Category: 整備

助手席ドアトリムの青カーボンシート取り外し

明日、1年点検出すのに綺麗でない状態のシートが貼ってあるのが恥ずかしかったんで、取り外しました。

そのまま引っ張っても取れるだろうけど、ヒーターを使って柔くしてから外しました。

このシルバーのドアトリム・・・やっぱり、気になるけど。室内のデザインとしては、ここは普通に黒くしてあったほうが良かったなあ。Mスポーツでないモデルだと、このシルバー調でないんで調達出来ればスワッピング出来るんだろうけど。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=27159

ConnectedDriveからUSB地図更新(地図データ更新)

地図データをダウンロードします。前回用意してたUSBメモリが腐っていたんで、ちょっと高いけどちゃんとしたメーカー製の物を買いました。

購入したのは、
・SanDisk Extreme Pro USB3.0 128GB SDCZ88-128G-J57 8,430円也
とかなり奢りました。

USB3.0のやつなんで、今後、他でも役立つ?だろうと初期投資になりますね。

このSanDisk Extreme Proは元からFAT32でフォーマットされているものなんで、フォーマットしなくても済むのは助かりますね。

USBメモリフォルダ内のファイル構成は以下のような状態です。ダウンロードしたすぐの時は、JAフォルダと同じ並びにチェックサムのテキストファイル(checksum_JA-DB0916_Evo10.011J_04.10.0110_UI0029.txt)が置かれています。こちらをJAフォルダへ移動させます。なぜだか、我が家はそのままの状態だと車がUSBメモリを認識しなかったです。唯一、行ったことはチェックサムファイルを移動させたことでした。もしかしたら、腐っていると思ってた安価なUSBメモリでも同じことをすれば更新出来たかもしれないな。(※これは改めて検証しようと思っています。)
翌日、USBメモリの検証を実施しました。するとScanDiskのUSBメモリは、しっかりと差し込めば、チェックサムファイルの置き場所に関係無く、更新が始まりました。で、もう一方の無名のUSBメモリは認識しませんでした。ということは、やっぱり、Aisopos ® 金属 USB 高速フラッシュドライブが物としてダメだったということでした。。。2,300円もしたのに。返品出来れば返品したいけど、Amazonで購入したんで勉強代ということになりました。(※購入してから日が経っていなかったこともあり、ギリギリ返品処理が出来ました。助かりました。)

1.
早速、車に移動してエンジンスタート。ナビが起動したのを確認し、センターコンソール内のUSBポートに、地図データが入ったUSBメモリを挿します。

2.
認識が成功すると、ナビ画面に更新するかどうかの問い合わせ画面に変わるので、更新開始を実行するを選択して実行します。以下の画像は、検証して一回実行してしまったんで、新しいデータはないと表示されているけど、初回は更新しますか?みたいな表示です。因みに、同じデータであっても、こんな感じで更新処理が可能です。ただし、途中でキャンセルできないようなんで、更新処理はやり切らないと、同じ画面をループすることになりますので注意が必要です。
※その画像だけ欲しかった為にやり直してみたりして、USBメモリを抜いても更新画面から出ることが出来なくなりました。焦りました・・・

更新中、エンジンかけっぱなしではなく、アクセサリ電源ONの状態だけで処理できないか・・・と試してみましたが、キーロックするとアクセサリ電源ONからOFFになってしまうので、キーロックしないで放置出来る環境であれば、出来なくはなかったです。アクセサリ電源ON状態でキーロックする方法が分からないので、それが出来ればエンジンかけないで1時間放置しておいて、駐車場へ見に行くって方法も出来そうです。

3.
更新実行すると、画面が切り替わり、実行状況が分かる画面へ遷移します。OKボタンをクリックすると、通常画面に変わりますので、更新しながら運転も可能だけど、更新中はエンジン切れなです。エンジン切ると最初からやり直しになるんで、終了するまで我慢です。

4.
今回、更新するデータファイルはRoad_Map_JAPAN_EVO_2017-1.zipで容量が63.2GBです。そんなこともあって、解凍後のUSBメモリ内のデータ容量が73.3GBあり、更新時間は13:55に開始して15:08に終了と1時間ちょっとかかりました。

5.
終了後、OKをクリックするとナビが自動的に再起動がかかります。一瞬、「プシュン!」って感じでブラックアウトするんで、ちょっと焦ります。このタイミングでエンジン切れるととかアクシデントが起きると、ちょっと怖い状況になりそうな感じです。ナビの再起動はすぐに完了するんで大丈夫だとは思うけど。

6.
USBメモリが差さりっぱなしなんで、再度、この画面が表示されるんで、今後はキャンセルを選択して実行します。ナビ画面に戻ったらUSBメモリを引き抜き作業終了です。

7.
念のためナビのデータバージョン情報を確認します。今回であれば、
Japan
BMW Group
04.10.0110
Road Map JAPAN EVO
2017-1
となっていることを確認します。

無事に更新が出来てホッとしてます。最初、USBメモリを挿しても、ウントモスントモ言わないし、ディラーの営業に聞いても分からないと言われたんで、どうしたもんか・・と。

まあ、チェックサムファイルを移動させたら、なぜか?うまくいったのは良かった。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=27004

ConnectedDriveからUSB地図更新(地図データダウンロード)

地図データをダウンロードするためのファイルがダウンロード出来たら、実際のデータをUpdate Managerを使ってUSBメモリへダウンロードします。

1.
起動するとダウンロードする地図情報が表示されます。事前に、一時的に保管するディスクを設定しておきます。その後、ダウンロード開始をクリック。

2.
マップ更新が始まり、進行状況が表示される。残り時間に幻滅しつつも、ひたすらパソコンを起動しておいてダウンロードが完了するまで待つべし!
ダウンロードは、大凡、63.21GB完了するのに10時間程かかりました。かなり時間がかかるので、結構、大変です。

3.
ダウンロードが終了すると、次はダウンロードしたデータに問題がないか検証が始まります。これがまた時間がとってもかかります・・・
とはいえ、ダウンロードした時ほどはかからないけど。

4.
USBメモリの保存先を選択します。

5.
検証後は、データファイルを削除しなければ、何度でもやり直しが可能です。なので、日を改めて行う場合は、ここで一旦取り消しすることも可能です。再度、実行した場合は検証から行われます。

そのまま継続するならば、データを保存をクリックする。

6.
完了すると、ダウンロードファイルを削除するか聞いてくるので必要なければOKを。必要な場合は取り消しをクリック。

OKをクリックすると、以下の地図データファイルが削除されます。

7.
プログラムを終了をクリックして作業終了です。ここまで、非常に時間がかかった。なかなかの面倒というか、とにかく時間がとてもかかります。
でも、ディラーに更新作業を依頼すると、2万なんぼかかるんで、それを思えば我慢できる作業でもありますね。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=27038

ConnectedDriveからUSB地図更新(前準備)

年末に新しい地図データが公開されました。2017-1です。
圏央道あたりでどうやら少しばかり繋がったようなんで、我が家のように良く利用する道路が更新されたんで、早速、118i(F20)の地図データを更新することにしました。

まずは、USBを準備する必要があるんで、安価な128GBのUSBメモリを購入しました。

・Aisopos ® 金属 USB 高速フラッシュドライブ リングデザイン 防水防塵USBメモリ 128GB 2,300円也

このUSBメモリをFAT32にフォーマットします。届いた時はexFATだったんで・・・

事前にFAT32にフォーマット出来るようにIO-DATAからソフトをダウンロード。ハードディスクフォーマッタでフォーマットします。このUSBメモリだけど、安いだけあってなんか動作が思った以上に遅い。フォーマットするだけで8時間近くかかった。仕方がないので寝る前に実行して、朝、確認しましたよ・・・
で、なんとか時間をかけてFAT32でフォーマットされた128GBのUSBメモリになりました。


1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

で、これにBMW ConnectedDriveから地図データをダウンロードしますが、それがまた時間がかかる。今回の更新データは圧縮時に63.2GBもあるので、ダウンロード自体にとても時間がかかります。

しかも、圧縮されたデータ(Road_Map_JAPAN_EVO_2017-1.zip)をUSBメモリに解凍するんだけど、USBメモリがダメなのか、たかだか63GBのデータを解凍するだけで、これまた8時間以上かかりました。途中、BMW UPFATE MANAGERが動かなくなってしまった感じだったし・・・

結論からすると、車にUSBメモリを挿しても、ウントモスントモ言わなかった。

デザインも良く、価格も安価だったけど、安物買いのなんとやらだったようです・・・(><

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=26984

ConnectedDriveからUSB地図更新(地図データダウンロード準備)

ConnectedDriveから地図データをダウンロードするには、事前にConnectedDriveから地図データをダウンロードするためのファイルを、事前にダウンロードする必要があります。

1.
ConnectedDriveにアクセスして、ログインします。

2.
コントロールから、マップ・アップデートをクリック。年末・年始中は、このサイトがメンテナンスかなんかされてたのか、ログイン時に表示される名前や、ナンバー情報なんかが文字化けしてたりしていましたが、今現在は直っているようです。

3.
Update Managerはすでにダウンロード済であればいいけど、まだの場合は、Update Managerをダウンロードしてインストールしておく。画面下側の地図のダウンロードをクリックして、Update Managerによる地図のダウンロード用ファイルをダウンロードします。この画面にある同コードって記載のあるコードは、もしかしたら実際に車にUSBメモリを挿して更新する時に入力する必要があるかもしれないのでメモしておく。

4.
この地図のダウンロードファイル自体の容量は小さいファイルとなっています。実際には、このファイルをクリックすると、Update Managerが起動されて、このファイル内に記載されている状況をもとにして、BMW?のサイトから本当の地図データをダウンロードされます。

実際に地図データを更新するまでの前準備はここまで。ここから先は、実際に地図データをダウンロードして、USBメモリへデータを置くところになります。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=26996

復活!BMW 1シリーズのリアバンパー交換費用

ぶつけて凹んだマイカー・・・F20君が戻ってきました。

今回は保険を使って直せましたが、車両保険に入っていなかったら幾らくらいかかったのか・・・ってことですが、やっぱり、結構なお値段がかかるようです。

多分、車両保険入っていなかったらDIYで自分で塗装して、見た目だけ直すって方法だったかな。

バンプさせてしまったので、丸々交換となった訳ですが、
工賃合計: 156,822円
部品合計: 185,084円
合計: 341,906円
となりました。
20161126001

この中で一番大きかった費用は、塗装一式費用78,954円。これに塗料代14,904円がかかり合計93,858円が塗装費用としてかかりました。

修理後の状況を確認しても、修理していないボディ側の色味とあっていて、綺麗な状態に戻っています。リアカメラもリアバンパーについていましたが、こちらは交換されずに、そのままでした。
20161126002

リアバンパー自体のパーツ代は、いろんなパーツの集合体のようですが、大きなパーツのみで、
・リアバンパーキャリア 39,096円
・リアバンパーグリル 22,572円
・リアバンパートリプパネルM 94,608円
合計: 156,276円
となりました。

車両保険無しで交換するとなると、物だけで結構な費用になることが分かります。バンプさせずに傷がついただけであれば、板金処理+塗装代でも15万くらいで済むということになりそうですけど。

因みに標準のテールパイプですが、8,748円もします。今はチタン風テールパイプへ交換しているんで、買ってすぐに標準テールパイプは大事に仕舞ってありますが、スペアがもう一個増えてしまいました。
20161126003

ガレージから居なくなって、やっぱり、この車に愛着がわいてきていることに気が付かされました。なんだかんだ言って、気に入っているようです(^^

心機一転、リアバンパーは新品になったんで、わんこの爪で傷つけられないようにしないと!と、使うたびにこのあたり気を使いそうです。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=26506

ドナドナされていきました~

今日、ディラーの営業さんにドナドナされていきました。
会社は休めなかったんで、朝方9:38頃に自宅へ来たのを会社からネットカメラ経由で状況を確認していました。

最初、ゲートの開け方が分からなかった模様が映っていたんで、携帯で電話しましたが、あれこれしながらなんとか問題解決して開けて車を出すことが出来たようです。すべてが終わってから折り返し電話がかかってきました(^^;

修理に関しては、車両保険を利用し修理します。免責0円なんで1回目の修理に関してはお金はかかりません。2回目以降は10万円かかってしまいます。

本当はボンネットとライトに少し出来た傷も修復したかったけど、家族会議の結果、4年後くらいに保険で直せば?と。その頃には飛び石なんかで傷が沢山ついているだろうから・・・と。

リアバンパーの修理に関しては、事前に見積もりで見てもらった時は交換となり、約30万円くらいと言っていましたが、保険屋さんの見立て次第では、どのように修理されるかがちょっと不安ではあります。まあ、綺麗になればいいけど。
20161116001

この状況が11/25までに、どのように綺麗になって帰ってくるか・・・楽しみです。

三井住友海上火災保険を利用していますが、つつがなく、保険屋が相手方とも話してくれて対応にあたってもらっています。今回の事故により保険の等級は、20から3等級ダウンの17になってしまいます。割引率は63%から53%に3年間変更となってしまいます。もともと、保険料は今までそんなに高くはなかったので、10%ダウンでもそれほどお財布には厳しくはないかな?と。かみさんが許容してくれているんで、それがありがたかったりしています。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=26414

事故った~・・・(><

今日はひたちの牛久にあるエナジーまで行って、毎日使う用のクロスバイク購入の相談にでも出かけようと思い立ち出かけることにしました。

ついでなので、取手のいつも気になっていたにんたまラーメンを食べてからと思いつき出かけた次第です。。。

ラーメンは思ったよりもイケてて、当たり!だと思ったのですが、6号沿いのにんたまからすると、反対方向なんでどこかで切り返す必要があり、丁度、良さそうな交差点があったんで、拉麺珍来というお店のところで来た道を切り替えそうとしたのが失敗の元でした。

20161105002 20161105003

てっきりT字路だと思っていたのですが、田んぼのあぜ道のような裏道(上記写真の矢印の所から)が実はあって、そこから来た車のどてっぱらにバックでぶつけてしまいました・・・

ゆっくりとバックしていたんで、向こうも気が付いてくれよと思いつつも、ぶつかってしまったのは仕方がないです。ぶつかった瞬間は「う、にゃ~ん!」って感じの衝撃でした。

こちらが全面的に確認不履行ということになるので、警察への連絡と保険への連絡を行いました。

速度が無かったお陰で相手方には、特に体の異常などは見受けられなかったのは幸いでした。しかし、相手方の車のほうは、右側ドアからフェンダー、バンパーとホイールと範囲が大きいです。
20161105001

こちらの状況はというと、リア側左半分が傷だらけって感じです。まあ、リアバンパーのみで、ボディには傷一つつかなかったのはこちらとしても幸いではありました。

帰りにBMWディラーへ修理依頼の予約をしに行きましたが、その時にはリアバンパーはゆがんでいるので、全とっかえということで、約30万くらいかかるということでした。

車両保険に入っていて良かった~という感じです。いつもは入らないので、その場合は流石に今現状出すのが厳しいため、暫く放置して乗らなければならなかったです。。。
20161105005

家に帰ってから、流石にこのままだと見っとも無いのと目立つので、コンパウンドで磨いて目立たなくすることにしました。ダイナマイトカットで軽くですが磨いたことで、白くなっていた箇所は少し見えづらくはなり、3mくらい離れれば分かり辛くはなりました。後、バンパーがずれてしまった為、爪が見えているのもなんなんで、大胆かつ繊細に叩いて押し込み収まりは綺麗にしました。

暫く修理出すまでの日常的には、これで我慢ということになります。

20161105006 20161105007

修理は、2016/11/15から11/25までを目途に修理することになりました。何やら年末にかけて、板金工場が混んでいるということです。代車はどうするか?ということですが、あまり自分の車でない車で出かける気にもならないので、19日、20日、23日の休みは車無しの生活とします。

もう、この車は5年以上乗るのは確定だな~。買ってまだ1年も経っていないのに、傷だらけになったのは車人生で初です。かみさんがぶつけるにしても、3年以降が殆どだったから・・・

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=26298

わんこケージとロードバイクを118iへ搭載

今まで車にロードバイクを搭載して移動する時は、リアシートを両方倒して横倒しに搭載していました。

ただ、この方法だとわんこと一緒にロードバイクもってわけにはいかづ・・・
折角、遠出してドライブや宿泊した先に気持ちの良いサイクリングロードがあっても、楽しめない。
わんこも一緒ということは、かみさんも乗車するんで、最低大人2名とわんこ1匹が乗れるようにシートアレンジメントと搭載の工夫が必要ということになる。

そんなこともあって、縦積みするための方法を色々と模索してみることに。リアシートを倒しても縦積みすると、ハンドル部分が出てしまって、やっぱり駄目だ。

20160716010 20160716011

そんなこともあり、ロードバイクのリアタイヤをセンター通しのほうへ少しだけ入れることで、丁度、入りました。

20160716012 20160716013

ただ、この方法でも真ん中に固定が必要なため、実質、わんこを乗せるケージを入れる場所が確保できない。

リアタイヤも外せば、なんとかなりそうだけど。前後のタイヤを外しての搭載は、都度面倒臭そうだ。しかし、リアタイヤをそのままでは、どうしてもハッチバック車のこのサイズでは入りきらない。

もう、こうなると仕方がない。わんこと一緒の時だけはリアタイヤを外しての搭載しよう。ビアンキでは初めてリアタイヤを外しましたが、リアディレイラーとスプロケットのチェーン状況が、現地での組み立て時に戸惑ってしまいそうだ。

でも、リアタイヤも外したんで、かなり余裕をもって搭載できた。タイヤを重ねて前方にバイクに立て掛ける。その他の雑多なパーツやら空気入れやらを手前に。

20160716014 20160716015

リアドアから搭載状況を確認すると、こんな感じ。
20160716016

わんこのケージも搭載してみると、丁度ピッタシ!ロードバイクのハンドルバーがこの位置で、閉じた時に3cm程の余裕を持った搭載位置となります。これで、わんことロードバイクを一緒に現地でかみさんはわんこの散歩を公園で。私はロードバイクでサイクリングが出来るようになりました。

20160716017 20160716018

この搭載であっても車を動かしたら、色々と問題が出てきそうだったんで、固定具は別途ネットで購入しておいた。MINOURAが有名なんだけど、購入したのはGORIX GX-SBC6A 車内の自転車積載用サイクルキャリアを買いました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=25113

ハイオク満タンとバルブキャップ修理

ガソリンが無くなってきたんで、とりあえずハイオク満タンにしました。燃費はやっぱり、14km/lくらい。なかなか、カタログ燃費の18km/lには届きません。ティッシュボックスを1個プレゼントしてもらえたんで、給油するタイミングは良かったかな。
20160619006

折角、ガソリンスタンドへ来たんで、空気圧のチェックを実施。前後の空気圧を3.1にセットしなおして、これで暫く様子見です。この車、思ったよりは空気圧は減らないようで、本当にメンテナンスいらずです。

で、空気を入れる時にバルブを取った時に、助手席側のバルブキャップが分解されちゃうことに気が付き、このままだと、危険なんでボンドで固定することにしました。
20160619007

分解したパーツ内の内側にボンドを入れて組み立て直しました。完全に固着するまでに時間がかかりますが、とりあえず、元に戻して取り付け。
20160619008

また、違う感じの軽量でカッコいいバルブキャップを探して買うかな~

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=24889