるのが難点ですけど、バックライトと普通に反射板はボディにも一つついているから問題ないかな。

久しぶりにペダルを取り外しましたが、まだ1年くらいなため、固着していないので、簡単に外せました。

最後にバルブキャップを交換です。

一通り作業して、水分補給しながらマッタリと疲れを癒します。ビール飲んじゃったんで、乗って確認出来ていないけど、ここ最近の異常な暑さの中、自転車乗るのは自殺行為なんで、涼しくなってきたら少しだけ走ってみて具合を見ようと思います。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30225

バイクスタンドの固定緩みを調整

2017.4.23に設置したバイクスタンドですが、今日、何気に確認したら大分緩んでいることを発見しました。やっぱり、定期的なチェックは必須ですね。

我が家のバイクスタンドは、ガレージ内の車の真ん前に設置してあるから、これが倒れてきたら、車は大惨事になってしまいます。

我が家の前の道路は、大きな車が結構通るでの細かい振動が起きて緩むみたいです。
取り付け当初は、こんな感じに結構突っ張っていたんだけど、確認した時は大分ボルトが下がっていました。

上記の状態までロードバイクを一旦降ろしてから再調整しました。足元のこのボルトの部分は濡れるせいか、錆び錆びになってしまいましたが・・・

位置を確認して再調整後、ロードバイクを元に戻して作業終了。少しボルトに油を挿して、錆防止もしないと駄目ですね。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29151

バイクスタンド購入とガレージ内に設置

ガレージ脇にロードバイクを置いてあると、毎回、強風の時に車へ倒れて、車を凹ませるので、少しお金がかかってもしっかりと固定出来るようにしたほうが良いだろうと、恒久的対策することにしました。

バイクスタンドも色々とネットで調べてみると、結構なお値段の物から比較的にお手軽価格のものまであります。

そんな中から、お手軽価格のバイクスタンドを購入。安い割に物がしっかりしているってこと。評価が悪い人は、マニュアルが無いってだけで評価を下げている人だったんで問題ナッシング!と判断。

・toolsisland バイクタワー 6,250円
耐荷重:25kg / ポール径:50mm
伸縮幅:1800~4000mm
カラー:シルバー / 素材:アルミニウム
本体重量:5kg

早速、組み立てというか、箱から取り出して固定位置に設置します。設置にあたって、車を安全な外に出して置いてから作業を開始しました。

底部のダイヤル式調整部を一番上げて置いて、天井部の長さにピッタシに3か所のクイックリリース部分をカッチリと固定します。結構、きつめにしないと知らない間に下がっていたりして危険だったりします。

私も設置時にキッチリと高さを合わせたはずなのに、緩くなっていていたりして、なぜだろう?ってことで、クイックリリース部分の所が下がっていることで何回もなぜだろう?を繰り返したりしました。

長さが決まれば、クイックリリース部の箇所にネジを締めて、しっかりと固定します。あとは、ポール下部のダイヤルをクルクルと回して天井部のバネ部を押し付けて、ポールを握ってもグラグラしないことを確認し作業終了です。

最後に自転車を引っ掛けるフックを取り付けします。ロードバイクを2台引っ掛けれるんだけど、上側をあまり上過ぎない位置に決めた後、下部の位置を干渉しないあたりで、あまり持ち上げずにタイヤが若干浮くくらいの位置で固定しました。ネットにもありましたが、今時のロードバイクのトップチューブは幅があるんで、このフックだと幅が合わないですね。今回の付属しているフックは、どちらかというとクロモリロードみたいな細身のトップチューブ用って感じです。まあ、引っかかるから問題ないと思いますけど。

ロードバイクの向きは向かって右向きのほうが、クランクセットが表側で見栄えがよろしいのですが、普段用のスコットは毎朝出やすい方向がいいだろうということで、左向きにしています。

綺麗にロードバイクを片づけ出来たんで、車をガレージに戻します。

バイクスタンドが無かった時は、車の脇に並んで停めていたんで、ドアを開ける時に少し気を遣う必要があったけど、この位置であれば運転席側のドアを開ける時、何も気にせずに開けれるようになりました。

後は倒れ込んでこないか・・・が、少し心配かな?この状況で倒れたら、ボンネットが大変なことになりますしね。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=27823

毎回、懲りずにやってしまう・・・

会社から帰って来て自転車をガレージへ納める時に、気が付きました。

今週、春一番のような強風があったせいで、隣に停めていたロードバイク(ビアンキ)が、車に倒れてしまいました。

庭掃除してロードバイクの置き場所を変えたのがイケなかった・・・(><

ちょっとした傷くらいならばコンパウンドで擦れば消えるけど、凹んでいませんように!との祈りは通じず、しっかりと窪みが出来てしまいました。

早速、週末の今日。ダイナマイトカットのコンパウンドを利用して、磨いてみました。塗装面についた傷は取り除けましたが、やはり、凹みはそれなりに目立つようです。

仕方がないので、どこかのタイミングでデントリペアで直らないか見積もりをしてみたいと思います。はぁ、これで1.5万円くらいがかかってしまう。

毎回、車を新しくしてしばらくするとやってしまうんですよね。

そもそも、ロードバイクの置き場所がちゃんと整理されていないからということと、分散されてなんとなく置いてある状態を改善しないと、またやってしまいそうなんで、そこも改善することにします。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=27811

スピードスター21で初サイクリング(つくばみらい)

今日は3連休の中日。とくにどこかに出かけるというわけではなく、家でのんびりと過ごす休日。それでも体を動かしたほうがいいだろうということで、納車されたスピードスター21で、初サイクリングすることにしました。

とりあえず、コースはいつものサイクリングコースをチョイス。守谷駅からみらい平駅までをぐるっと回る大凡20km程のコースです。

しかし、昨日は風が穏やかだったような気がしたが、今日はとにかく風が強かった・・・
久しぶりのサイクリングには結構体的にきつかった。

で、今回走った各種結果は以下の通り。
距離: 17.17km
走行時間: 00:54:36
平均速度: 18.87km/h (最高速度:39.29km/h)
平均ペース: 03:10 min/km
消費カロリー: 326kcal
気温: 18℃(晴れ)

ビアンキ インプルーソと比べてペダルが軽く感じるのと、強風が吹いていても比較的に前に進みやすいと感じました。ただ、横風には結構煽られてしまい、フラフラとなりました。

坂道もほとんどギアを1段変えるだけで走れたんで、スコットのロードスター21のほうが楽な気がしましたね。

とはいえ、タイム的に比較してみると同じ条件ではないとはいえ、ほぼ変わらないタイムだったんで、乗り味の違いによる気のせいのようです。

休憩無しで守谷駅まで戻ってきて、水分補給のコーヒータイムを満喫です。このひと時が最高ですね!

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=27630