Category: ちょこっとドライブ&お出かけ

ロックシティで映画三昧

無料のただ券を貰ったので、さっそく今日は会社をお休みして、朝からロックシティ守谷へ出かけてきました。
とりあえず、上映中のもので見たいものを決めていきました。
・パイレーツ オブ カリビアン
・スパイダーマン3

今日、オープンということで平日ですが念のために早めの1時間前到着にしました。そしたら、既に駐車場は平置きは満杯・・・
周りの道路も駐車場待ちで結構、溢れていました。初めての週末が怖いです・・・
我が家の前の道路が、まさにそこへ向かうための「ふれあい道路」と294号を結ぶ道ということもあり、少しだけですが心配です。
すごいことになっていました。私達は自転車ということもあり、みどり電気で並んでいる横を素通りして、正面入り口前に自転車を停めました。

映画館は出来たばかりということもあり、非常に綺麗でした。(あたりまえか)
で、こじんまりとした感じの部屋が12箇所ぐらいに区分けされていて、1箇所200名ぐらいの収容という感じで落ち着いて鑑賞できる感じでした。
最初に鑑賞したのは、パイレーツオブカリビアン。2作目を見てないので、最初のほうはどうして???のハテナマークが沢山ついていましたが、面白く鑑賞できました。午後は、そのままの勢いでスパイダーマン3を連投で鑑賞。こちらも、すごいことになっていて、内容はビックリ!って感じです。
映画館では、おなじみのポップコーンとワーナーホットドックてりマヨを購入しました。ポップコーンは、関西だししょうゆ味で400円也。バケツみたいなカップに入っていて量はかなりのものでしたが、関西だししょうゆの味はしませんでした。
ホットドックは美味しかった~。こちらも400円也。
映画を鑑賞し終わったのが16:00頃。ついでにロックシティの中をブラブラと探索して、そこそこ買い物できそうな感じ&食べ物屋も沢山あったので、アクロスモールよりも使えそうです。ミドリ電気に行ったら、ブラビアの20Vが7万円ちょっとで売っていました。AQUOSの32Vも13万円ぐらいで売っていましたが、お金がないので見るだけで終わりました。品揃えは微妙な感じで、自作用のパーツとかがなかったのが使えないなあ~と感じたところで、ヤマダ電機から少しだけ取り扱い商品を減らした感じの電気屋さんという感じでしょうか。
帰り際、ペットショップに寄ったのですが、わんちゃん・・・値段が高いですね~・・・
トイプードルですか・・・70万円で売っていました。やっぱり、買う人がいるんでしょうかね?!
その後、無事に自宅へ帰ってきましたが、そこからが大変な障害対応に追われることになるとは・・・

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=487

さくらんぼ狩りと山梨ほうとう食の旅

■場所 山梨県甲州市
■目的 さくらんぼ狩り=食べ放題
      ほうとう=太宰治を偲んで
■宿泊 日帰り旅行
■移動時間 高速:2時間15分ぐらい(谷和原~勝沼ICまで)
■人数 大人4人程を目安
■予算 約3万円ぐらい(以下内訳)
      高速代:700+700+750+750+600+1,800+2,250円=7,550円
      ガソリン代:1回給油7,042円(139円/ℓ × 51.40ℓ)
      さくらんぼ狩り:2,000円×4=8,000円
      ランチ:1,360円+(1,050円×2)=3,460円
      お土産代:3000円ぐらい
      ---------------------------------
      29,052円 (4人で割り勘にしたら、7,263円/人)
今日は朝から山梨のほうへ、
・さくらんぼ狩り
・ほうとうを食べる
ことを目的に日帰り旅行に行きました。
家の事が終わり、ようやく一息ついたということで、久方ぶりの(日帰りですが)旅行です。
さくらんぼ狩りは今回で2回目。前回のところと違うところに行くことにしました。(前回の場所は私は気にいっていたのですが、かみさんがイマイチとのことで・・・)
そこで、山梨県にある「広瀬園」というところに行くことにしました。
行きは常磐自動車道から首都高を経由して、中央自動車道経由で勝沼ICに出て、現地の広瀬園へのコースです。
途中、石川PAでトイレ&お茶休憩を入れて、現地には12:00ぐらいに到着しました。

既に沢山の人で結構賑わっていて、この辺りには、この広瀬園以外にも沢山のさくらんぼ狩りができる農園が集まっていました。

受付で7歳以上一人2,000円を払い、そして入場です。それにしても2,000円はチト高い気がしましたが、仕方がありません・・・元を取れるまで頑張って食べるしかないです。ただ、さくらんぼって、思ったよりも食べれないですね・・・
今回のところに決めた決め手は、11種類のさくらんぼがあることだったのですが、行ってみると時期的にハズレだったようで、期待してた「紅秀峰」などはありませんでした。まあ、こればかりは時期物ということもあり、当たりの年もあればハズレの年もあるのでしょう・・・
また、ここは無農薬での栽培ということも売りの一つのようです。

40分間の食べ放題で、鱈腹もう1年後までいらないというまで食べ終えましたが、2,000円分の元がとれたかは微妙・・・
空腹感は少しあるのですが、さくらんぼはもういらないという状況まで、頑張って食べました。私達が行ったときは、あまり赤い実の物は無くなっていて、脚立を使って上のほうの物を取ろうとしても、実が無い状態でした。
さくらんぼ狩りを楽しんだ、我々一行は次の目的地!「天下茶屋 峠の茶屋」へ向かいしました。
さくらんぼでお腹一杯でしたが、ほうとうは別腹?!と思い込みすることでなんとかお腹に収めようという感じです。
勝沼より下道で、約40分程で峠の茶屋に着きました。以外と近いです。

なかなか渋い外観でした。また、お客さんも沢山居たのが以外でした。私達が入る前には5組程居たでしょうか・・・

お品書きを見ると、

2種類の「ほうとう」が記載ありまして、私はきのこのやつ。かみさんたちは普通のやつを注文しました。待つこと15分ぐらいでしょうか、以外とすぐに出てきました。

写真左側が私が注文した、「きのこ ほうとう鍋 1,360円也」です。食べてみて思ったのが、結構、アッサリしていました。味付けも上品な感じで、少しばかりほうとうのイメージが違っていました。私はこのほうとうも結構好みだったのですが、かみさんはもう少しコッテリしている、ドッシリ気味のほうが好みだったようです。
食べ終えた後、少しばかり室内から外へ出て、河口湖を見下ろしてみました。丁度良い塩梅のところにR2が停まっていて、う~ん、私のレガシィを同じところに停めて、同じアングルで撮りたかったです。

峠の茶屋からの帰り道、野生のお猿さんの家族が道路を渡っているところに出くわしました。やつらは、私達を警戒しつつ、山の上のほうへ帰って?行きました。6匹程居たでしょうか。私は野生のサルを見たのは初めてでした。このあたりは、まだまだ、自然なんですね~

最後に、ここまで来たのにスンナリ帰ってしまうのはもったいないので、河口湖にある、「河口湖 木ノ花美術館」で猫のダヤン 池田あきこの世界を観に行きました。
館内での写真撮影は禁止ということで、外構と建物しか写真に収められませんでしたが、まあ、中にあるのは原画や本の絵を大きなサイズで紙芝居チックに壁に飾られて、物語を楽しんでいく形式になっているので、好きな人ならば一度は見るとよいかもしれませんね。真横にはレストランもあって、こちらでティータイムで、まったりとしたら、最高でしょうね。

入園料500円を支払って、一通り猫のダヤンの世界を満喫。ちょっと、お洒落な感じの絵があったりして、欲しいなあと思いましたが、4万円かあ~ということで、手が出ません・・・
庭なども、これからのマイホーム外構のヒントになるかも?!ということで、少しばかり写真に収めました。

アプローチまでの作り方や、庭の細かな作りこみの手法など、以外とヒントが盛りだくさんかな?と感じました。

帰りは、富士スバルラインを経由して、東名高速に乗って川崎IC経由で川崎へ戻り、川崎のアゼリアで夕食タイム。夕飯はケンタッキーにて済ませて、帰りにつきました。

全行程で370kmぐらいだったでしょうか・・・燃費は平均燃費で11.3Km/lでした。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=476

野田清水公園へドライブ&花見

今日は子供の日ということもあり、どこも連れていかないのも可愛そうかな?ということで、近場の「清水公園」に行って来ました。
守谷からだと、思った以上に近いですね。片道30分ぐらいで行けちゃいます。
とりあえず、今回は「花のファンタジア」のみをターゲットとして、花見をすることにしました。丁度、今時期は良い時期のようで、いろんな花が比較的に沢山咲いていました。

中に入ると、いくつかのゾーンに分かれており、そのゾーンごとにテーマを作って植栽しております。一周ノンビリ見て回って、大凡、1時間コースって感じでしょうか。写真を撮りながらノンビリ回って2時間コースです。
今日はコンパクトデジカメ君のIXY DIGITAL10で、色々とマクロ撮影を試みました。

オレンジ色が元気~!という感じです。手前の一番大きな花だけにピントを合わせて後ろを微妙なボケ加減にして撮影しました。

手前の2本だけピントを合わせて、後ろをわざとぼかしてみました。以外と綺麗にボケが出ているように思えます。

花畑に一輪だけ咲いていたのが、また、なんとも言えない哀愁が漂っていていい感じだったので、パシャリと。

彼方此方に、休憩が出来る藤の花のある場所があり、今がまさに見ごろ!でした。

天気が物凄く良かったこともあり、体力をかなり消耗しましたが、目の保養にはなりました。
ドライブコースとしても、渋滞もなくスイスイと行けるので、また、次回も行ってノンビリしたいですね。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=453

利根川河川敷にて「どんどまつり」

利根川へ久しぶりにマイLEGACY B4君で行ってきました。
利根川自体に行くのも久方ぶりですね。土手では沢山の人たちが凧揚げも行っていて、まだ、お正月って感じでした。
今日は年末から年始にかけて飾っていた注連飾りを焼いて厄をはらう「どんどまつり」に初めて行きました。
今まで何年も住んでいましたが、本当に今日が初めてです。出店なども出ていて結構賑やかなんですね。
竹の先端に御餅?を2つ指して、燃やした注連飾りの火で炙って食べるのかな?
わざと逆行を利用して撮ってみました。利根川の河川敷とJR。そして祭り火?・・・かな?□

で、アップは以下のような感じです。沢山の注連縄が置いてありますね。

これを燃やしたときは、凄かったです・・・
もう、空一面が焼け煤で覆われていて、駐車場に停めた車にまで舞い降りて来ました。距離にして500mぐらいはあるかも。私達も急いで車に退避して、そそくさと帰ってきました。
で、折角行ったので「あげもち」を頂きました。これで400円也。やっぱり、高いですね。でも、こういうのって久しぶりでしたので、美味しかったですね~。

冬休み最後、かつ、3月には新居へ引越しとなるので、ここへも遠縁となりそうです。最後に良い思いでが作れました。
P.S
LEGACY NETWORK オリジナルステッカー 「ステッカー希望」

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=343

五浦岬と六角堂とあんこう鍋

■場所 茨城県 五浦岬公園、観光ホテル
■目的 観光、食べ歩き
■宿泊 なし(日帰り旅行)
■移動時間 高速:2時間ぐらい(取手~五浦岬まで)
■人数 大人4名、子供1名
■予算 約25,000円(以下内訳)
       高速代:6,500円
            (常磐自動車道:谷和原IC~北茨城ICまでの往復)
       ガソリン代:1回給油7,654円の1/3ぐらい使用。
              燃費系で11.9km/l。(133円/ℓ × 57.54ℓ)
       食費代:16,000円(3,200円×4+3,200円=16,000)
今日は日帰りで地元の茨城ドライブ散策と美味しいものを求めて行きました。
守谷から北茨城ICまで、約2時間(常磐自動車道で片道3250円也)と比較的に近場です。常磐自動車道は渋滞もなく、ゆったりと走ってもこのぐらいの時間の移動時間で済むのがありがたいところ。
アクセルもそんなに踏まなかったので、燃費系では最終で11.9Km/lという感じでした。高速移動時は12.5km/lとまあまあの燃費でしょうか。□
で、
まずは、到着時が12時近かったこともあり、最初に五浦観光ホテルのレストランに向かいました。
ホテルの通り道に五浦岬公園がありましたので、ちょっと、寄り道しました。

ここはサスペンスドラマとかのロケ地にもなるようですが、今日は崖の近くには「船越英一郎」は居ません(当たり前ですね)でした。□
海辺で寒いかな~と思いましたが、それほどでもなかったです。
次にホテルのほうへ向かいました。(後ろで変な格好の人は気にしないで下さい。)

後で失敗したかな?と思いましたが、まあ、味は普通だったので特にお薦めはしませんが、2度目はないかなという感じでしょうか・・・。途中に美味しそうな感じのお店もあり、そちらに入れば良かったなあと本音はそんな感じです。
注文したのは、
・あんこう鍋2人前 (3,200円×2=6,400円)
・さしみ盛り合わせ (3,200円)
です。

平皿に具が盛られてきて、味噌味(多分、あんこうの肝が濾してあると思われる)のスープを沸騰後、具材を入れていきます。一番最初にあんこうを入れた後に、野菜をその上からエイヤ!っと乗っけて、蓋をしてしばらく待てば出来上がりです。最後にご飯を入れておじやとして食べました。
アンコウの身はプリプリしていて、なかなか噛み切れない弾力があり、身そのものには殆ど味がないほど淡白です。なので、少し濃い目のスープとあわせて食べると美味しいようです。
お刺身のほうですが、毎度毎度行く先々で、「この量でこの価格かあ・・・」と思わされます。
その中でも今回の目玉?としては、ブリの刺身はすごい脂がのっていて、醤油を付けても醤油を弾き返す程の脂ののりで、これはコリコリいう歯ざわりと魚のあまみがあって美味しかったです。それ以外は特段普通という感じでした。
食事を終えると、ホテルのすぐ近くにある、「岡倉天心」の美術と住居を鑑賞しました。六角堂ですが、中に入ることはできないで、外から眺めるだけでしたので、まあ、こんなもんかな?という感じでしょうか。拝観料も200円(大人)と安かったです。

帰り道、浜辺を歩きたいとのことで、こちらで少し波間で戯れた後に北茨城ICへ向かい家路に着きました。

しかし、観光ポイントとなるところには、我先にとホテルが立ち並び、折角の景観が台無しだと感じたのは私だけでしょうか・・・
まあ、日帰り旅行ということもあり、常磐線の電車で良く見る「大津港」がどんなところかも分かったし、そこそこ楽しめました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=312

太陽の里へ

ジジ・ババに千葉県の九十九里にある太陽の里へ連れて行け!との命令により、本日、お連れしました。
自宅まで来てもらい、朝の9時に出発。利根川沿いを成田方面へ向かい、途中、九十九里の有料道路を利用し、目的地の太陽の里へ到着しました。
道中では九十九里有料道路で、一旦休憩をしました。


しかし、今日は風が強かったですね~。外に出ているだけで疲れてしまいました・・・
このパーキングから太陽の里までは約10分程度です。程なく到着すると、既に11:30頃となってましたので、風呂の前にランチとなりました。
以前から、食べたかった金目の煮付けがあったので、もちろん煮付けにしました。金目の煮付けは数量限定と記載があったのも、ちょっと目を引きました。それに加えて、せっかく海の近くに来たのだからと、お刺身の盛り合わせも注文しました。


煮付けも期待してた味には程遠いものの、まあ、美味しくは食べれました。50点ぐらいかな。お刺身もこれで3000円?はかなり疑問でしたが、まあ、そこそこ美味しかったです。
で、女性陣はエステの予約やらしてお別れ。男性陣は、露天風呂などを楽しみつつ、ゲームセンターにあったパチスロで時間つぶししてました。
まだ、リニューアルしたばかりとのことで、設備も綺麗でした。が、露天風呂の岩風呂だけは、髪の毛やらごみやらが浮遊してて、汚かったです・・・
欠け流しになっていた、樽風呂はすごく気持ちよかった。
施設はこんな感じ。


午前中に到着したときは、駐車場が30%ぐらいだったのが、帰るころ14:00頃は満車でした。結構、人が集まるのですね・・・

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=285

手賀の丘公園で娘と戯れる

最近は娘をどこか遊べる場所に連れていってあげられていなかったので、お金もかからない千葉県我孫子にある「手賀の丘公園」に連れてきました。
入り口は行ってすぐのところに、どんぐりの家があります。これがなんなのかは私は知りません。休憩所なのかな?

奥に行くとアスレチックなど、いろいろ子供が遊べる遊具があるので、2時間ばかしですが一緒に娘と遊びました。

私が木に隠れて、木から手が生えた~などと馬鹿なことをして、娘に写真を撮ってもらいました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=274

レジーナの森

■場所 福島県羽鳥湖、五色沼、喜多方
■目的 温泉、観光、食べ歩き
■宿泊 2泊3日
■移動時間 高速:2時間30分ぐらい(取手~羽鳥湖まで)
■人数 大人2名、子供1名
■予算 約6万円ぐらい(以下内訳)
       高速代:約1万円(往復、ETC利用したので具体的にはまだ不明)
       ガソリン代:1回給油7,882円ぐらい(145円/ℓ × 54ℓ)
       食費代:32,676円(3日間の朝・昼・夜含めて)
       宿泊費:1000×3人×2日=6,000円(2日分、サービス税込)
       温泉利用代:1200×3人=3,600円(3日間通し券)
2泊3日で福島のほうへ旅行へ行きました。行き先は「レジーナの森」です。
ここはコテージを1棟借りて自由に過ごせるところと、オートキャンプやトレーラーハウスなどに宿泊できる施設があったりと、目的などによってチョイスが可能のようです。私達はコテージ(ヴィラホテル アトリオ)に2泊することにしました。
私達が泊まったコテージは101号室だったのですが、洋間6帖1つ、和室6帖1つ、リビング8帖1つの、計3部屋ありました。冷蔵庫はありますが、火をつかう料理はできません。その代わり、コテージ目の前にバーベキューが行える場所が設えており、2500円/大人一人で焼肉と焼ソバを楽しむことが可能です。
うちも昼間ですがバーベキューを行いまして、娘が積極的に料理を作って楽しむことができました。
コテージ前には、人工池が目の前に広がり、リビングから外の景色を眺めることが可能です。玄関とリビングの窓を開けると、涼しい風が吹き抜けていき、大変気持ち良く過ごすことができました。寒いぐらいでした。一歩、日向の外を歩くと夏の日差しが照っていて、そのギャップを楽しむのも良いかも。
お風呂は備え付けもありますが、やっぱり温泉でしょう。管理棟内にはレストランとコンビニ?と露天風呂がまとまって併設されております。露天風呂は外湯が2つもあり、十分に満喫することが可能でした。内湯ではジェットバスになっていて疲れた体をもみほぐすには最適でした。洗い場も中と外の2箇所あり、まあ、そんなに混雑もしないのでゆったりと落ち着いて、かつ専有に近い形で時間帯によっては楽しめます。
で、今回の旅行で撮ったマイレガシィ君のベストショットです。
レジーナの森の湖とレガシィB4
コテージの前の庭先に停めて撮ってみました。アウトバックのほうがお似合いかもしれませんが、都会的なレガシィB4も良いかなと・・・
五色沼の毘沙門沼からまた、羽鳥湖には何もないので、福島のほうへドライブがてら五色沼へ出向くと、色々な色合いを見せてくれる毘沙門沼が、涼しい木漏れ日の下から眺めているだけで、心が安らぎます。五色沼入り口(毘沙門沼)から出口までは、約2時間ぐらいの散歩コースとなっており、良い運動にもなりますね。少しシーズンオフということもあってか、出口では帰りのバスやタクシーがなかなかつかまえることができなくて、困ったりもしました。□
五色沼の近くで、たまたま入った宿泊施設兼レストランだったのですが、米沢牛を売りにしたステーキハウスに入ってみました。
これが大当たり!最近まれに見ぬ美味しいステーキ屋さんを発見してしまいました。国産ランプ牛200gのステーキは塩コショウだけで焼いてあるのですが、焼加減と肉の処理の仕方が完璧なためか、何も付けなくてもジューシーで美味しかったです。値段も国産牛だというのに1260円と格安!でした。
福島 国産ランプ和牛200グラム
五色沼からは喜多方も近く、駅前から出発する馬車に乗って、ラーメン街へ出向くのも、また、違った景色となって楽しめました。
喜多方で馬車に乗る

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=249

さくらんぼ狩りへ

■場所 群馬県水上
■目的 さくらんぼ狩り=食べ放題
■宿泊 日帰り旅行
■移動時間 高速:2時間30分ぐらい(取手~水上ICまで)
■人数 大人3人程を目安
■予算 約3万円ぐらい(以下内訳)
        高速代:4,950円×2=9,900円
        ガソリン代:1回給油7236円ぐらい(134円/ℓ × 54ℓ)
        さくらんぼ狩り:1575円×3=4,725円
        ランチ:1260円×3=3,780円
        お土産代:3000円ぐらい
        ---------------------------------
        28,641円
今まで「さくらんぼ狩り」というものを行ったことがなかったので、今年、初デビューです。レガシィで行くロングドライブは楽しみです。今回は、さくらんぼ狩りの他に普段では走ることができない峠道も走ることができるため、運転自体も楽しみの一つであります。
また、この間交換したばかりのタイヤRE050Aの試運転にもなります。新品タイヤの皮むき兼、新品タイヤの感覚もつかめればと思います。
今回、行く場所として群馬県 水上にある「原田農園」というところへ行きました。結構、有名なところのようですね。□
今回の旅行にあたり、ネットで色々調べてみた結果、地元からも比較的に近い=2時間ちょっとで行けるということ、また、水上ICから5分という近さと相まって、ここに決めました。今回のさくらんぼ狩りでは、原田農園のサイトで予約を行いました。ネットで予約を行うと、割引クーポンを送ってくれました。そのおかげで、少しばかりですが安く済みました。
まず、谷和原ICから常磐自動車道に乗って、外環自動車動を通って、関越自動車道へ、そして、水上ICという感じです。今日は、梅雨時期ということもあって、朝から天気が悪い状態でしたが、向こうにつく前までは晴れ間も見えたりしてました。朝、8:00過ぎに出発し、原田農園に到着したのが、10:30ぐらいでした。大凡、予定通りのドライブプランとなりました。
原田農園に到着し、さくらんぼ狩りの支払い=1575円/大人1名をして、そこから、専用バスが送り迎えしてくれました。比較的に、送迎バスの行き来は多いらしく、15分ぐらいを周期に回ってくるようです。
で、バスに揺られること5分ぐらいして、目的のさくらんぼ畑?に到着しました。さくらんぼ畑は、ビニールハウスで囲われていいるため、が降っても大丈夫になってました。丁度、到着したころにが降り出してきたのですが、私達家族は雨を気にせず、さくらんぼ狩りを楽しむことができました。
でさくらんぼ狩りですが・・・、
食べたかった佐藤錦はありませんでしたが、でも、これでもか!と食べたので、元は取れたと思います。
食べたさくらんぼの種類は、
・正光錦
・紅秀峰
というやつでした。
とにかく、美味しかったのは、最後のほうで見つけた、端っこに1つしかなかったさくらんぼの木で、「紅秀峰」というやつです。これは、身がしっかりしており、甘みが強くて、まるでアメリカンチェリーを食べているような感じで非常に良かったです。家族みんな、一番コレが気にいったようでした。
30分の食べ放題を終え、バスで最初の場所へ戻ると、観光バスが引っ切り無しに来るほど、大盛況でした。
大型バスが次から次へとピストン輸送されてきます。その中から、ジジ・ババの大群がドッと押し寄せてくるので土産売り場は戦争状態でした。
その中で、私達もお土産戦争?に突入しました。お土産として、自家製のバームクーヘンや、群馬限定の下仁田ネギポテトチップスを買いました。
店内には、佐藤錦が売っていて、化粧箱?に入っているやつは、1万円とか5千円もしてました。もちろん、買いません!(買えません・・・)
今回、行ってみて時期的に、ちょっと早かったようだったので、来年は6月下旬頃か7月頭ぐらいにでも行って見たいです。でも、行くにしても午前中に行かないと、殆ど食べられてしまうことがわかりました。これは、イチゴ狩りとかと一緒ですね。今度こそ!佐藤錦を鱈腹食べて見たいと思いました。
さくらんぼ狩りを楽しんだ後、他にもドライブがてらに苗場へ向かいました。苗場プリンスホテルに到着すると、この季節、唯一オープンしていたレストランに入って、昼食を取りました。昼食には、そば定食と軽めなものを頂きました。あまりの閑散振りで、味には期待していなかったのですが、これが美味しかったのです。 ランチは、みんな1,260円でした。
そばは、
1.最初に何もつゆに入れないで食べて。
2.ねぎとゴマを入れて食べて。
3.わさびを蕎麦にのっけて食べて。
4.最後にとろろ芋をツユに半分だけ投入して食べました。
残りのとろろは、ご飯の上にかけて食べました。とにかく田舎の漬物系は美味しいのなんのって・・・。
日帰り旅行ということもあり、14:00頃、苗場を後にして一路、東京へ向かいました。練馬に近くなると、すごい雨でワイパーを一番高速にしても追いつかないほどの豪雨に見舞われました。
練馬から外環へ、そして首都高へ乗って、羽田ICまで戻ってきました。そこで、ババを自宅へ降ろしたのちに、再度、取手の自宅へ向かいました。
帰りの高速は空いていたこともあって、自宅へは丁度1時間ほどで帰ってこれました。
帰りは、自宅の途中にある「いちばん」という焼肉屋で、夕食を取ってから帰りました。ここは、安い割りに美味しかったです。家族3人で5000円未満で済みました。
豪雨で視界の利かないドライブをしたため、かなり目が疲れました・・・。この日は、もう速攻でバッタンキューと寝てしまいました。

続きを読む

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=203

さくらんぼ狩りの予約

今週末、さくらんぼ狩りに行くことになりました。場所は、水上温泉近辺の「原田農園」です。とりあえず日帰りですが、さくらんぼ狩り=30分食べ放題は初めてなため、非常に楽しみです。
久しぶりの遠出で、しかも、数年来行ってない・使ってない関越高速。
一応、ネットのナビで調べると、約2時間で柏ICから沼田ICまでは行けるようですね。
さくらんぼ狩りのサイトでは、今年は日照が足りないため、10日程遅れているとのことです。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=199