Tag: ガレージ

ガレージミラーを設置と移動

かみさんが、ミラーが分かり辛いということで、違うミラーを取り付けすることにしました。

ミラーを取り付けるにあたって、ツルが邪魔だったので、まずはこれらを取り除きました。まあ、これが大変なこと。。。電動ノコギリで壁に引っ付いているのを切り刻んでいき、取り除いていきました。

取り除いたツルを燃えるゴミ袋に入れていくと、全部で6袋分にもなりました。スリットが見えるようになり、左側からの動向も分かりやすくなりました。

最終的には、細かい葉っぱなども箒で履いて綺麗に掃除して終了。

今度は、塀にミラーを取り付けするのに、以前の挟み込むようにするのではなく、直接、ネジで固定することにしました。その為、コンクリ用のネジと下穴を開ける為のドリルを購入してきて、固定箇所に下穴を開けました。

今回はエーモンのミラーを購入しました。
・エーモン 安全計画 ガレージミラー(丸型) 曲面率2000R 約φ350 3,593円

附属品の固定具をネジで固定します。固定具にこの大き目のミラーを取り付けします。2000Rは少しサイズが大きかったので、1000Rのほうが良かったかもしれない。とは言え、車に乗ってミラーを見てみると前のミラーよりも見やすくなったので目的は達成できました。

で、元々付けてたほうを右側の塀に取り付けして、反対側からの動向も見えるように設置。これで左右の確認をすることが出来るようになりました。まあ、スリットが空いたんで、左側からの動向は分かりやすくはなりましたが。

安全に対してはケチっても仕方がないので、このくらいの費用は仕方がないとはいえ、なんだかんだで5000円程かかりました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=31643

ガレージゲートにシェード取り付け

以前までガレージの前にシェードを取り付けしていましたが、強風のせいでハトメの部分が壊れてしまったので取り外していました。

ただ、やっぱりここにシェードが無いと風雨が強い日は、必ず車が汚れてしまうのと、表通りから視線が作業中に気になることもあって、再度、シェードを取り付けすることにしました。

新しくシェードを取り付けるのに、前回とは違うメーカーの製品をチョイスすることにしました。

色々と調べても、比較的にリーズナブルなシェードって無いんですよね。そんなこともあって、調べた中で一番良かったのが、以下の製品。

・ウォーターブロック W200×H300cm【ワインレッド】 / 撥水シェード 撥水オーニング 3,980円也
■サイズ:約 幅200×長さ300cm
■重量:約 0.96kg
■材質:生地/ポリエステル、ハトメ/アルミ
■紫外線UVカット率:約 90~95%
■付属品:取り付け紐4本

色をワインレッドにしました。我が家のイメージカラーでもあるので、ベージュやブラウンよりも良さそうだと思った次第です。
実際、届いた製品を確認すると、中々、深い色味でとても良い色合いです。これで、防水加工されているということから、汚れにも強そうで長く使えそうです。ハトメの部分も前の製品に比べて頑丈そうなので、紐で取り付けた時の箇所も壊れにくそうでした。この箇所ばかりは、長い間使っていかないと耐久性は分からないけど。

早速、取り付け作業を開始。購入時にサイズは測っていましたが、こういうのは製品精度が微妙なこともあって、実際にあててみないと分からないんですよね。

で、取りつけしました。前から見るとこんな感じ。イメージ通り落ち着いた感じの色合いが、とてもあっているように思えます。お洒落な感じだ(@@

ガレージ内から眺めると、こんな感じ。これだけ視界が遮られて入れば、中で作業している時も外からの視線を気にしなくても良くなりました。また、思った以上に面積があるので、雨風による車への直撃も無くなりそうです。

本当は垂直に上げ下げ出来るようにしたかったけど、それはまた今度かな。滑車を使った仕組みを検討しているけど、ひとまずはこれでも問題無くなったので、暫く様子見です。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=31625

ガレージ脇の上部をDIYで改造

折角、つくばへ出たので14時までの時間まで、山新ジョイフルへ行って暇つぶしすることに。

店内をブラブラとして、ガレージ脇の箇所を2×4材で閉じる為に、固定具を探してみることにしました。以前は、黒く塗装された2×4具を買って取り付けしましたが、これが4つ買うと結構な金額になってしまうので、もう少し安い物が無いかと見て回っていたら、塗装していない同じ形状の物を見つけました。それだと、1個168円でした。なので4つ購入して672円で済ますことが出来ました。

家に帰ってから、これらを使ってガレージ脇の後ろ側箇所の上部に施工しました。上部と中間部に2×4材を取り付け。当初は、この間に板を縦に張っていこうと思っていたけど、現状、在庫で持っている板が少ないためと、やっぱり、板で塞いでしまうとガレージ内が暗くなってしまいそうだったんで、透明なパネルを張って光も入るようにしました。

仕上がりはこんな感じになりました。やっぱり、板張りにしないで正解だったかな。サイズが合わずに上部に少しだけ隙間が空いてしまったけど、風雨があってもそんなに吹き込んでこないだろうと思いつつも、実際の状況を確認しつつ、吹き込みが激しかった場合は、隙間に板を張って改善しようかと。

強風が吹いた時に吹き飛ばないようにと、パネルの左右に板を設置しています。これで、台風や春一番などの強風が吹いても取れてしまうことは無いでしょう。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=31074

ガレージに監視カメラ設置

以前、設置してた監視カメラは故障してしまい、既に撤去していましたが、「やっぱり必要だね!」と言うことになり、新しく購入しました。

購入にあたっては、色々と見ましたが、とりあえず、屋外用でHD対応の200万画素ってことで以下を買いました。
・SV3C 1080P 200万画素 WI-FI 防犯カメラ 7,999円
・Samsung microSDHCカード 32GB EVO Plus Class10 UHS-I対応 1,580円

本体は、しっかりとした鉄製のフレームです。レンズ部分にもLED?みたいなものが6個付いています。防水なので、電源ケーブルの所も有線LANの所も雨にぬれても大丈夫なように処理されています。

設定するのに、少し癖があるということだったんですが、とりあえず、パソコンからwebで接続してIPアドレスを設定。デフォルトが192.168.1.x/24のセグメントの商品が多いので、自宅のセグメントも同じようにしておけば良かったかな?と思いつつも、そういう時は自分のパソコンのIPを一時的に適当に商品側のセグメントのIPアドレスへ変更して対応すればよいか・・という風に納得して作業しました。

設定時に注意が必要なのが、Google ChromeとかではなくIEでないと設定出来ない項目があったりするので注意が必要でした。(動体検知アラートとか)

設定は、以下のメニューを適当に設定しました。
[Mediaメニュー]
・Video
・OSD set
・Image
[Network]
・Network
・Wireless
[Alarm]
・Alarm
・Motion detection ※IEでないとメニューが表示されない
[Advanced]
・User
・FTP
[System]
・Time

また、SDカード32GBを合わせて購入したんで、これを本体に挿入作業を実施。一旦、ネジを外して分解しないといけないのが少し大変でした。

で、設定作業を終えてガレージに設置しました。後ろ側から玄関方向へ全面を監視します。SDカードへは、録画出来る容量まで録画して、容量が無くなったら最初から上書きというふうになっているので、1日分位の映像は保存できるのでは?と思っています。一応、モーション録画も併せて設定したので、自宅内のFTPサーバへもキャプチャ範囲で反応した映像はパソコン側へ保存されるようにしました。

また、最近はFTPサーバー自体家では利用しなかったので、アプリ自体インストールしていなかったけど、今回の為にvsftpをインストール。これに加えて保存場所をNASからCIFSでマウントさせて、そこの領域に保管するように設定したりと、そっちのほうが面倒臭かった。。。

保存される動画データは、.264という形式のデータなのですが、MPC-HCという動画再生ソフトであれば再生可能だったのが助かっています。

記録された静止画像は以下のような感じです。かなり鮮明で綺麗に撮れています。昼間はカラーでしっかりと。夜は白黒ですがしっかりと鮮明に撮影されます。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29790

LED投光器を移動

ガレージ前のLED投光器を今まで入り口前を照らすようにしていたけど、外側を照らしても意味がないことが分かりました。

で、車弄りや洗車時にガレージ内が明るいほうが、自分の使い方にあっていることが分かったので、室内を照らすように移動させることにしました。

まずは取り外しですが、かなり放置していたせいでボルトが固着して、中々外れなかった・・・
固定具からボルトを全て取り外して、ベース部分だけにして、取り付けしやすく作業しやすいようにしました。

ボンネットと運転席を照らすように角度と位置を決めて、まずはベース部分を固定しました。ベース部分はセンターの穴の部分にだけネジ留しました。これにより、位置を前後に動かせるようにしています。ベースにLED投光器をボルトで留めて、向きを調整しています。

後は電源ケーブルの引き回しをやり直して、実際に点けてみました。

車のボディの照らす状況を見ると、明るいせいか良く分からないというのが結論か・・・
まあ、もう少し暗くなったり雨の日や曇りの日であれば、ボンネットの傷の状況を確認できるか分かるか。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29160

ガレージ脇小屋に屋根を付ける

やっぱり、屋根が無いと雨が降った時に作業出来ないので、屋根を付けることに。

屋根の部材は波板が一般的だけど、波板は見栄えが良くないので、色々とネットで探してみると空中ポリカーボネイトを使うと見た目が良さそうかな、と。

ホームセンターで特売品だったので、3枚買ってきました。120cmで切りそろえて3枚ならべれば、丁度屋根を覆うので。1枚1980円也(1820x910x4mm)。片面のみ屋外に向けても良い安価タイプ。

ポリカ中空板を留めるのに、ネジや釘だけだと強風の時に外れてしまうだろうから、傘釘とスポンジを間に挟んで取り付けすることにしました。

ポリカ中空板を実際に屋根に乗せてみると横一枚で取り付けたほうが見栄えが良さそうだったので、少し壁側に足りないけど、端側の見切りが綺麗なほうが見栄えがいいので、当初の想定ではなく横向きに取り付けしました。

熱で膨張するので、あまりピッタリに付けないほうが良いとのことなので、1mm程離して2枚取り付け。隙間はアクリル片面テープを使って、隙間をテープで目張りして完成。

で、シェードを下側から取り廻して、半分程天井が隠れるようにします。ガレージ側にこれで雨が吹き込まないようになるのと、見た目の収まりも良い感じになりました。

物置を南側の空いているほうへ対面に移動。これで、左右どこからの視線も気にならなくなりました。空いているほうが使い勝手が良いのだけど、暫くはこの状態で使ってみて不具合がないか確認しようと思います。これに伴い、小さいほうの物置からも物を整理しなおして、大きい物置に電動工具関係も含めて全て移動。小さいほうは洗車用具関係と自転車工具関係のみを仕舞いました。

余った1枚は、道路側のシェードで隠していたところを塞ぎました。これで風が吹いても室内は、そんなに寒くなくなりました。

室内に新たにテーブルを設えることに。事前に足の部分と天板については、塗装もして乾燥していたので、組み立てしました。上に人が乗るわけではないので、強度的にはそんなに強くないけど、ちょっとした作業や物を置くのに便利なテーブルとして活躍しそうです。

後は地面をどうするか・・・という感じですね。土のままだと雑草やら土埃やらがあって気になるところ。ブロックを敷いた上に、パネコートと防湿シートを挟んでコンパネを敷いたら、脇のガレージと地面のレベルが合って良いかも?と、追加の構想が出てきました。これは今後の課題としておきましょう!

追加の材料費。
・ポリカ中空板 x 3 6,415円
・TERAOKA 気密防水用粘着テープ NO.418 透明 50mmX20M 626円
・ポリ傘釘 131円
・スポンジ50個入り 218円

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29119

ガレージ脇の小屋DIY、ひとまず完成!

先日、天井周りを解体し、建物側の柱も1本引き抜きました。その代りに、梁の数を増やすことにしました。

改善前は、1mのシェードを取り付けていましたが、やっぱり、これだと強風の時に車側に雨が吹き込んでしまうんで、以前のように壁にシェードをぶら下げて、それを今回の小屋側へ紐で括りつけることにしました。これで、パーゴラ状態だったのがシェードの屋根が付きました。

隙間を開けて取り付けた2×4材の3か所は外から見えるのと風が思ったよりも通る為、中から赤松の板を張って塞ぎました。これで、外からも中はあまり見えなくなりました。

シェードは外から見るとこんな感じ。一応、紐で括っているだけなんで、取り外しも可能にしました。

下側も板張りにしたかったけど、それをするとなると、板が後6枚は必要なんで、とりあえずはシェードで下側を覆って隠しました。1/3の後ろ側は隠しきれていないので、こっちには余った板で塞ごうと思う。とはいえ、ひとまず完成までこぎつけました。

後は物置を整理しなおして、適切に物を配置して作業性を向上しつつ、小屋の中にテーブルを作ったり、物置場所を作ったりして、さらなる居心地のよい空間に仕上げていく予定です。

今回、かかった費用は以下の通り。計45,384円也でした。
・2×4 10F x 20個 11,800円
・赤松材(A) 15x90x2985 x 15個 5,400円
・2×4サポート受け金物一式 5,100円
・コースレッドと金物一式 4,046円
・2×4用埋め込み金具 x 7個 10,150円
・アレスコ水性塗料 0.7L+1L 5,850円
・クレオトップクリア2.5L 1,850円
・ロングアイプレートx4個 1,152円

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29082

ガレージ小屋の改良

まだ、パーゴラとしての骨組みまでしか出来上がっていなかったけど、中にチェアーとテーブルを置いて落ち着いてみました。座ってみると、手前のアパートからの視線が気になります。

やっぱり、上側は板をはって壁にしたようが良さそうです。

その前に手前側のシェードの固定に、以前、用意しておいた板を張り付けました。かみさんも、わんこの散歩から帰ってきたときに、シェードの上側から裏側の板が見えるのが良くないと言っていたんで、補強の為にもセンターにしっかりと板で留めました。

ジョイフルまで出かけて、板を買いにいきました。最初は1×8で板張りしようかと思ったけど、ジョイフルだと1枚1350円。横張で取り付けると高さ18cmなんで、7枚張り付ければ良いのだけど、安く済ませたかったんで、店内をウロウロと探していたら、赤松材で2950 x 90 x 15の板が380円/枚だったんで、倍の枚数を購入したとしても、当初の1×8材よりも半額で済みました。15枚購入して5,400円です。今日は軽トラが全て出払っていた為、持ち帰るまで暫く店内を見て回ったりして時間を潰しました。

家に持ち帰ってから、塗装してから取り付け作業をしようかと思ったけど、それだと今日中に終わらない為、塗装しないでまずは取り付けして、後から塗装しました。このほうが作業効率はいいのですが、見えている面しか塗装出来ないのが難点ですね。

中で座ってみて、これならば手前のアパートからも見えなくなりました。視線が気にならなくなったんで、居心地が良くなりました。中側はクリア塗装で安く済ませようかとも思ったけど、まだ、塗料も僅かだが残っているんで、贅沢して内側も同じく塗りました。

北側の小型物置があるほうは、全て塞いでしまおうと思っていたけど、今の所はこのままのほうが利便性が良いので、閉じないでいようと思う。

後は、微妙に歪んでいるんで、上側は一旦分解して組み立て直そうと思う。真っ暗になるまで、分解できるところを外して作業終了。外枠の骨組みは、なるべく1本の板で組み立てたほうが良さそうなんで、この辺りをやり直す予定。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29063

ガレージ脇の小屋づくり、まずは骨格が完成

作業開始から3日目。残りの柱を立てるのと、梁を取り付けする作業を行います。とりあえず、箱型が出来上がれば、あとはコツコツとイメージを膨らませながら、ちょっとづつ作業していけば良いですね。

先日、塗装した2×4材も塗料が乾燥したこともあり、後は切った貼ったをしていくだけ。

パーゴラ風に屋根部分の梁を2本固定します。最初は3本で固定しようとしたが、板が反っていて綺麗に3本固定することが難しいことが判明し、2本を端から30cm離して固定しました。

一番大変だったのが、ガレージ内に雨が吹き込んでこないようにシェードを取り付けしたんだけど、板で挟んで固定するのに、梯子に登って不安定な場所での作業が時間がかかりました。外側の目隠し用の板張りは4枚で様子見。座っている状態であれば、外からの視線が止まるんで、まあ、気にならないかな?と。

ガレージ側からだと、結構、外側が見える。上部の空いた箇所にも板を貼るとなると、後、6本程2×4材が必要になってしまうんで、違う部材でうまく目隠ししたいかな。

まだ、強度が足りていないので、間口が狭い側にも板を横に取り付けして、前のアパート側から視線が止まるようにしつつ箱としての強度をあげていきます。

裏庭側の間口のほうはお隣さんの視線が気になるので、脇の避けた物置で壁にしてしまえばいいかな?と検討中。物置を置いただけだと、強風があった時に倒れたりして危険なんで、どうやって土台を固定してしまうかが課題かな。

まあ、暗くなったところで最低限の組み立ては完了しましたので、後は週末ごとにじっくりと仕上げていければと思います。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29038

ガレージ脇の小屋づくり基礎と骨格構築

先日までは、購入した20本の2×4材を塗装するだけで結構時間が取られてしまったのと、夕方から雨が降り出してきたので、組み立て作業まで行えませんでした。

翌日の日曜日は天気も回復して、良い天気になったのと、暖かくて作業しやすい一日となりました。

ただ、午前中は町内会の会議があるで、作業開始が午後からとなってしまいました。暗くなるのが早くなってきたんで、半日だけでどこまで出来るか・・・

まずは基礎に埋め込み金具を埋め込みます。建物側にはパイプが引き回されていたりして、思うように埋め込み金具を設置できず、建物の基礎分とパイプを避けるため、壁からは30cm程開けて埋め込みました。ネジで固定するのに、壁から離したのはある意味正解ではあった。この空いた空間はテーブルみたいなものを作りこんで、物が置けるようにする予定です。

基礎が出来たら、柱を立てます。最初は3mの長方体で組み立てようかと思ったけど、3mだと躯体が大きすぎるようで、作業し辛かったので2mの高さにすることにしました。この高さであれば梯子も丁度届くので作業しやすいです。
ガレージ側壁側はあえて3mのままにして、風雨を防止するためのシェードを取り付け出来るように残しました。後々、この違いが生きてくる場合があるかもしれないので。

柱を立てて左右の長さを測り、現場合わせで部材を切り出していきます。ジョイフルに売られている2×4材は、B級品なのか真っ直ぐなものが少ないです。どれもどちらかに反っているために、しっかりと測って切ってしまうと、実際に取り付けする時に、思ったように合わなくなってしまうので注意が必要です。

最初はなるべく切らないで組み立て出来ればと思っていたけど、一人で作業するには長い1本のままで取り付けは厳しいので、2×4材組み立て用の金具を利用して、ネジで留めていくことにしました。この金具は1つ200円から300円程度するのですが、そこそこ利用するのでこの金具だけで5,000円程散財しています。

先日、塗装しきれていなかったこともあって、ここまで組み立てた後は、残りの2×4材で塗り切れていない箇所を塗っていきます。

作業2日目もここまでしか実施出来ず。明日も休みなので、引き続き作業を行います。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29032