み~

普通以下のサラリーマンですが、ガレージが欲しくて、住宅ローンが残っているマンションから注文住宅購入に踏み切りました。インナーガレージだと、真夏日・真冬日ともに車へのダメージが少なく、人にも車にも快適です。 暫く子供にお金がかかるため、お金をかけずに車生活を楽しみたいため、ダウンサイジングターボだけど、エコ&ファンtoドライブで楽しめるBMW 118i M Sportsに乗り換えました。 ■車歴 フォードプローブ2200GT(初代)、トヨタ セリカ2.0 SS-Ⅱ、トヨタ イプサム(初代)、スバル レガシィB4 RSK(BE)、スバル レガシィB4 2.0GT spec.B(BL)、VW Golf V Variant 2.0TSI Sportline、BMW 325i Touring M Sports、BMW 118i M Sports

最多コメントの記事

  1. RAY-BAN RB3447 112/4L 50-21購入 — 10 個のコメント
  2. さくらんぼ狩りと山梨ほうとう食の旅 — 6 個のコメント
  3. 完成 その4(キッチン) — 5 個のコメント
  4. 寄せ植え — 5 個のコメント
  5. 基礎工事 第一段階(最後の防蟻シート) — 5 個のコメント

Author's posts

那須高原へ日帰り旅行


最近、お出かけがなかったので、かねてより計画していた那須高原へのドライブ日帰り旅行へ行きました。
8:30出発高速を利用し11:30到那須の南ケ丘牧場着です。ここで、ボルシチを昼食で食しました。ネットで下調べしたときに、ここのボルシチが美味しいとのことでしたので、丁度、お昼に着くようにしていったわけです。
値段はちょっと高めの1200円でしたが、単品で注文すれば、780円と割安で食べることも可能です。
うちの娘は、ボルシチの肉を食べてたときに、無事に取れかけの歯が取れました。

ここでは、牛とひつじとヤギとのふれあい(入園料200円)と、うさぎの散歩(500円)を娘に体験させました。ふれあいというよりは、ヤギがどつきにきます。羊は檻から脱走しようと、虎視眈々と出口をチェックしておりました。娘はヤギにセーターをむしゃむしゃと食われるは、どつかれるはと面白おかしく過ごしました。
その後、「那須ステンドグラス美術館」(入館1,200円)にてステンドグラスを鑑賞しました。ここは、非常にお勧めな観光スポットです。美術館内は非常に落ち着く雰囲気の場所でノンビリできます。ステンドグラスも非常に凝ったものからシンプルなものまで、沢山展示されておりました。

喉も渇いたこともあり、コーヒータイムにしようということになりました。那須ステンドグラス美術館の敷地にもカフェがありましたが、他にも美味しそうなところがないか探すことにしました。
何気に通った道すがら、なにやら美味しげな感触がしたお店を発見したので、よって見ました。写真にあるモンブランケーキ(400円)ですが、非常に美味しかったです。

那須からの帰りはあえて一般道を利用して帰ってきました。
とにかくナビで「自宅へ帰る」設定をし、自宅への直線支持を目指して、ナビ案内を無視しながら、とにかく最短距離になるように帰ってきました。
途中経路では、那須からすぐに4号線を目指し、その後、4号線を横断したあと、真岡方面、茂木方面、益子、水海道、守谷方面を抜け294号を利用して帰ってきました。
全て、294号を走るまでは県道のごちゃごちゃした信号のない道をひたすら走ってきました。街灯もないため、レガシィくんのライトだけでは道路の行く先が!真っ暗闇で非常に目が疲れました。また、視覚的に突然道路がなくなっているように見える場所が何箇所かありました。
途中、お腹がすいたとのことで、宇都宮なら、餃子を食べようということになり、益子から一時宇都宮まで逆戻りし、餃子を食べていきました。
自宅への帰還は、那須にある「とりっくあーと」を17:30発で自宅には23:00ごろ到着となりました。(これは、もちろん宇都宮での食事タイムも含めた時間になります。)食事なしの移動時間は、おおよそ4時間程でした。
やっぱり、台風が近づいていたこともあるためか、道路も渋滞や混雑もなく、へんな遅い車に引っかからなければ、非常にスムースに運転することができました。久しぶりに景色の違う長距離ドライブで、非常に楽しめました。
しかし、最近年をとったせいか視力が悪くなり、夜の運転は非常に目が疲れます。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=146

レーシンググローブとフェイスマスク

今日、COMDIRVEへ受け取りに行きました。
レーシンググローブは、
 + レアーズ COMPETITION LICENSE Aレーシンググローブ
   THE MATERIALS SATISFY ISO6940 AS REQUIRED BY FIA
フェイスマスクは、
 + レアーズ BALACLAVAS フェイスマスク ジェットホール
   FIA8856-2000適合品 JAF公認 JAF-SP-EQ-133-05
レーシンググローブとフェイスマスクとなっております。
レーシンググローブが12600円。フェイスマスクが。6500円(消費税別)で、合計約2万円かかりました。
これで最低限のものは用意できました。
後は10月にある走行会を待つばかりです。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=145

Arai GP-5W商品到着

Arai GP-5W箱ヘルメットケース
箱の中身一式
発注してからようやく商品が到着しました。□
厳重に梱包されており、開けてみると「びっくり!」。青いヘルメットケースに入っていました。
当初、ケースも後で買わないといけないかなあ~と思っていたので、思いがけない、うれしい誤算でした。で、中を開けてみるとAraiのヘルメット作りのすばらしさを歌った説明資料と、取り扱い説明書が入っていました。サンバイザーについている傷防止のシールは、まだ、使うまではとらないでおこうと思いました。(貧乏くさいですが・・・□)
さっそくですが、被ってみましたが被り心地は最高ですね~。規格もSNELL-SAということで、事故を起こさない限りは長く使えそうです。ヘルメット被るときは、一応、フェイスマスクも被ってから使用しようと思っているので、汚れや汗で臭くならないように大事に使っていきたいと思いました。フェイスマスクとレーシンググローブは、「コムドライブ」にて注文致しました。フェイスマスクは、規格強化などにより新しく新商品となるため、少し時間がかかるとのことでした。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=144

サーキットデビューに向けての準備その2

ヘルメットが決まったので、次にレーシンググローブの選定を始めました。とりあえず、ネットなどで調べたところ以下のものが良さそうに思えました。価格帯もそれぞれ違うのですが、直接手につけるものということで、やっぱり、これらも試着してみたいところですが、なかなか難しそうです。まあ、気長にショップ探しから始めたいとは思います。
メーカー: OMP
製品名: グランプレミオ
色: ブラックまたはレッド
メーカー: OMP
製品名: レーシンググローブ Contatto
色: ブラックまたはレッド
メーカー: アルパインスター
製品名: F-1Tグローブ
色: ブラックまたはレッド
メーカー: デサント
製品名: DES-611
色: ブラックまたはレッド
メーカー: Sparco
製品名: SPEED
色: ブラックまたはレッド

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=143

サーキットデビューに向けての準備その1

10月にサーキットデビュー(いわゆる走行会)するため、必要なものを準備開始しました。
一応、最低限必要になるものとして、
 ・ヘルメット
 ・グローブ
の2点だそうです。
arai GP-5W (2005年モデル)
で、ヘルメットは実際にかぶってみて、かぶり心地がよかったのが「アライ GP-5W」という製品。友人もこれを購入したこともあり、私も同じものにすることに致しました。このGP-5Wは2005年モデルということで、視野角なども広範囲に見れるように改良されており、オプションも今後以降で選択する楽しみがあるようです。規格もSNELL SAということで全てのクローズドレースに参加が可能です。(初心者の私にはオーバースペックではありますが・・・)
当初、まず4輪用ヘルメットを取り扱っているお店というのが、非常に少なく実物を置いているところも限られているため、試着するということが大変でした。試着は、つくばサーキットの真横にあるMECCAというお店を、友人から教えてもらい、ネットで検索して場所の検討をつけてから行きました。
おばちゃんが対応してくれましたが、消費税込みで4.5万円程とのことで、しばらく考えると言って帰ってきました。
その後、ネットであれやこれやと検索したところ、「ホリデーショッピング」というところを見つけ、ここで注文することにしました。ここは、とにかくダントツに安いです。購入したGP-5Wが送料・消費税込みで、37,800円と激安!で、メールでのやり取りでも、なかなかちゃんとした対応で安心感もありました。
とりあえず、在庫がないとのことで8月20日以降からの出荷予定とのこと。早く来ないかなあ・・・ヘルメット□
次は、グローブを選ばなくっちゃ!!
そうそう、これらのお金はどこから出るかというと家計費からの捻出となりました。最初、へそくりを崩さないといけないかなあ~と思っていましたが、誕生日プレゼントとして購入してくれるとのこと。ラッキーでした。
これで、MINE’SのVX-ROMへの換装の夢は近づきつつあります。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=142

CPCペイントシーラント

■ CPCペイントシーラント
購入・施工してから、2年以上近くたった後の感想です。

新車時に施工したすぐ後は、もちろん新車な為、特に何をする必要もなく、塗装の光沢もありピカピカ感もあるわけですが、結局、普通のワックスとなんら変わらないように思われます。なんとなく、CPCを施工するとピカピカに感じたのは、新車だったからというわけです。

今現在、同様にお金を出して施工したとして、新車時のあの状態のようになるかといえばNOなわけで、そういった意味では、自分でコーティング系ワックスを新車下ろし時と同時に行えば、同じ状態になったと思われ、5万円もの価値があったかというと、**私は**なかったと思います。

ディラーの施工も雑ですが、毎年一回のメンテナンスも雑で、ところどころのエッジに拭き取り残しができるため、特に黒い塗装だとカッコ悪さ100倍ですね。

あ~、同じ5万出すなら、他のものを買えばよかったな~。
もちろん、新車購入時に無料で施工してもらうなら、特に弊害はないと思われるので、値引き交渉の追加事項として行うのは如何でしょうか?

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=141

ダマチューンがばれそうになった

今日、スーパーオートバックス柏沼南店へ行ったとき、店舗からの帰り道、車を正面から見られ、
かみさん曰く 「STIなんて青いやつ前からあったっけ?」
と、危なくバレそうになりました。
私曰く 「そうだよ。前から付いてたよ。」
と、シレッと言って回避しました。
危ないところでした。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=140

涼空にての洗車かな

久しぶりに汚かった車を洗車することにしました。外はもちろんのこと、エンジンルーム内もきれいさっぱり致しました。WAXをかけるとやっぱり輝きが違いますね。最近は、5万円も出してまでやったCPCペイントシーラント恩恵もなくなり、光沢がなくなったため、市販のWAXをかけることで輝き&スベスベ肌を持続させる必要があります。CPCメンテナンスを行っても、あまり輝かないため、市販品のほうが汚れ落とし&光沢がでていいですね。

エンジンルーム内も埃で真っ白だったため、中もきれいに拭き掃除をしました。
BOXER INSIDE
エンジンルームを空けた状態のB4くんは、なんか恥ずかしげな装いだ・・・

最後は、最近購入したマクロレンズを使い、アップ画面を写真で撮ってみました。そこそこのボケ描写かな?以前のミノルタのレンズのほうが写実が綺麗だったような気がします。今度、SONYがコニカミノルタのレンズを利用した一眼レフを発売するとのことでしたので、ちょっと楽しみですね。
STI performanceのランプ部とレンズ

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=139

地震(比較的大きかった震度5ぐらい)

今日ちょうど地震があった時間帯に、車に乗ってお買い物へ行っていました。
いつもの道でしたので、なんか、車がふらつくなあとは思いつつも、道のデコボコのせいかもということで、気にせず走っていました。暫くすると信号で止まりましたので、TVをつけてみるとフジテレビでは、関東で震度5ほどの地震があったことを伝えていました。
なんか最近大きな地震をみるので、震度5ぐらいではあまり体感的にも大きかったなあ~という感想がでません。。。
いいのか悪いのか、体が慣れてきてませんか?□

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=138

袋田の滝へ

今日、先日にもしもツアーズで紹介していた袋田の滝へ行きたくなったため行ってきました。
取手からは、谷和原ICから常磐自動車道を利用し、約2時間ほどの行程でした。
朝10:00に出発し、袋田の滝入り口に到着したのが、11:50頃でした。
ちょうどお昼だったため、先に食事をしてから滝を見に行こうということになり、近くにあった「思い出浪漫館 袋田温泉」にて食事しました。レストランは、「味の浪漫亭」です。

ここには、写真の通り飯島直子氏も来たようですね。同じ場所にてうちもここで家族写真も撮りました。また、車の写真が映っている場所だと日陰になっており、この日の炎天下であっても多少は車内の気温を下げることができました。
ここでは、釜飯がお勧めらしくお昼ごろでは既に完売とのことで、食べることはできませんでした。しかたがなく、みんなでそばとうどんを食べることにしました。これも、もちもちした歯ごたえで、美味しかったです。

その後、お腹もいっぱいになったことだし、滝のほうへ向かいました。

実際、行ったのは10年ほど前に1度行ったようなんですが、自分の記憶になく、ほんと、初めて行った感覚です。

トンネル利用料を300円支払い、涼しい気分を味わい、気分良く滝へ向かいます。□
で、行って見たのですが、確かに滝自体は大きく壮言な感じを受けましたが、あっという間に観賞が終わってしまい、ちょっと、物足りなさを感じました。途中、大雨にあってしまい、あまり旅先での「寄り道」ができなかったのが残念です。
この近辺では、そばや湯葉、シャモなどが名産みたいです。
確かに美味しい
長距離ドライブ?も久方ぶりでしたので、まあ、楽しく[★00頃になってしまい、3時間程かかりました。
そうはいっても、高速7割、町乗り3割で、燃費が11.6Km/l程の燃費で走れました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=137