Tag: ジョイフル本田

わんこをにゅ~よ~く

年に何回かのわんこのお風呂を入れました。やっぱり、新年を迎えるのに、綺麗にしてあげたいですしね。というよりも、寒いとはいえ、わんこが少し匂ってきたこともあるからです。

いつものホームセンターへ連れていき、綺麗にしました。シャワー浴びている時は、いつものようにウットリとした顔で気持ち良さそうです。

今日は珍しく娘も手伝ってくれて3人がかりだったので、1時間以内で終了させることが出来ました。大判のタオルを半分に切って、2人がかりで拭き上げます。

ドライヤーを嫌がるんで、なるべくドライヤーを使う時間を少なくするように、念入りに拭き上げてます。

また、来年の春ごろまでは大丈夫でしょう!

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29320

ガレージ脇に小部屋をDIY

ガレージ脇の物置置き場をこの連休中に小奇麗にしようと思い立ち、それならばこの際だから作業部屋兼落ち着く場所を作りこもう!と作業することにしました。

特に設計とかしないで、2×4材で柱を立てて箱を作って、外からの目隠しを作って、風雨を凌げる場所を作ります。

まずは、ガレージ前側の空いている箇所から、風と雨が吹き込んできて、ここのせいで車とロードバイクが雨に曝されてしまっています。今まではシェードを斜めに引っ掛けていたけど、これだと台風とか強風が吹いた時に外れてしまうので、今回はガッチリと取り付けすることにしました。

まずは山新グランステージで、2×4固定具を買いに行きました。

2×4材固定金具を見つけたんで、目地の隙間に4.5cmのネジでカッチリと固定しました。この固定金具はつくばの山新グランステージで見つけました。1個198円也(税込み)。これを一番上部とくぐれる高さの位置に取り付け。上部はネジでガッチリと2×4材も固定しましたが、下側は取り外し可能にしました。そうすることで何かしらあった時に通り安くしています。

ここにトイレ前に取り付けていた1m幅のシェードを取り外して、こちらに移植しました。シェードの取り付け方法で悩みましたが、ステンレスのプレートで抑え込むように挟み込み。これだとプレートが目立ってかっこ悪いんで、あとで、板をこの上から被せるようにネジで取り付けします。これで雨が降っても大丈夫になりました。

次に後ろ側に作業出来る場所を作りこみます。今までは前のほうにチェアーとテーブルを置いていたけど、シェードの取りつけを変更したので、少し小屋風にして外からの視線から隠して、かつ、雨や風が吹いても居心地が良い環境を作りこみます。

小屋風にするため、しっかしとした基礎が必要なんで、2×4材を立てる為の金具を埋め込みます。その前にジョイフルで部材を一式買いこみしに朝一、行きました。

ジョイフルで、2×4材用埋め込み金具 1,450円x7=10,150円、2×4材(10F) 590円x20=11,800円、塗料(屋外用) 1950円x1を買ってきました。軽トラの予約無しで行ったけど、運よくすぐに借りることが出来ました。

まずは埋め込み金具を埋めるための穴を6か所掘って、90cm幅で埋めました。午前中、結構暑かったんで、汗ダラダラです。基礎を埋め込むのに、棚も邪魔なんで、一旦、全ての物を取り除いて端に寄せています。多少のズレは気にしないで、ある程度水平と垂直がとれるように設置しています。

基礎が出来たら、買ってきた2×4材を塗装します。今回はオリーブ色で塗りました。少し濃いめ。オレンジやマホガニーのような色合いでは無く、少し緑がかっている落ち着いた色合いです。

塗料は足りるかと思っていたけど、微妙に足りない・・・

塗料だけは買い足す必要がありますが、これ買った時に最後の1つだったので、ホーマックやら山新やらで売っているか確認するも、今回購入したカンペハピオのビニール入りのやつは取り扱っていなかった。明日でもまたジョイフルを見にいこうと思う。塗装が終わらないと設置作業が始められない。。。

午後遅くから雨が降ってきたんで、急いで帰って来て荷物を元に戻して濡れないようにして、今日の作業は終了となりました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29022

わんこ、にゅ~よ~く

年末にお風呂に入れたけど、流石に5か月近く風呂に入れなかった御蔭で、もう、獣臭くてかなわなくなりました。

そんなこともあって、夕方、近所のホームセンターの洗い場を借りて、お風呂に入れました。
20160528011

かみさんが風呂に入れて綺麗にしている間に、私はまとめ買いをしてきて合流。
20160528012

1時間30分もかかりましたが、わんこもスッキリ!
においもスッキリ!

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=24670

シマトネリコの剪定

我が家のシンボルツリーであるシマトネリコですが、とうとう本日、プロによる剪定が行われました。

朝9:00から作業を開始して作業完了が12:40頃に完了です。

高さを2.7mまで戻したので、かなりスッキリと気持ちいい感じに整いました。
20160423001

根本から2本枝が出ていたのを、1本だけ残してバッサリと。上側の枝も殆ど剪定して、これから夏にかけて残した枝が伸びていくことになるんで、それらを秋に再度自分で剪定して、この高さを維持していきます。

シンボルツリーである、玄関前のシマトネリコの葉が無くなったことで、玄関前がかなり明るくなりました。

今回は、かなりの金額だったけど、高さを抑えておけばプロに頼んでも1万円以内で依頼出来るようになるんで、そこだけ注意しながら後は自分で管理していければいいかな。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=24173

シンボルツリーの剪定見積もり

我が家のシンボルツリーである、シマトネリコ。

流行でついシンボルツリーで導入してしまいましたが、こいつは大失敗だった。今思うと。
北側に植えたんで、そんなに大きく育たないだろうと思ったのが間違いだった。。。

結局、都度都度、自分で剪定したり切り落としたりしてきましたが、収取がつかなくなってきたんで、ちゃんとプロに依頼することにしました。

流れの押し売り的な植木屋だと、依然、ぼったくられたような気分悪いことになるんで、今回はジョイフル本田に依頼してきました。

今日、見積もりに来て色々と話しましたが、上に伸びないように剪定するには、最初の2年目くらいにちゃんと頼んで剪定してもらったほうが良いということが後の祭りだけど分かりました。
20160410001

どのくらいの高さかで基本の値段が決まり、それと剪定後のゴミ処理代が結構なコストになるようです。

・剪定、高木 16,000円
・ごみ処分、太枝・幹(直径10cm以上) 80x40kg 3,200円
・ごみ処分、枝葉 400×40袋 16,000円
計35,200円也

作業担当者カットデザイナーって、今時はいうんですね~

とりあえず、今の状況は放置できないんで、この価格でお願いしました。

作業にあたり、朝の9:00から作業開始して半日少しくらいの作業量とのことです。これで、シマトネリコが小奇麗にサッパリとすると思うと気分がいいですね。

綺麗に剪定してもらった後、やっぱりいらないとなれば、自分で元から切り倒してしまおうとも考えています。今の予定では剪定後の高さは2.6m程度に抑えてもらう感じです。

仕上がりがどんな感じになるか・・・ちょっと、楽しみではあります。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=24123

娘のママチャリ、パンク修理

ここ最近、娘からフロントタイヤから空気が抜けてしまう!と言われていましたが、週末、なかなか都合が付かなかった為に、修理してあげることが出来ませんでした。

まあ、天気も悪くて雨の日が多かったこともあって、自転車を使って駅まで行くことも無かったんで、とりあえずは良かったのですが、そろそろ通学時に駅まで自転車が必要になってきたんで、修理することに。

パンクしているのに乗ったもんだから、タイヤのリムが亀裂が入ってしまって、もう使いものになりません・・・・
20160409021

事前に前日に空気を入れておいて、本当にパンクかどうか・・・確認しましたが、翌日になると空気が抜けてタイヤがペッタンコになっているので、パンクだと判断。本当はチューブを取り出して確認すればいいのだけど、時間が無いし面倒臭いんでそんな確認作業を省く為に時間で解決することにしました。

で、早速、ジョイフル本田でタイヤとチューブのセットを購入してきました。ブリジストンの「タフロードプラス 2,640円也」だったか。以前、リアタイヤを交換したものと同じものをチョイスしました。
20160409009

買ってきたのはいいのだけど、26インチを間違って買ってきてしまって、取り付けようとしてもどうやっても入らなかったんで、改めて確認して気が付きました。そして、交換するためにもう一度ジョイフルへ出かけて、27インチへ交換してもらいました。

家に帰ってきて、早速、作業開始!

フロントフォークからホイールを取り外します。以前、作業したのでサクッと取り外し完了させ、タイヤとチューブも取り外しました。

20160409010 20160409011

取り外したホイールに、最初にタイヤを片側を嵌めこんで、次にチューブをタイヤに入れ込みます。タイヤのリムにチューブを挟まないように、軽く空気を入れてタイヤを揉みこんで、チューブがタイヤ内に入るように気を付けます。

タイヤのリムがホイールに全て入りこんだら、空気をある程度入れて、フロントフォークに取り付けします。

20160409012 20160409013

取り付けしたら、空気を適正量入れて作業完了です。リアタイヤも同じものを取り付けしましたが、流石ブリジストンか。タイヤ自体の耐久性と外的要因におけるパンクすることが無くなりました。なんで、これでフロントもパンクすることが無くなればいいのですが・・・
20160409014

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=24109