Category: パーツ

2018年度版地図更新のダウンロード

年始に何回か確認していたんだけど、少しの差で新しい地図データが公開されていました。

早速、「BMWダウンロード・マネージャ」を起動して、地図データのダウンロードを行いました。2018年度版地図の更新で、ようやく、圏央道のつくば間がつながったので、何気に我が家の生活圏においては大きな更新となっています。

■BMW NAVIGATION UPDATE 2018
旭川紋別自動車道国道450号線 丸瀬布IC ~ 遠軽瀬戸瀬IC
三陸自動車道国道45号線 志津川IC ~ 南三陸海岸IC
国道115号線 相馬山上IC ~ 相馬玉野IC
首都圏中央連絡自動車道国道468号線 境古河IC ~ つくば中央IC
首都高速神奈川7号横浜北線 横浜港北JCT ~ 生麦JCT
中部横断自動車道 増穂IC ~ 六郷IC
新名神高速道路 城陽JCT・IC ~ 八幡京田辺JCT・IC
阪神高速6号大和川線 三宝JCT ~ 鉄砲出入口
国道26号線 淡輪IC ~ 深日IC
国道26号線 深日IC ~ 平井IC
北近畿豊岡自動車道国道483号線 日高神鍋高原IC ~ 八鹿氷ノ山IC
京奈和自動車道国道24号線 岩出根来IC ~ 和歌山JCT
熊本環状道路県道342号線 花園IC ~ 下硯川IC
国道3号線 野田IC ~ 高尾野北IC
南薩縦貫道路県道27号線 知覧金山水車IC ~ 南九州知覧IC

BMWダウンロードマネージャを起動すると、まずは最新版への更新が実行されて、それから起動となります。

ログイン後、該当車両をクリックして選択し、早速「Road Map JAPAN EVO 2018-1」をダウンロード開始します。

今回の地図データ容量は61.92GBでした。ダウンロード時間は、表示されている予定時間よりも実際はかかり、夜中もそのままパソコンを放置してダウンロードを実行して翌朝までには完了という感じでした。

ダウンロード完了後、USBメモリへ地図データを作業領域からコピーします。デバイスを接続して、データを保存を実行。

USBメモリへのコピーもそこそこかかり、終了するとアンロックコードなるものが表示されます。2017年の時の更新には、こんなの表示されなかったと思ったけど、2018年度からの新しいセキュリティですね。実際、最初の地図データ更新の時に事前に登録してたメールアドレスに、このアンロックコードが送信されてきます。実際、更新時にどのように使うのかは、車に挿して更新処理しないと分からないけど、この長いコードをクルクル、ピッピ!と入力するのかと思うと、結構面倒臭いですね。

とりあえず、データをUSBまでダウンロード出来たので週末にでも、ナビの地図データを更新してみようと思います。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29632

純正ホイール対応 M14X1.25 60度テーパー ホイールボルト 首下27mm

先日のボルト紛失に伴い、早急にボルトが必要だったため、Amazonで見つけたので、早速、在庫の全てをポチりました。

適合純正品番(互換品番):36136781151 / 36136774896
社外品ホイールボルト 1本
ボルトサイズ:17HEX
ボルト径:M14(ネジ径14mm)
ピッチ:P1.25
座面:60度 テーパー
首下:27mm
色:ブラック

上記仕様の物を在庫の4本を購入しました。313円/本 x 4 = 1,252円。これに送料が別途690円かかりました。合計1,942円かかりましたが、まあ、致し方が無い出費ですね。とりあえず、2本は使うけど、残り2本は在庫として保管しておきます。

会社から帰って来てから、早速、リアホイールの不足分のボルトを左右1本づつ、適正トルクで締めました。今後は気を付けないと!

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29583

スタッドレスタイヤに交換

大雪があったので、暫く使っていなかったスタッドレスタイヤに交換することにしました。

325iツーリング時に購入した以下の仕様の物へ交換です。

ホイール:BMW 純正ダブルスポークスタイリング156
タイヤサイズ フロント:205/55R16 リア:205/55R16
ホイールサイズ フロント:7.0Jx16+34 リア:7.0Jx16+34
            (5穴 PCD120 ※スノーチェーン装着不可)
スタッドレスタイヤ:ブリジストンREVO1 205/55R16

BMW118iの16インチのタイヤの場合、ホイールの仕様は以下の通り。
– ハブ径: 72.6 mm
– ホイール留め具: ボルト
– Thread Size: M14 x 1.25
– 205/55R16 7Jx16 ET40 5穴x120PCD

午後の夕方まで仕事だったので、作業は16:34から開始。仕舞っておいたスタッドレスタイヤを引っ張りだして作業の用意。各種、道具も久しぶりに引っ張り出しました。

車体を上げるジャッキは、レンチで電動で上げる分、体力的には問題ないけど、タイヤの上げ下げが久しぶりの体に鞭をうちます。交換時のボルトは、既存のボルトがそのまま利用します。純正ホイールの良い所ですよね。

ホイールは結構錆びていたり、スタッドレスタイヤも土がついていたりと、少し汚い状況ですが、あまりの寒さで水が凍っている状況では洗うのは流石に大変なので、見なかったことにしました。

4本交換して、ノーマルホイールは綺麗に保管しておきます。

既存のホイールからBMWのセンターキャップとバルブキャップを取り外して、スタッドレス側へ取り付けします。

スタッドレスへ交換した距離のODOは、18,653km。取り外した時の距離を記録すれば、どの程度走ったか把握出来ますね。作業時間は、約1時間かかりました。しばらくぶりだったこともあり、まあ、作業時間に関してはこんなもんかな?

2年程、利用していなかったので、空気圧が減っているので、近所のガソリンスタンドへ行き、タイヤに空気を入れてきました。一応、前2.2、後ろ2.4の空気圧としました。流石に16インチなんで乗り味はフワフワな感じですが、これで雪道の安心感はかなり変わりますね。過信は禁物ですが、ノーマルタイヤよりは安全に走行できるので、今年はあと何回雪が積りか分からないけど、そんな時でも安心ですね。

とはいえ、使用回数は数回であっても、経年劣化はあると思うので、そろそろタイヤは買い替えが必要かな。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29531

今年もBMWチャームを購入

今月は1年点検の月ということもあり、点検日の予約をしに出掛けました。初売りということもあって、そこそこ店内も混雑していたのですが、店長さんが対応してくれて予約しました。平日に自宅へ取りに来てくれて、当日中に自宅へ戻されることになりました。

2017年に引き続き、2018年度版のチャームを購入しました。

前年度と異なるのは、カーボン調のケースになったことでしょうか。こちらのほうが、シックなんで見栄えはいいですね。

早速、レバーの所に取り付けしました。

営業さんが変わったので、本当は新しい営業さんの顔を見たかったけど、お客様に対応中だったんで、またの機会となりました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29405

microSDカードお届けプランオービス&コンテンツデータダウンロード GWR70sd

オービス情報を年末なんで更新しようかと思っていたら、地図データと合わせてセールをしていたんで購入することにしました。オービスデータのみ更新は35日間限定プランで972円なんで、まあ、ギリギリ買っても良いか?!と思える絶妙な価格ではあった。

・microSDカードお届けプランオービス&コンテンツデータダウンロード GWR70sd 2,057円也

地図データが2016/12版(通常地図は2016年4月25日までに判明した2016年10月1日実施までの重要情報を反映しています。新規開通高速道路は2016年4月25日までに判明した2016年10月1日実施までの情報を反映しています。高速施設は2016年4月25日までに判明した2016年10月1日実施までの情報を反映しています。)に更新されました。この1年前の地図データは微妙な状態ではあるけど、第2東名とかは反映されたものだと思うのは大きい変化か。圏央道が反映されていればいいのだけど、2017/2/26が反映されないと古河から先のつくばまでは開通される前なので、そこが微妙なところですね。
GPSデータ(オービスデータ)は、2017/12までの最新が反映されたので、地図が無くてもデータで登録されていれば、通過前にある程度把握できるかもしれないけど。ここ最近はそんなに飛ばすこともなく、一番左側車線をのんびりと走ることが多くなったから、必要になることも少ないのは良いことか。

早速、届いたSDカードをレーダー探知機にセット。添付されてた説明書通りに実行しました。

特にデータ更新とかは無く、古いSDカードから新しい今回のSDカードへ差し替えれば作業終了でした。システム情報のコンテンツバージョンが、「10061712-」であることを確認し作業終了。

元のSDカードは、もう使えないそうです。まあ、これで暫くはまたレーダー探知機の寿命が延びました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29260

リアバンパーガード貼り付け

わんこがリアバンパーの上に乗っかってしまっても大丈夫なように、かなり前に購入しておいた3Mのクリアのダイノックシートを貼りつけることにしました。

ヒーターで温めながら作業をしたんだけど、この時期はすぐに冷えてしまうようで、思ったように伸ばしながら貼り付けが出来ませんでした。結論からいうと失敗です。

何回、こういうシート関係の作業をしても、自分にはうまく作業出来ることが出来なさそうです。安いとは言っても、そこそこの価格はするので、練習しようにもそんなに出来ようもないかな。

で、かなり贅沢にシートを使って作業してみましたが、よく切れるカッターの刃が無かったのも敗因だった・・・
面に合わせて余り部分をカッターで切り取る時に、軽くなぞっただけでは切れなかったので、切った端がギザギザに。

スクレーパーで空気を抜きながら貼り付けしたけど、、うまく空気が抜けないし、なぜか白く濁った感じでボツボツと。時間がたてば消えるかと期待したけど、そんな訳も無く。まあ、わんこが乗っても傷がつかなくなる目的は達成できるけど、ちょっと見栄えが悪いです。

仕方が無いので、暫くはそのままにしておくにしても、綺麗にしたいので、スプレー式タイプの剥がせるクリア塗装を施工することにして、物だけを先に調達しました。

色々と最近は種類がある中で、評価が高くて最近出たらしい以下の製品を購入。あまり耐久性なんか確認しなかったんだけど、6か月くらいまでということが、どこまでネガティブな感じで出てくるかが、実際の課題かな?

・エスデザイン TSM 塗ってはがせる 液体ラバー スプレータイプ 油性 グロスクリア 400ml 2,327円也
内容量:400ml
散布可能面積:1.0~1.2㎡(3回塗り) ※塗り方により面積は異なります。
乾燥時間:【夏季】20分~30分 【冬季】40分~1時間
耐熱温度:-35~100℃
耐久日数:~180日 ※保管場所や使用環境によって異なります。
使用可能素材:紙、布や木材等の染みこんでしまう素材以外

春まではこのままで少し暖かくなってきたころ合いに剥がして、スプレーしてみようと思う。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29167

ほとんど分からないリップスポイラー取り付け

基本、弄らないようにしていましたが、そんなにお金がかからないのであれば・・・と、

Amazonで安価な
・アンダー リップモール カーボン タイプ 汎用 アーチモール リップスポイラー フェンダー エアロ バンパー 1,800円也
仕様:長さ2.5m・幅5.5cm
を購入しました。

まあ、1800円ならば失敗してもいいかな?ということと、リップスポイラーならば見た感じは、ほぼ変わらないのと、気に入ら無くなれば取り外せばいいから。

本当は、左右端端に通すように取り付けしたかったけど、左右とセンターの窪みの処理がうまく出来ず・・・
諦めてセンターだけに、チラ見する形で取り付けしました。

久しぶりにスロープを持ち出してきて、車を乗せました。

長さをどこまでとするかは結構悩みながらも、センターリップの水平基調までの長さまでを取り付けしました。前から見た時には、2cm程がはみ出る感じで取り付けしました。3Mの両面テープだけだと、すぐに剥がれてしまったんで、結局、ネジ留しました。2mmのドリルで穴を開けた後に付属のネジで取り付けしています。

この程度であれば、パッと見も変化が無いし、リップを地面に擦った時には、この柔らかいリップスポイラーがクッションになってくれそうだ。

ただ、本当は左右にも綺麗にうまい具合にリップスポイラーとして取り付けしたんだけど、どうすれば違和感無く取り付け出来るだろう??
1シリーズは3シリーズみたいにメジャーじゃないから、こういうリップスポイラーなんかの後付けリップが売られていないんで、参考に出来るようなものも無く・・・なかなか難しい問題なんで、その内にでもかっこよく見える取り付け方法が分かれば作業しようと思う。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=28678

残念! BMWドライバー・サポート・デスクが買えなかった

遅い夏季休暇が始まったので、早速、以前気になっていた「ドライバー・サポート・デスク」を購入してみようと思いました。130円なんで、この機会に・・・と思ったのですが・・・

早速、ConnectedDriveにアクセスして購入しようとしました。

購入手続きに進むと、残念!オプション購入していたと勘違いしていたようで、さらにコネクテッド・ドライブ・サービス 44,000円を購入してね!と。。。

コネクテッド・ドライブ・サービスは、これらのオプションサービスを利用する上での基本サービスなんで、車を購入時に一緒に買っておいたほうが高付加サービスを利用出来ていいかもしれませんね。BMW乗りとしては。

もう、今更な感じなんで、買うのは諦めました(^^;

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=28550

118iにRAYS G07EXを履かせてみる

以前、325iの時に履いていたRAYSのホイールが履けるか検証することにしました。

履かせる商品の仕様は以下の通りです。
RAYS 57 MOTOR SPORTS 57 MOTOR SPORTS GO7EX 18インチ

      INCH SIZE    FACE  INSET HOLE P.C.D BORE
フロント 18   8 1/2J  FACE1  33    5    120  φ72.6HC
リア   18   9 1/2J  FACE2  35    5    120  φ72.6HC

118i M sportの純正品のサイズとRAYS G07EXのサイズは、以下の通り。

■RAYS
R18 → 18 x 2.54 = 45.72cm
225/40 断面高: 225mm x 0.4 = 90mm → 径 457.2mm + 90mm = 547.2mm
255/35 断面高: 255mm x 0.35 = 89.25mm → 径 457.2mm + 89.25mm = 546.45mm
■純正品
R17 → 17 x 2.54 = 43.18cm
225/45 断面高: 225mm x 0.45 = 101.25mm → 径 431.8mm + 101.25mm = 533.05mm
245/40 断面高: 245mm x 0.4 = 98mm → 径 431.8mm + 98mm = 529.8mm

実際、RAYSのほうはリアのタイヤサイズをワンサイズダウンすることで履ける範囲内に収める感じを想定しています。

例えば、
フロントでは、225/35だと225mm x 0.35 = 78.75mmなので、457.2mm + 78.75mm = 535.95mmと、2.9mmと誤差範囲となります。
リアでは235/30だと235mm x 0.30 = 70.5mmなので、457.2mm + 70.5mm = 527.47mmと、-2.1mmと誤差範囲となります。

では、実際に履かせてみましょう!で、久しぶりにホイールを外しました。118iを購入してから初めてのDIY作業になります。引っ張り出したるは、インパクトドライバー。コイツでジャッキアップします。電動なんで車を上げるのに体力を使わないのは、運動不足の体には丁度良いです。

で、リア側にRAYS G07EXを履かせてみます。すると、見た目はグッドですが、少し斜めから見ると、半端無くはみ出し量です。これは、RAYSのインセットが35mmということあってか、もともとの118iの設置位置からするとオフセット値があっていない状態です。

迫力はあるけど、はみ出し過ぎて問題外です。実際、この車に取り付けるには真上からのはみ出し量を計測してみると30mm程はみ出ているんで、インセットが65mmは必要な計算となります。

ということで、325iの時のリア用のG07EX face2は履くことが出来ないということが判明しました。

じゃあってことで、フロント用の8.5インチであればどうか?ってことです。えっちらほっちらと、外して再度フロント用のface1を履かせてみました。

見た目は悪くなく、なかなか良い感じです。パッと見た感じもハミタイには見えません。
とはいえ、やっぱりインセット33mmだと微妙に真上から見た時にはみ出ているように感じます。はみ出し量としては10mmも無い感じかな。本当に僅かって感じです。ツライチかな?って感じなんで、丁度良くも見えますね。

なので、フロント用のface1ならば有りかな?という感じになりました。後ろからの見た目も、実際のタイヤの太さからすると、結構な太いタイヤを履いているように見えるけど、実際は225/40 R18というのがメリットかもしれません。あまり太すぎるタイヤはパワーが無い118iには過剰な太さなんで、この位が丁度良いですね。

まあ、とりあえずG07EXを履かせてみましたが、4輪に捌けなければ交換出来ないので、暫くは大事に仕舞っておいて、また、履かせることが出来る車になるまでは保管しておくしか無いという結果になりました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=28301

ちょっと心惹かれる・・・BMWドライバー・サポート・デスク

以前から、このサービスが利用出来たら便利だよな~と思ってはいたけど、高くて中々手が出なかったんだけど、今日、久しぶりにConnectedDriveにアクセスしたら、こんなのやっていました。

1か月間だけど、購入してみようかな・・・と。130円ならばお試しにはいいかな。

□BMWドライバー・サポート・デスクとは
コールセンターのオペレーターが24時間365日、運転中のあなたに代わってさまざまな情報をお調べするのが、BMWドライバー・サポート・デスクです。目的地までの道のりや特定の飲食店などのロケーションも、車両の現在位置をベースに速やかにお調べいたします。車両とコールセンターはiDriveコントローラーの操作で簡単につながり、ハンズフリー・テレフォン・システムを利用して運転しながら通話できます。例えば、特別な日を演出する穴場のレストランなど、お客様の望まれる具体的なリクエストにも可能な限り対応いたします。オペレーターが調べた位置情報は車両に送信され、ナビゲーション画面に表示可能です。情報を得るためにその都度停車する必要がないので、BMWを駆る歓びも途切れることがありません。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=28234