Category: 整備

Wiggleで購入したパーツをスコットに取り付け

購入した時に販売店の都合で、こちらの趣味でないデザインのパーツを買わされた感があったので、今回、セールを実施しているタイミングで交換したかったパーツをWiggleで購入しました。ついでに、消耗品の類であるタイヤなんかも合わせえて購入しました。

購入して今回交換するパーツは以下の通り。
・DMR – V12 マグネシウムフラットペダル グレー ワンサイズ 6,589円
・Fizik – Cyrano (シラノ) R5 ステム ブラック 90mm 4,395円
・LifeLine – アロイバルブキャップ ブラック 373円

アルミキャップは高価なやつはすぐに盗まれてしまうため、地味だけれど、プラスチックの安っぽいものでは無く、アルミ製の物に交換することに。

後は純正品のステムはそれなりのデザインで良かったんだけど、ポジション修正する上で短めのステムがいいということになり、物を選ぶことも出来ずにunoというステムに交換されていたのですが、ボディの色味と合っていなくて、乗るたびに気になっていたところでした。元々はSyncros RR2.5 Stem 100mmが付いていたんですよね。デザインはこちらのほうが良かったんだけど、確かに100mmは長くて遠いのは確かだった。

今回は、ボディのマットブラックに近いFizikの物へ交換することにしました。90mmと今のやつより10mm程長いのですが、大分慣れてきたのと、わざと逆に取り付けされてポジションを低めにしていたのを、元の文字が読める正側に取り付けすることでアップライトに乗るように修正することにしました。別にレースに出たり速く走る必要(普通に流して走るので十分)もないので、楽な姿勢が一番ということで体を起こすポジションへ変更です。

ペダルも購入時にボディが生えるような色合いでということでガンメタの物を買いたいと言ったのに、これしかないと言われて妥協したペダルを付けていましたが、こちらもデザインと色味の気に入った物へ交換です。

正直、欲しい物では無く、お店(ENERGY(エナジー))の都合で買わされた感が、1年以上経ってから感じるこの頃となり、もう二度とプロショップみたいなところでは買わないと誓うのでした。正直、知らないことを良いことに、適当なウンチクを並べて、都合の良いものを押し付けられる感じしかないので、よく考えてから購入したほうが良いです。

で、そんな感じで余計な出費がかかる訳ですけど、まずは、ステムから交換作業開始。こちらが交換するFizikのステム。長さは少し悩みましたが、あまり短いと今のようにかっこ悪くて見栄えが良くないので、80mmか90mmで悩みました。上側に角度が付く分10mm現状よりも長くなってもポジション的にはきつく無いと思われる為、90mmをチョイスしています。

現在のステムunoを取り外します。トップキャップのボルトを緩めトップキャップを外します。クランプキャップを外し、後はステムの各種ボルトを緩めてバーハンドルを外してから、ステムを取り除き。

外したやつと、新しく購入したステムを比較。Fizikの方が少し太めな感じでごついです。形状のデザインと文字のバランスも良い感じで、コイツに交換します。

長くなった分、手を置く位置が奥側に移動。その分、ハンドルを握る位置が上がっても体の重量配分的には前とあまり変わらない感じで前傾姿勢が取れる感じです。真っ直ぐの手前側を握ればアップライドで乗れるので、このほうが理想な感じかな?

ハンドル周りの色味もいい感じになりました。

次は、ペダルを交換します。ペダルはペダルレンチ15mmで取り外しました。新しいペダルは17mmなので今のペダルレンチが使えないのが少し痛い。。。
真っ黒なペダルからシルバーのシュっ!としたデザインのペダルに交換です。滑り止めが付いているんで雨の日でも安心ですね。こいつは、マグネシウム製で少しだけ軽いんですよね。
反射板が無くなるので、夜は少し心元無くなるのが難点ですけど、バックライトと普通に反射板はボディにも一つついているから問題ないかな。

久しぶりにペダルを取り外しましたが、まだ1年くらいなため、固着していないので、簡単に外せました。

最後にバルブキャップを交換です。

一通り作業して、水分補給しながらマッタリと疲れを癒します。ビール飲んじゃったんで、乗って確認出来ていないけど、ここ最近の異常な暑さの中、自転車乗るのは自殺行為なんで、涼しくなってきたら少しだけ走ってみて具合を見ようと思います。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30225

ロードバイクを洗車

ステムのところに鳥の糞みたいなのが付着していたのが気になったんで、洗車することにしました。

まずは全体をブラシを使いながら水をかけて洗います。そんなに汚れてはいなかったんで軽く洗い流すだけで綺麗になりました。
仕上げにブロアーで水滴を吹き飛ばして、軽く拭き上げて終了。

これで週明けの通勤で気持ち良く乗れそうです。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30097

ロードバイクを洗車

かなり汚れてきたんで、ボディの洗車とチェーンの油さしを行いました。

ボディは、柔らかい水でブラシを使って汚れを落としました。その後は、ブロアーで水滴を吹き飛ばして、柔らかい布巾で乾拭き。

タイヤも白くなってきたんで、やっぱり、黒く無いとボディが引き締まらないので、タイヤを黒くすることに。車用の「タイヤ一発!」

今までタイヤ自体を掃除したこと無かったけど、やっぱり、タイヤが黒いと見た目が良くなりますね!思った以上に、真っ黒になってくれました。

ただ、やっぱりタイヤはマメにメンテナンスしていかないと罅が入って見た目も良くないので気を付けないと駄目ですね。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29976

オンザロードでメンテナンス

購入した時から、イマイチ調子が悪かったスコットスピードスター21。

買ったところは、牛久のエナジーですが、メンテナンスに持って行っても、ちゃんとして納車してくれるか不安だったこともあり、近所のオンザロードへ乗って持って行きました。やっぱ、近いっていい!
最近、ホームページで知ったんだけど、別にメンテナンスであればトレックでなくても受付てくれるようだ。新年度にもなったんで、気持ちよく乗りたいこともあって、早速、時間が出来た今日、持って行きました。

早速、ギアの変則が調子悪く、前後のディレイラーの調子が悪いこと。そして、かなり前に購入していたULTEGRAのブレーキ前後を交換依頼しました。

一応、見積もってもらい幾らかかるか確認しました。
・シフトケーブル交換+調整 4,320円
・ブレーキケーブル交換+調整 4,320円
・シフトインナーケーブルステンレス 324円x2=648円
計 9,288円也

ブレーキは、やっぱり渋めのガンメタのアルテグラは、このスピードスター21のボディ色にあっていますね。細かい、ブレーキフィーリングなんかは、良く分からないけど、テクトロよりも効きとコントロール性が上がって入れば嬉しいかな。



後ろ

肝心のフロントディレイラーの調整ですが、どこのギアもスムースに変則出来るようになったし、自分ではどんなに調整しても音鳴りが無くならなかった調整が完璧!!流石にプロの仕事です。30分程度で作業を終えましたしね。

エナジーでは駄目でしたが、オンザロードでは短い時間であっという間に調整してくれています。それも完璧に。トレックで欲しい色とデザインの自転車があれば、今後はオンザロードで買うのがいいかもしれないですね。

どうやらディレイラーの位置が少し高かった為に、どんなに調整しても調整できなかったようです。0.8mm程下に下げることで、音鳴りもしないように調整出来たようです。左側のレバーを使ってトリム調整出来ることを初めてしりましたが、トリム調整で誤魔化すのではなく、基本の状態で問題なく変則出来るようにしてもらえました。

リアディレイラーの調整も、合わせて記録してネジの位置などの適正状態を覚えておきます。

お店から家までの帰りの走行も、変な音がしないでスムースに乗れるようになったことで、気持ち良く乗れるようになりました。

家に着いてから、コーティング剤でコーティングして、少し拭き掃除を行い綺麗にしました。また暫くはこのままで乗れそうですが、メンテナンスが必要になったらオンザロードへお願いしようかと思います。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29812

ロードバイクのライトを新調

以前購入したLEDライト(Phixton L2)が、走行中にモードが勝手に切り替わったり、電源も入り辛くなったので、新しく購入することにしました。

以前はLEDの種類?がCREE XML L2というやつでしたが、今回のはCREE XP-L2とかいう一番新しいLEDのものになり、一応、うたい文句では1200ルーメンと爆光ライトのものです。

購入したのは、
・WUBEN CREE XP-L2 LED搭載 2,599円
です。

18650充電電池(2600mAh)が付属されていて、USBケーブルで直接充電も可能。ロードバイクに取り付けちゃんで、USBでの充電は行わないけど、いざという時にモバイルバッテリーから充電できるのは便利かも?ということで、本製品をチョイスしています。

利用前にUSBで充電。充電中はLEDが赤く点灯していて、充電完了すると緑に点灯します。

以前のLEDライトと比較してみると、新しいほうが少しだけ全長が長いのと、太さが変わるので、取り付け場所をどこにするかと検討が必要でした。
とりあえず、細い箇所では無く、前方の太めの箇所で固定することにしました。そのほうがガッチリと固定出来そうだったから。。。

ロードバイクに取り付けした時に、照らす箇所が下過ぎていたので、少し水平方向へ調整しなおしました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29796

ロードバイクのメンテナンス

ここ最近、雨が降ったりして汚れてきたんで、コーティングもついでにして、小奇麗にすることに。

まずは、チェーンを水洗いして汚れを落としてから、パーツクリーナーでもチェーン自体、綺麗に汚れを落としました。前回の整備時にチェーンブルを付け過ぎていたようで、チェーンの汚れの付着が酷かった。今回は拭き取りした時点でも、チェーンオイルが付いているようだったんで、このままとしました。
スプロケットも今回の清掃で大分綺麗になりました。

しかし、タイヤは結構ボロボロになってきた。中のチューブはまだ大丈夫そうだけど、タイヤ自体は交換が必要になりそうだ。次のタイヤは何にしようか・・・
どうせならば、700x25Cから700x23Cに変更しようかな?

仕上げに車用のコーティング剤を使って、ロドバイクを塗装します。やっぱり面倒だけど、乾拭きしないと綺麗にならないですね。ナノ粒子コーティングで全体を薄く塗布しては、綺麗に拭き取りして完成です。

シートなんかもコーティングしたんで、白っぽくなりつつあったシートが真っ黒に復活しました。これで暫くは綺麗な状態で毎日通勤できそうだ。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29129

SCOTT スピードスター清掃

普段使いのロードバイクが汚くなってきたんで、綺麗に清掃しました。

水を流しながら柔らかいブラシで汚れを落としました。それにしても、綺麗にすると傷が目立つ。やっぱり、駐輪場なんかに駐車するから、ママチャリとかの重い頑丈な自転車にガツガツとぶつけられて傷がつくようです。

綺麗に汚れが落ちた後は綺麗に水分を拭き取りして作業終了。最後は、このままだとチェーンが錆びてしまうんで、オイルをチェーンに吹き付けました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=28753

ケイデンスセンサーを取付け

今日は午前中の中途半端な時間しか空き時間が取れそうもなかったんで、取り付けを保留していたケイデンスセンサーを、ビアンキに取り付けすることにしました。

パッケージを開けると、こんな感じ。本体は思った以上に小さいです。スマホ(Xperia Z5)と比較すると、その小ささが分かりますね。付属物を確認すると、マニュアルが付いていなんで、どのように取り付けするのかが不明でした。が、まあ、こんな感じかな?と適当に取り付けすることにしました。

まずは、アプリに認識させるためにruntasticアプリを起動してデバイスの認識を行います。そもそもbluetooth接続しないといけないので、設定から「デバイスセンサーに接続」をすると接続出来ましたと表示されました。

で、アプリに認識が終わると、実際にビアンキに取り付けしました。ケイデンスセンサーは、ペダルを外してから取り付けします。左側のペダルは、時計周りに回すことで外すことが出来るのですが、久しぶりに取り外すので、中々、外すことが出来ませんでした。でも、外れてしまえばゴムバンドになっているから、簡単に取り付け出来ます。

本体の脇を通るように、センサーの位置を決めます。横を通ると青いLEDがピカピカと光るので、それを元に認識しているかどうかを判断します。

リアホイールの白い箇所にスピードセンサー用の磁石を取り付けします。こちらも本体からL字型になっているバーのところを通るように調整します。こちらの反応は、赤いLEDがピカピカと光るので、それで認識しているかを判断します。

で、実際にruntasticで表示できるかを確認するために、いつものサイクリングコースを走りました。走り出し時、速度は表示されるのだけど、ケイデンスが表示されません。。。
あれこれ弄り位置を調整したりしても、ウンともスンとも言わないので、帰ってきてから、他のアプリで確認してみるか・・・と、Wahooのアプリをインストール。その時に、Wahooのセンサー用ツールアプリを見つけたので、こちらもダウンロードします。

まずは、ツールアプリを起動して認識させると、デバイスのファームウエアのバージョンアップが出来るじゃないですか!購入時のバージョン2.0.6から2.0.9へアップデートできるようなので、早速、実行します。

最近は便利な世の中で、こういうツールで無線で更新出来るようになっているんですね~。素晴らしい!
2分くらいでダウンロードが終わり、引き続きファームウエアのアップデートが実行されました。

このデバイスツールには、認識したデバイスの各種情報も参照できるので、手動でクルクルとタイヤを回したりペダルを回したりして、センサーの反応を確認します。すると、ケイデンスも速度も反応して数値が変化します。

runtasticアプリでも同様に再度デバイスを認識しなおして接続します。今度はすんなりと接続できたような気がします。同じように手動でペダルをクルクルと回してみて、ケイデンスの値が変化することを確認。

ファームウエアのバージョンアップ前では、速度が10km/h単位でおかしな値を表示していたが、それもなくなってスムースな値の変化に変わりました。
また、ケイデンスもペダルの量に合わせて値が変化するようになったので、まともそうな値に変わりました。まあ、多少の誤差はあれど目安なんで正確性は求めませんが、あまりにもデタラメな値だと取り付けした意味が無くなるので助かりました。

近所をグルっと回ってみて、アプリのセンサー値が正しそうなので、これで作業終了です。また、無意味に走らせるのではなく、自分のケイデンスが把握できるようになったんで、他の人とどれだけ体力的に劣っているかを把握できるようになったのが大きいかな?(^^;

とりあえず、取り付けとテスト試走で疲れたので、今日はもういいか・・・

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=28594

ロードバイクのチェーンメンテナンス

本来ならばマメにチェーンのオイル注入など、清掃も含めて実施しないと駄目なんですが、なかなか、仕事終わってから夜中に作業とかは、やる気がおきず・・・

また、祝日においても重い腰をあげて作業する気にならなかったため、雨の日も乗り回している普段使い用のスコット スピードスター君は、比較的に酷使利用され続けていました。

午前中、比較的に日が陰っていたんで、ガレージ内でメンテナンスを久しぶりに実施しました。

ウエスでチェーンの汚れを拭き取りつつ、チェーンブルでオイルを注入しながら、余計なオイルを拭き取り。ウエスは真っ黒になりましたが、思ったよりは汚れていませんでした。

また、自転車立てですが、毎日使っている内に位置がずれてきてしまったのと、動きが渋くなってきたんで、バラシて組み立て直しながら、シリコンスプレーを噴きました。また、緩んでいたネジも締め直しました。

ボトムブラケットへの取り付けし直し時には、少し足を引っ掛けやすくするために見栄えは捨てて、少しバーの位置を下側にくるように取り付けし直しました。

ガタツキも治り、足を引っ掛けやすくなったんで、使いやすくはなりました。見た目はカッコ悪くなりましたが・・・
でも、このスタンドは非常に便利で、これ無しでは駐輪場に駐車する気になれませんね。駐輪場にロードバイクで来て停めている人は沢山いますが、地球固定するのにセパレートするバーに寄りかけて駐輪するもんだから、邪魔で仕方がないんですよね。自転車屋もそれでよいとか言っていたが、非常に迷惑千万で周りのことを考えていない人という感じで非常に感じが悪いです。

まあ、そんなこともあって自転車スタンドは公共の場で駐輪するには必須ですね。綺麗になったんで、家の周りをチョイ乗りしてみて不具合がないことを確認し、軽くふき掃除して作業終了です。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=28553

スコットスピードスターのチェーン清掃

毎日使っているスコットのスピードスター。買ったお店がメンテナンスするなって言われたんで、何もしていなかったんだけど、流石にチェーンが汚れてきたんで、気になってしまい、今日、清掃してオイルを吹き付けることにしました。

使うのは、いつもの556で汚れを落として、その後にスーパーチューンルブでオイルを吹き付けします。

まずはチェーンを綺麗に清掃します。556を吹き付けては、クルクルと回して汚れを拭き取りました。もう、真っ黒です。やっぱり、最低でも月一程度は清掃しないと気持ちが悪いですね。

556を綺麗に拭き取ったら、オイルを同じようにクルクルと回しながら吹き付けていき、余剰分をタオルで拭き取っていきました。

ギアのほうも汚れを落としつつ、オイルをタオルに付いた分だけで先端をちょこちょこと拭く感じで汚れ落としました。綺麗になると、やっぱり気持ちがいいもんです。近所を試走してみて、チェーンも綺麗な音がなるのを確認し、ギアチェンジも気持ちよく決まるんで、走ってて楽しいです。

無料の点検で持ち込み出来るんだけど、ノーマルに戻すのが面倒で、持ち込みしに行きにくいのが難点です。やっぱり、ネットで購入するので十分だということが分かったのが今回のスコットのロードバイクを買った一番の収穫だったかもしれないです。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=28288