Tag: バッファロ

MacBookProのTimeMachineを有効化

購入したはいいが、まだ、まともに使ってもいないMacBookProですが、勉強がてらバックアップ環境を整えることにしました。

Macでは簡単にバックアップ出来る仕組み「Time Machine」が用意されており、これにより、「この機能を使って、App、音楽、写真、メール、書類、システムファイルなど、すべてのファイルを自動的にバックアップしておけます。バックアップしてあれば、Mac から削除したファイルでもバックアップから復元できます。Mac のハードディスク (または SSD) を消去または交換した場合でも大丈夫です。」ということで、やって置いて損は無さそうです。

で、Time Machineを利用するにあたっては、外部ストレージが必要になるのですが、一番に思いつくのはiCloud Driveですが、こちらは無料の5GBしかない為、バックアップには利用出来ません。。。

iCloud Driveは、iPadやMacBookとの共有ドライブとして、何かと重宝しそうなので、バックアップのような使い方で消費したくありません。。。

で、色々と調べているうちに、我が家の古いNASであるバッファロのLinkStation LS-QVLC67に、Time Machineの機能を有していたので、こちらを利用することにしました。設定は、簡単。

Time Machine専用の共有フォルダを作成し、Time Machineの設定時に専用の共有フォルダを指定して有効化するだけでした。

その後、Macに戻りTime Machineの設定をします。この時にバックアップディスクの選択時に、LinkStationの領域が見えてくれているのでそれを選択。

後は「バックアップを自動作成」の有効化をすれば、バックアップが行えます。初回は、手動にてすぐにバックアップを実行させました。最初のバックアップはフルバックアップなので、ディスクの利用している部分を丸々バックアップされるために、結構な時間がかかりました。その後の1時間ごとのバックアップは差分バックアップな為にすぐに処理が終わるようです。

これで何かあっても24時間前内であれば、好きな時に戻れるますね。Appleのサイトの復旧手順を見ても、とても簡単そうです。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30675

またまたNASのディスク障害・・・

いつものようにパソコンを起動すると、同時に起動されるNAS Navigator2からの警告メッセージ。。。

何やら障害があるとのことで、障害通知設置しているメールも確認すると、ディスク3が障害とのこと。

仕方がないので、ネットで安い3TBのディスクを物色すると、ここ最近購入している
・WD Blue 3.5インチ 内蔵HDD 3TB WD30EZRZ-RT 8,780円
を注文することに。

前回よりも値上がりしているし・・・これ以外での選択も少なくなっていて、選びようが無くなってきていますね~

翌日、配送されてきたので仕事から帰ってきてから、交換するってことは出来ず、5日間かけて故障しているディスク3から、まずはデータを他のディスクへ移動です。1.5TB程あったんですが全て移動するだけで、5日間かかりました。。。

で、ようやく作業が出来たのが8/10の夜という感じです。

まずはLS-QVLC67からディスク3を管理画面からディスク取り外しを実行してから、オンラインで引き抜きました。抜いたディスクはかなりの熱をもっていたんで、そのせいで寿命が減ったのかな~

壊れたディスクはシーゲイトのディスクですが、多分3?年程は持ちこたえたんで十分っちゃ十分なんだけど、交換したタイミングの問題か、よく壊れているイメージがあるんで、もうシーゲートのディスクは買わないかな。余程、安くなければ買わないと思う。

その後、ディスクを交換作業を実施。ドライバーで4本のネジを取り外してから取り付けします。交換自体は簡単。交換したディスクをそのままNASへ元の場所へ差し込んで作業終了。念のためNASを、一旦、再起動をかけます。

管理画面から、交換した対象ディスクをフォーマットします。フォーマット自体は、そんなに時間はかからないです。認識されたディスクを共有に追加して作業終了です。

通知設定していると、こんな感じにメールが届くんだね。自前のサーバのメール設定のリレーをちゃんとしていなかったんで、これを機会にちゃんとしたんで、毎日、メールが届くお陰で早めに故障を知ることが出来そうです。

保険で家族の写真データなど保管していますが、ディスクの本数を増やすと壊れる確率が増えるし、うまい具合には出来ないなあ。1年に1本程度だとコスト的には我慢できるけど、年2本だとちょっと厳しいかなぁ。。。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=28451

NASのディスク1本がお亡くなりに・・・

我が家のバックアップ用NASですが、12/24に2番目のディスクがお亡くなりになってしまいました。

2番目のディスクは2013/09/14に購入した、
・Seagate 3.5inch 2.0TB 7200rpm 64MBキャッシュ SATA3.0 ST2000DM001/N 7,126円也
のやつです。

3年とちょっとでお亡くなりになったわけですが、まだ大丈夫だろうと思っていると、知らない間にスンっとウントモスントモ言わなくなってしまうようです。
ある程度、大事なデータは新規に購入したほうへ移動するなりしないといけませんね。この辺りの運用方法は、適当なんでいつ頃購入したディスクなのか・・・なんて意識しなくなってしまうんですよね。

サルベージしようかとKNOPPIX6.4.4で起動させて認識させようかと思ったけど、そもそも電源ONしてUSBで接続しても、すぐにしゅん・・・って感じで止まってしまって、もう諦めるしか無さそうです。まあ、バックアップ用なんでマスターは本体PCに保存されているから諦めよう!と潔く。

で、今回新しく購入したディスクは価格.comで評判が良かった
・WesternDigital WD30EZRZ-RT 7,754円也
にしました。

以前、WDのディスクではあまり良い思い出が無かったけど、それからもう10年近くは立つから、大分改善されただろうことを期待しての選択です。

LS-QVLCの2番目から壊れたディスクを抜き出して、新しいディスクを取り付けします。

一旦、オンラインのままマウントし直してから、パソコンからWeb管理画面にアクセスして再起動を実施。再起動後、新しく入れたディスクが認識されるので、初めてフォーマットボタンがクリック出来ます。XFSでフォーマットを実施。5分程で完了するので、後は共有フォルダ作成すれば作業完了です。
再起動するまでは、本体のランプは赤く点灯しっぱなしの状態です。

NAS Navigatorも再検索しなおすと!マークが取れて正常に戻ります。まだ、初期化したばかりなんで、2番目のディスクの使用率は0%だけど、故障ローテーションを加味しながら、この新しいディスクの使い方を考えないといけませんね。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=26821