Tag: タイヤ交換

ロードバイク分解清掃とタイヤ交換

ロードバイクのボディが汚くなっているのと、タイヤからスジ?紐?なんだか分からないけど、それがスプロケットへ絡まって酷いことになっていました。タイヤはそんな状態であるけど、そもそも、罅もはいってきていて寿命かな?という状況だったんで、タイミング的には丁度良かったかも。また、以前、タイヤ交換してから結構経っているから、暖かいこの時期に交換してしまうことにしました。

早速、ホイールを取り外してからタイヤを外しました。不燃ごみとして捨てるにしても、小さく纏めないと嵩張るため、紐でくくりました。

スプロケットに絡まっていた紐を取り除きました。
結構高かったのに、こんな事になるなんて、コンチネンタルのこのフォーシーズン用タイヤは、今後購入対象からは外すかなぁ。

ボディを綺麗にするため、各種パーツを全て取り外しました。パーツを外すと、ボディ自体はとても軽いですね(^^;
ホイールとタイヤが思った以上に重いようです。

ホイールを綺麗に掃除してから、新しいタイヤを嵌め込み。リムが柔らかいせいか、本当にこのタイヤは付けやすいですね。あと、雨の日は特に気にせずに走れるのが良いか。そういう意味ではとても良いタイヤなんだけど。乗り味とか良く分からないけど(^^;;

今回も前回と同様に
・Grand Prix (グランプリ) 4 シーズンフォールディングロードタイヤ ¥4,471 x 2 = ¥8,942
を取り付けします。

このタイヤ、結構なお値段するんですよね~。タイヤは最大120psiまで空気が入れられるのですが、110psi位の空気圧としました。

ボディも綺麗に洗った後、シリコンオイルで全体を塗布しました。そしたら、クスっていた色味がピカピカ、黒々と見違えるようになりました。着いた傷は消えないけど、スコットのスピードスターのボディは塗装ではなく、シールみたないなのが貼られているようで、傷がついたところは白く捲れあがっている状況です。

全体が綺麗になったら、組み立て直します。最初にホイールを前後取り付け。次にチェーンを取り付け。最後にステムあたりのハンドル周りにライトなどを取り付けして完了です。

ステム周りは拡張パーツは取り外しました。基本、あまりゴテゴテと付けないのが一番カッコイイですしね。

チェーンも取り付け前に綺麗に清掃してピカピカにしたんで、スプロケット同様に小奇麗になりました。

これから秋になれば、サイクリング日和になるから、そうしたら車に積んで少し距離を走りたいですね。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=31909

SCOTT SPEEDSTAR21メンテナンス

wiggleでチェーンなど一式を注文していましたが、1週間程で商品が到着しました。

購入したのは、以下の通り。計6,046円也。今回は初めてオマケが付いていて、割引チケット£60が添付されていました。143円/£なんで、8,580円の割引券となるのかな?ワインを買う為のチケットのようで、飲まないのでゴミになるな。勿体ない・・・(><
・X-Tools Professional Type Levers 274円
・Shimano 10 Speed HG-X MTB Chain(116Links) 2,111円
・Shimano Tiagra 4700 10 Speed Cassette(11-25) 2,303円
・X-Tools Chain Wear Indicator Silver One Size 479円
・KMC 10 Speed Chain Links GOLD 876円

早速、休日の今日、タイヤ、スプロケット、チェーンの交換を行います。当初はチェーンだけ作業しようかと思っていたけど、こういうタイミングで無いとホイール回りをばらさないので、良い機会ということで作業を行うことにしました。

チェーンの伸びを調べることに。届いたツールを使って測ってみましたが、特に問題ないことが判明。私の乗り方では、1年半くらいでは問題で無いようです。ただ、チェーンのメンテナンスをサボった影響で錆びが出ているため、伸びの問題は無くても交換することにしました。

チェーンはミッシングリングで接続されているのですが、そのままの状態だと作業しづらいため、針金で引っ掛けて余剰を作った後に取り外しました。ミッシングリングが固くて、中々、外れません。中央を少し押すようにして左右にずらすことで芯から少しづれるので、隙間が出来たらラジオペンチで挟み込んで外します。

Tiagra用は、ロード用ではなくMTB用のチェーンが必要で2種類販売されており、その中でコーティングされている良いほうのCN-HG95を買いました。また、取り付けにあたっては、面の向きが決まっているのが注意点のようです。文字が記載されているほうが見えるように取り付けします。一応、マニュアルにもそのように記載があるんで、間違える人は居ないとは思うけど。。。

コマ数は既存と同様にしますが、いちいち数を数えるのは面倒なんで、並べて位置を確認し、ミッシングリング分1コマ減らして切断します。

チェーンを切断したら、最後に取り付けするまで保留しておきます。

次にスプロケットを取り外します。既存のやつはギア比が大きくて急な坂道なんかには重宝するのだけど、基本的にそんな坂道は(疲れるので)走りません。(^^;
日常的に利用できるギア比のほうが重要な為、ギアの数が少ないやつに交換します。今度は11-25Tとなり、このくらいであれば、フロント側のインナーギアも普通に使えそうです。

平坦を走行していると、インナー側は殆ど使わなかったので、満遍なくギアが活躍出来るのは、なんだか楽しげではありますね。とはいえ、普段、基本的には真ん中から少ないほうへプラスマイナス2段までしか使わないと思うので、基本的には今までと変わらないのだとは思うけど。


before(11-32T)

今のやつはかなり汚くはなっていますが洗浄すればまだ使えるので、外したら大事に保管しておきます。スプロケットを取り外す専用工具を使って取り外します。左手にスプロケットを引っ掛ける工具を水平になるくらいで固定。右手にスパナを同じように水平より少し上位にセットして真下に体重をかけながら押し込みます。
かなり固く取り付けされているので、外れるまで根気よく頑張るしかないです。。。

ロックが緩んだら、スプロケット固定用工具を外して、スパナ側のほうを回して固定金具(黒いリング)を取り外します。

新しいスプロケットをセットします。取り付けにあたっては、切り欠きが決まっているので、当てながら回していると、どこかのタイミングでスコっと嵌ります。最初、それが分からなくて購入したスプロケットを間違った物だと思って焦りました。ちゃんと、調べて購入したので合わないはずは無いということがあったんで、そのやり方をすることで分かり辛い切り欠きの部分も気にしなくて取り付け出来ます。


after(11-25T)

ピカピカのスプロケットは、やっぱり気持ちがいい!また、かなり前のやつと比べて小さくて軽くなったんで、見栄えも良くなりました。そんなこともあって、スプロケットを取り付けする時に、リアホイールに付いていた透明のプラスチックカバーは取り外しました。

最後にタイヤを交換します。タイヤは以前wiggleで買っておいた23Cのタイヤに交換します。25cから23cへ変更してみたかったんで、とりあえずサイズ変更です。また、23cにより段差などの衝撃も大きくなるので、オールシーズンタイヤの頑丈そうな商品にします。

・Continental Grand Prix 4 シーズンフォールディングロードタイヤ ¥8,942(2本)

ホイールからタイヤを空気を抜いて取り外します。チューブを付けたままタイヤが外せるかと思ったけど、中々外れなくて面倒そうだったんで、チューブも一旦取り外しました。

その後、タイヤをホイールへ馴染ませるようにもみもみ。片側を引っ掛けて形が落ち着いてきたら、チューブを挿入してタイヤを嵌め込んでいきます。空気入れの位置からお互いに均等になるようにチューブをタイヤに押し込んでは引っ掛けていきます。残り20cm程度になると引っかからなくなるので、一旦、スタート地点からタイヤをもみもみして馴染ませていくことを繰り返して嵌る位置を残り5cm程度まで繰り返していきます。ここまでくれば掌を押し当ててクイっと持ち上げるだけで嵌ってくれます。

このタイヤは、回す方向が決まっているんで、ローテートの印をしかりと確認してから取り付けします。このhandmade in germanyとなんとも誇らしげな文字が、なかなかカッコいいですね。

前後輪とも同じように作業を実施。このタイヤ交換作業は何回やっても慣れません。この作業だけでも30分以上はかかりました。なかなかの重労働でした。まあ、しかし、タイヤが新品だとこれまた気持ちがいいもんです。

ボディにホイールを取り付けします。クイックリリースは駐輪場でのイタズラ防止のため、ボルトで固定しています。
最初に準備したチェーンを取り付けします。面の文字が見えるようにしてから、ミッシングリングで取り付けします。ミッシングリングは新品を購入したのだけど、既存のやつはまだ使えそうだったんで、使いまわして取り付けしました。

新品のタイヤとスプロケットは、遠目からはこんな感じになりました。勿論、各種パーツを取り付けする前にボディは全体的に小奇麗に拭き掃除をしています。

試走してみましたが、タイヤサイズが23cに変わったけど、思ったより走り出しは軽くは感じませんでした。これは4シーズンタイヤだからかな?
綺麗に掃除したことで、惰性時の走行は楽になった感はありましたけど。まあ、全体的に小奇麗にブラッシュアップ出来たんで、また、明日から気持ち良く走れそうです。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30452