Tag: ダイエット

在宅勤務の運動不足解消の為のツール購入

今月から在宅勤務が開始され、とにかく、歩かなくなりました。普段、運動していないとはいえ、毎日5000歩は歩いてはいました。在宅勤務になれば、通勤が無くなる為、とにかく仕事を開始したら、朝から晩までデスクに座りっぱなしになってしまいます。

とはいえ、以前からダイエットとしてダンベルを使って、腕立て伏せをしていたんだけど、ダンベルの高さだと5cm位しか胸の位置を下げれないこともあって、以前から欲しかったんですよね。プッシュアップバー!

狙ってた製品が、どうやら同じような考えの人が買ったようで、売り切れて買えなくなっていたんだけど、ようやく近しい商品で良さそうなのを見つけて、Amazonでポチりました。

・ACTIVE WINNER プッシュアップバー 1,890円也
– 厚く柔らかなスポンジで手首の負担を軽減できるプッシュアップバー
– 滑り止めされた四つ足設計で安定性を実現
– 軽量で頑丈なプロピレン製・使いやすく耐久性良好
– 組み立て式で邪魔にならない・持ち運び楽々
– メーカー保証1年 トレーニング説明書付

似たような製品は幾らでもあるんだけど、持つ箇所が比較的に厚手のスポンジで覆われている製品が欲しくて、こちらにしました。一応、Amazon Choiceにもなっているから、良さそうな製品かな?というのも選択した理由です。

早速、手元に届いたので中身を確認。箱の中に、こんな感じでバラバラのパーツとして入っています。また、説明書のペラが1枚入っていました。

プラスチックで出来ているんで、とても軽いです。一応、100kgまでの体重に耐えれるらしいので、強度も問題ないようです。
組み立てるとこんな感じ。差し込めば簡単に組み立て完了です。

早速、これで腕立て伏せしましたが、ダンベルの時に比べて深く胸を入れ込めるようになったんで、10回でもキツクなりました。。。
これで、ちょっとした時間を見つけては腕立て伏せを行って、筋力トレーニング出来るようになりました。夏までにお腹を引っ込めることが出来るかな~。。。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=32794

ダイエットサイクリング

今日も午後からダイエットの為と、先日調整したシートポジションなどを確認するため、そこそこの距離を走ることにしました。

走行したコースは、この間と同じで隣駅までを行って帰ってくるコースです。
20160605031

前回は、ある程度の各種情報をGoogleから取得したりしたのですが、今回からスマホにRuntastic Road Bikeというアプリを導入して走ることで各種情報を記録することにしました。

これらの各種情報は、後でパソコンからRuntastic Road Bikeのサイトへアクセスしログインすることで確認することが出来ると至れり尽くせりです。こちらは、無料で利用できるのかな?なんか、アドバイスなどのサービスを利用する場合には有料のサービスみたいだけど。私はGoogle+のアカウントを利用して利用することにしました。これにより、面倒なアカウント管理とかは無くて、ログイン画面上の「Google+」ってところをクリックするだけでログインすることが出来るようになりました。

そんなこともあり、今回は無料版で試してみましたが、試した感じでは有料版で問題なく有益そうだったんで500円払って購入しました。

で、今回走った各種結果は以下の通り。
距離: 20.01km
走行時間: 01:02:58
平均速度: 19.07km/h (最高速度:38.79km/h)
消費カロリー: 371kcal

前回、サングラスしないでポタリングして、風と紫外線で目がかなりやられてしまったこともあって、今回は車の中で眠っていたSWANSの偏光サングラスをかけて走りました。やっぱり、目が楽ちん。サングラスは必需品ですね。また、アプリを起動させながら、情報をみつつ走った時に利用するXperis Z5です。最初はちょっと大きいかな?と思ったけど、実際は丁度良い感じだった。
20160605029

走り終わり、家に到着するまで休憩しなかったんで、水分補給は大事ですね(^^;;
折角のカロリー消費も、これで無かったことになったかも?!
でも、美味しく飲めるビールの為に頑張る!これこそ、動機としては最高だと思う。
20160605030

多少、足腰に来ましたがビール飲んでのんびりしてたら、筋肉痛とかは無さそうだ。後は心肺的な疲れもこの程度であれば特に問題無さそうです。もう少し距離を伸ばしても良いかもしれない。

まだ、ロードバイク初心者なんで、これからコツコツと距離を伸ばしつつ、2時間以内で戻ってこれるくらいのコースを走り込むかな~

実際の走行映像は以下から。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=24748