Tag: チョッパー

薪ストーブ導入と試験運用してみた

ガレージ小屋に薪ストーブがあったらかっこいいなあ~ということで、安価な小さい薪ストーブを購入しました。

購入したのは、
・ミニ薪ストーブ キャンプセット”チョッパー”(ステンレス煙突T笠) 20,500円
です。

薪ストーブの新保製作所のネット販売でポチったんだけど、11/22にポチって商品が届いたのが12/20と約1か月程かかりました。何やら今、薪ストーブが流行っているそうで、生産が間に合わないようです。この製品を選択したのは、殆どデザインのみで、薪ストーブについては素人で何も分からないこともあるんで、デザインと価格で決定した次第です。

届いた物を確認。本体の他に煙突が別途新聞紙にくるまれていて、本体の中にもいくつかパーツが入っていました。梱包を解いてパーツを全て出してみました。本体の大きさもネットの画面だけではイマイチ分からなかったけど、実際の大きさをみるに、丁度良いサイズかな。

足が延長できるようになっていて、追加の足を取り付けます。ボルトで簡単に取り付け出来るんで、持ち運びするときも、再組み立てが用意になっています。

早速、本体に煙突を組み立てていきます。組み立てが終わり、炉内の中を確認。中はそこそこ広いので長めの木も入れられそうです。

まずは、試運転。何か燃やせるものはないか・・と。梱包されてた新聞紙と家に転がっていたラティスの残骸を燃やしてためすことにしました。正面の1か所のみしか炎の状態が見えないけど、なんとなくユラユラしている火は眺めることが出来る感じです。

最初はチロチロと火が出ていたけど、その内に木に燃え移った後が大変だった。煙がこれでもか!とモクモクと火事のように充満し、ガレージ小屋に居ることが出来ない程の煙地獄に。。。

これだと近所迷惑だし、小屋の中でヒッソリと暖炉を囲んでお茶とか、夢のまた夢な状態となりました。後で調べると、良く乾燥した木でないと駄目なのと、短時間で炉内の温度を一気にあげるように火の管理をしないといけないということで、ちゃんとした薪を買ってきて試す必要がありそうです。

それでも煙もくもくだと、家では使えないということになり、2万円とはいえ結構痛い出費になりそうです。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29235