Tag: Xperia Z5

純正オーディオにXperia Z5とリンク

118iの標準オーディオには、Bluetoothが標準で搭載されています。

今までは別途Bluetoothレシーバーを取り付けしてリンクしていましたが、標準機能としてもってくれているのはありがたいというか最近は当たり前になってきてくれたのかな?

まだまだ、覚束ないiDriveの操作ですが、
 設定→接続→Bluetooth
から「機器の追加」を選択。

接続待ちになるので、Xperia Z5側で接続先を探してリンクします。すると、以下のように電話と音楽の両方でリンクされました。
20160213010

これで電話も音楽もXperia Z5であれば運転中でも利用可能になりました。4台まで関係を持てるみたいなんで、かみさんと娘のそれぞれで接続できても、あと1つ残りますね。

実際、音楽を再生してみました。Xperia Z5だとSBC/AAC/aptX/LDACのcodecが利用可能ですので、比較的にbluetoothでも良い音質で楽しめる環境が用意出来ています。ただ、BMWの純正オーディオのbluetoothレシーバー側の仕様が未公開の為に、コーデックの対応として何が対応しているのか?が分からずという感じになっています。ディラーの営業さん経由で仕様を確認してもらいましたが、すべての伝手を使って調べたけど分かりませんでした・・・という回答でした。
20160213011

多分、SBCなんじゃないか?と言うことでした。確かにXperia Z5でBluetooth経由で再生した音は、あまり良いとは言えない感じでした。
Xperia Z5のミュージックアプリから、iDriveの画面を見るとちゃんと再生中の情報が表示されていました。通常は、ナビにしちゃうんでまずこの画面は見ることはないのですけど。

据え置き用としてiPhone4を接続して再生すると、そちらのほうがなぜか音質が良く聴こえました。iPhoneだとAACが使えるのか?

謎です。。。

そんなこともあり、私は車載ではiPhoneをミュージックポッドとして利用することにして、Xperia Z5からは再生しないことにしました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=23746

Z5用強化ガラスパネルを貼り付け

強化ガラスパネルを今回はシートではなく、強化パネルを今回貼ってみました。

色々と商品を見て回ったけど、やっぱり、買うには躊躇してしまう値段だったんで、本体と一緒には揃えられなかった。

ようやくネットで買っても良い価格のものを見つけることが出来ました。

・Premium Spade 日本製素材 Xperia Z5 強化ガラスフィルム 液晶保護フィルム 薄さ0.2mm エクスペリア ゼットファイブ SONY 398円也

ガラスパネルは初めて使いましたが、貼り付けが楽ちんですね。面に合うように落とすのが難しかったけど、気泡も入ることなく綺麗に貼り付けできました。
これはパネルの重さがシートよりも重いために、パネルの重みで自然と空気が抜けていってくれるためみたい。

20160213007 20160213008

使ってみて、指紋の後が目立つかな~。でも、操作時のフリップ操作も付けていない時と同じ感じで出来ました。

スクリーンを消している時は反射して鏡見たいになっています。

外で使って見やすいかどうか・・・

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=23672

Nexus5からXperia Z5へ

今まで利用してたNexus5ですが2年縛りが解けたので、2/1にY!mobileにて解約手続きしてきました。

また、MNPで電話番号もそのまま移行するため、予約番号を発行してもらいました。

Nexus5の解約自体は、とてもあっさりしていて、30分もかからずに手続きを完了することが出来ました。会社の帰りに寄っての手続きだったんで、とても助かりました。

帰った後、自宅のパソコンからDoCoMo onlineで契約をしたんですが、金曜になっても手続きが進まなかった為、2/5の朝一にキャンセルして、会社の帰りに秋葉原のヨドバシカメラにて契約してきました。

金曜の夜なので結構混雑していて、中々、話しかけるタイミングが難しかったんですが、適当に声掛けして対応してもらいました。
契約にあたり、事前にオンライン契約をしたこともあったんで、大凡自分が契約する内容を把握していたこともあって、かけ放題ライトとデータ通信Mプランとspモードのみで契約したいことを伝え、手続きをしてもらいました。途中、お勧めアプリを入れてもらえると契約時の手続き費用3240円が0円になるよと言われましたが、面倒な手続きを後からするほど暇ではないんで、追加アプリとか一切要りませんから!と強めに言って、とにかく契約処理だけ行いました。この3240円も今までのヨドバシポイントで支払ったので、とりあえずお財布は痛まなかったんで、いいかな?と。

ヨドバシカメラではダブルチェックなどしつつ契約することもあって、説明を最小限にしても30分程度はかかるようです。

程なくして契約が完了し、手続きが進むとMNPで電話番号が移行され、Nexus5のほうではアンテナが不通になりました。これ、解約したのにいつまでも通信可能だったんで、初めてMNPでの乗り換えだったこともあって、こうなるんだぁ~と知った次第です。

結局、毎月どれくらいかかるのかって、貰った資料だけでは判断できないんですね~

家に持ち帰ってから、箱を開けて自分色に環境を整えます。Nexts5ともこれでお別れ。Nexus5は娘が壊したスマホの変わりとして、娘に引き取って利用してもらうことになります。今度こそ、落としたりして壊さないでくれよ・・・と。本当は、娘がスマホ壊さなければ、そのまま使い続ける予定だったんですよね~
20160205001

Xperia Z5はNexus5と比べて、結構、ズッシリとした重さを感じますね。大きさは5インチから5.2インチなんで微妙にサイズが大きくなっただけですが、その微妙な大きさが結構な違いにも感じました。Nexus5と並べて比較しても、たいして差が無いようにしか見えないんですがね。。。不思議です。
20160205002

移行時に困るようなデータは特にアプリ側は無かったんで、Nexus5は初期化して娘に渡して自由にしてもらいました。

Xperia Z5のほうは、パソコンから前のアプリを遠隔インストールしつつ、OSのアップデートとアプリのアップデートを地道に実施。落ち着くまで只管バージョンアップを行いました。

Xperia Z5にした大きな理由は、DSEE HXなどの音楽機能に惹かれたことが大きいです。毎日の通勤時に、Bluetooth経由で聴くんですが、少しでも良い音で聴けると嬉しいなと。この機能は圧縮された音楽ファイルをハイレゾオーディオ相当にアップコンバート?して高音域を再現してくれる機能です。昔、パイオニアでやってたレガートリンクコンバージョンみたいな機能ですね。その当時もその機能が欲しくてCDプレイヤーも購入してたりしています。まあ、それだけでなくCDなのにターンテーブルに設置するという行為自体もいいなあ~と思って選択したけど。で、DSEE HXを有効にしてしまうと、その他のClearAudio+、サウンドエフェクト、ダイナミックノーマライザーの機能が無効になって使えなくなってしまいます。

ちょっと、触って気が付いたことは、プレインストールされているPlay(ミュージック)ってアプリでないとその機能が使えないということでしょうか・・・
今までRocket Playerだったんで、そこがちょっと戸惑うところです。まあ、慣れの問題でしょうけど。

後は今のSONY製ヘッドフォン(MDR-10RBT)が2年を過ぎて来ていることもあり、次はLDAC対応のヘッドフォンを買い足すか・・・という感じですね。

早速、Xperia Z5にペアリングしてみました。Nexus5ではaptXに未対応だったんだけど、Xperia Z5はaptXに対応していて、ペアリングしたら自動的にaptXと表示されて接続されました。確かにLDACだけでなくaptXにも対応してくれているのは助かりますね。今まで憧れていただけでしたが、ようやくaptXユーザになりました。

再生音も、Rocket Playerに比べると、Playのほうで再生したほうが気持ち音質が良く聴こえますかね?気のせいかもしれませんが・・・(^^;

音楽の管理は、今まで通りiSync経由でパソコンのiTunesで管理しているプレイリストから転送が良いので、その運用方式はそのまま踏襲しました。プレインストールされているPlayは、フォルダ指定が出来るんで、それを指定すると転送されたプレイリストも表示され、問題なく再生が可能でした。

結構、何だかんだ環境整備していたら、24時になってしまい、疲れたんで一旦作業を終了にしました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=23569