Tag: お掃除ロボット

10年経ったエアコンの動作がおかしく

家を建てた時に取り付けた、我が家のメインエアコン(CS-63RGX2-N)。これが故障すると、この寒い冬の中、非常に部屋の中が寒くてキツイ。

それまでなんとも無かったエアコンがある日突然動作がおかしくなります。

リモコンの「お知らせ」ボタンを押すと、エラー内容を知らせてくれるので、調べてみると、H56と出ている。
パナソニックのサイトでエラーコードから修理代の見積もりなどが分かるので、確認すると、

<エラー内容>
ルーバー動作異常
18,000円 ~ 15,000円(税抜)

とあった。まあ、このくらいならば新しいエアコンとか言って買い替える前に修理してもいいかな?という価格なんで、ネットから修理依頼しました。故障したのが1/3。最短の修理日は1/5だったんで、その日で。

まずは、エアコンのルーバーを修理しました。ルーバーの修理には、殆ど全てをバラシて対象部品の交換とルーバーを動作させるためのワイヤーを元通りに束ねて接続する作業が必要でした。ルーバーだけならば素人でも交換出来そうですが、ワイヤーの調整は無理そうです。分解時には、お掃除ロボットの箇所にたまった埃がボールのような大きさで詰まっていたようです。これらも取り除かれて作業終了。作業は2時間程かかりました。

ルーバーの修理を直すと、お知らせボタンを押すと次のエラー内容が表示されます。そうすると、お掃除ロボットが故障していると出て来たそうです。お掃除ロボットの修理にはさらに3万円くらいかかるとのこと。動作上、お掃除ロボットが動かなくても問題ないことから、動作しないように無効化してもらって、ロボットが動かない様にしてもらって作業終了としてもらいました。

どうやら、ルーバーが正しく動作しないと、吹き出し口の出口に取り付けられたセンサーが正しく動かなくなるようで、暖房が効かなくなったりするようです。

作業代は、以下の通りでした。まあ、ネットで当初見積もりした範囲内の金額でした。なので、ある程度はネット見積もりは判断材料にはなりそうです。
・部品代 7,000円
・技術料 6,500円
・出張料 3,000円
消費税: 1,320円
合計: 17,820円

お掃除ロボットが動作しないので、もう少し頻繁に掃除してくださいと言われました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29385