Category: パソコン関係

デスク周りの整理

MacBookProをシェルモードで利用できる環境が用意出来たので、デスク周りを整理しなおしました。

現状はディスプレイ2台でしたが、デスクがごちゃついていて、なんだか見苦しいのでディスプレイは新しいDELLのUSB-C入力対応の1台体制に変更です。

また、ディスプレイが2台の為とUSBハブが無いせいで、電源タップ周りもごちゃついています。MacBookPro用の電源アダプターが、そこそこの大きさなのと、色が白い為に非常に目についてしまいます。

接続しなおして、以下のようになりました。ケーブル類もディスプレイの電源ケーブルとWindowsパソコンとのHDMIケーブル1本。そして、キーボードとマウスの細いケーブルとなりました。デスク上はかなりスッキリとしましたね。

iPadもディスプレイのUSBポートを使って充電したりできるのが非常に便利です。
当初、ディスプレイとMacBookPro間の接続はMacBookに付属していたUSB-C充電ケーブル(2 m)で接続したんだけど、なぜかディスプレイが表示出来ず、仕方がないのでディスプレイ附属のUSB-Cケーブルで接続したら、ちゃんと表示されるようになりました。

因みにMacを利用する場合はこんな感じになりました。しかし、まだMacは使い慣れていないせいか、使い勝手が悪いです。マウスの反応がイマイチ悪いので、何回も移動させないポインターが目的の位置に移動しないのがメンドイです。マウスパッドを使えば状況も変わるのかな~?

Macをシェルモードで利用できるようにはなったけど、音楽再生などは今はWindowsのほうが良いようだし、7年前くらいの自作PCもまだまだ十分に活躍してくれているんで、Mac側へ完全移行とはいかなさそうです。

たまに触ってみて、「う~ん・・・」と悩みながらブラウザを使うくらいでしょうかね。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30718

USB-C接続対応ディスプレイ購入

WindowsとMacBookProで同じディスプレイを共有して使う為に、最後にディスプレイも新調することにしました。本当は4K対応のUSB-C接続対応モデルが欲しかったけど、27インチとかでもとんでもない価格で、もう無理。手が出せません。

そんなこともあって、どうしようかと悩みに悩んでいたんだけど、価格.comからセールスで2万円ちょっとで買えるDELLのディスプレイがあるじゃないですか!

ネットの色んな所で紹介記事が掲載されていて、中々良さそうだと判断し、ポチってしまいました。これはDELL直販モデルの為、ポイントどうこうで購入できないので、クレジット支払いで全額足が出ています。

・Dell プロフェッショナルシリーズ P2419HC 23.8インチ ワイド USB-C モニタ 22,982円也
ベース:
Dell 24 モニタ – P2419HC
ベース 保証:
3年間プレミアムパネル保証, アドバンスト交換サービス (6営業日9-17時)

USB-Cの入力対応で今の所最安だと思われます。色々と探しましたが、他には見つけられませんでした。後悔するとしたら4K対応ではないことでしょうか。FULL HDなので、まあ、今までのディスプレイと同様なので画面の大きさなどはデスクの上に置いた時に圧迫感が無いサイズということで良い感じではあるんですけど。

ポチってから4日程度で家に配送されてきました。

箱を開けるとケーブル類と台座などが見えます。ありがたいのは、USB-Cのディスプレイケーブルも付属していることでしょうか。ケーブル貧乏になりかねないので、附属してくれているのは助かりますね。使いませんがHDMIケーブルも付属されています。今使っているWindowsとの接続で利用しているHDMIでは無く、付属品のほうがケーブル長が丁度良いかもしれないけど。

これらを取り出してディスプレイ本体を確認。今回、これを選択した理由である入力ポートを見ると、ありますね。USB-Cポートが!オレンジの蓋されている所は、カスケード用の出力ポートですね。後は、背面にUSB-A出力ポートが2つ。再度にも2つUSB-Aポートがあって、何かとUSBハブとして重宝しそうです。

組み立ててデスクに置いてみるとこんな感じになりました。額縁が狭くなり何となく今までのディスプレイから変わったので、少し違和感がありますが、すぐに慣れるでしょう!

これで、MacBookProをシェルモードで使う為の環境が全て整いました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30711

MacBookスタンドBookArc for MacBook購入

MacBookProをシェルモードで利用する上で、スタンドが欲しいということで購入しました。

当初は、木製で出来ているスタンドが欲しいなと思っていたんだけど、2018年度モデルのノートパソコンにあった物はなく、どうしても旧MacBook Airなどのサイズに合わせた製品しか見つけれませんでした。購入した人はみなさん?少しくらいの傾きは気にしていないようですね。

仕方がないので、高いけどFOCAL POINTで販売されている
・TWS-ST-000038 BookArc for MacBook – スペースグレイ 7,340 円也
をヨドバシカメラで購入しました。

これもポイントが3,708ポイントあったんで、約半額の3,632円での購入です。

Amazonで見た木製とかのやつは凡そこの位の価格帯だったんで、ポイントを使ったからこそ購入に踏み切れた感じです。

こちらもMac製品に関わるものだからか、箱がただならぬ高級な感じのすっかりした箱でした。中を開けるとワインでも入っているのか?と思わせる仕上がりの箱です(^^;

中には、サイズ違いの固定用ゴム2式とマニュアル、ステッカーが入っていました。

マニュアルを確認すると、MacBookPro13用は、どうやらサイズ「D」のやつみたいです。サイズDに嵌めなおします。

まあ、高価だったんで価格也に高級感のある製品の見栄えと仕上がりで、MacBookProのグレーと同色で、置いた時にもしっくりと来ます。とはいえ、Apple製品はどれもこれも高価な製品ばかりで金食い虫ですね~。

スタンドに立てた感じ、しっかりと嵌ってぐらつきは一切ないです。本体に傷をつけるようなこともなく、非常に安定して置くことが出来ました。ただ、大きな地震があったら倒れるでしょうけど。。。

マウス、キーボード、スタンドときて、今後はUSB-CケーブルやThunderbolt 3ケーブルなどを買う羽目になりそうですけど。ケーブルがバカ高いのも非常に困ったちゃんですね。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30704

Magic Keyboad購入

MacBookProをシェルモードで利用するために、キーボードを購入することにしました。Macのキーボードってあまり選択する数も無く、Windows用のキーボードをキーマップを変更して使うか・・・とも悩みましたが、結局、無難に純正キーボードを選択しました。

なぜかというと、初心者でる自分がショートカットキーや機能キーなど、何かと利用時にやっぱりMac専用のほうが悩まずに済みそうかな?という気がしたから。

悩んでいた時には、以下を候補として検討していました。
・LOGICOOL k380
・Apple Magic Keyboard (JIS) MLA22J/A
・Happy Hacking Keyboard Professional BT PD-KB620B
・FILCO Majestouch Convertible2 FKBC108M/JB2

理想はHappy Hacking Keyboard Professional BT PD-KB620Bだったんだけど、価格がネックでした。また、Mac用ではなくWindows用ということでキー種別がMacとは異なることでしょうか。後は今使っているFILCOのキーボードと見た感じが被るし、同じようなキーボードだしなぁと、いちいち理由付けをして避けました。

他も同様にやっぱり微妙なんですよね。価格的に一番の候補だったのは、LOGICOOL k380だったんだけど、なんか後で後悔しそうかな~という理由で辞めました。

最終的には最初に記載した通り、純正品で比較的に安価で良さそうだからということで決めました。ビックカメラで10,573円也でした。

Apple製品は、梱包されている箱がしっかりとしていて、買って手元に届いた時の購買時の満足度をあげてくれますね。こういう所は他社も見習ったほうが良いような気もしますが、無駄な梱包にコストをかけているので、これを簡易的な普通の箱にしたら500円くらい安くならないのか?とか考えてしまいます。

箱を開けると綺麗にキーボード本体が収まっていて、取り出すとその下に充電ケーブルとなるLightningケーブルが収まっていました。後は簡易的なマニュアル?みたいなペラ紙。

キーを触ってみると、MacBookProのキーのようにヘコヘコした感触ではなく、ポチポチという感じの感触で、打ち心地は比べるも無く非常に良いです。まあ、ノートのキーよりは良いというだけで、Windows用で使っているFILCOのキーボードと比べると駄目なキーボードではあるんですけどね。。。

また、マウスと合わせて白いカラーで合わさっているので、見た目の統一感も良い感じですね。(MacBookProはグレーですけど。。。)

ただ、これでシェルモードで利用できることで、ノート側のキーボードはあまりタッチする必要性が無くなるので、綺麗に使えるようになりますね。数年後、中古ショップで買い取りしてもらう時に、殆ど、キーに触れてない新品同様の状態で売り出せるので、状態は最高のまま引き渡せそうです。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30702

オーディオ環境の整備(備忘録)

今年はなんだかんだで散財してしまっているんで、もう新しく物を買うことは無いだろうということになりました。現状の不満点は沢山あるけど、とりあえずはパソコンを立ち上げなくても音楽を楽しめるようにはなりました。ただ、iPadのアプリが微妙にデザインが悪いということくらいでしょうか。。。

で、今まではパソコンうを使って以下のような環境でした。この環境も有償のアプリをfoobar2000に導入しての環境です。それもこれも、maranzのNA7004が古くなってしまった為にAirPlayが使えなくなったせいです。それでも、なんとか以前のように気軽に音楽を楽しむ環境は出来ていました。

これにiPadが追加されて、パソコンを起動しなくても楽しめるようになったのが、以下の環境。dlna環境を利用した再生環境ですが、この環境は上記のfoobar2000で聴く環境よりも音質が下がるようです。foobar2000を利用することによる音質の明瞭感が無いのです。。。まあ、気軽に楽しむというコンセプトは適えているので、これはこれで有りなのですけど。

で、今は死蔵しているMacBook Proをどうにかしてメインに据えるべく、今後の環境は以下のように整備される予定です。この環境はMacも気軽に利用出来るようになるとこんな感じになります。また、本当は今年中には購入したかったUSC-DACが導入されて初めて実現します。

所々、買い替える場所を変更することで、本末転倒にならなく余計な予算をつぎ込まなくてスッキリとする構成もあるのですが、それだと、1製品に10万近く予算を当てないといけなくなるので、なかなか今の小遣い事情だと厳しい。。。

予算があれば、買い替えして理想の機器構成にしたいと考えてしまいますが、それするには中古品を買うとしても200万近くないと自分の理想にはならないし。。。現実的には厳しいですね。既に廃番で新製品では手に入らない物で欲しい物がありますが、今現在も人気があるようで手に入れるには相当の価格です。

あまり大げさな場所を取るようにしてしまえないので、デスク周りにこじんまりとした構成にしつつ、気に入った音で音楽が楽しめるようにしていければいいのだけど、とりあえずは、現実的にはDACを追加するくらいかな~。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30681

MacBookProのTimeMachineを有効化

購入したはいいが、まだ、まともに使ってもいないMacBookProですが、勉強がてらバックアップ環境を整えることにしました。

Macでは簡単にバックアップ出来る仕組み「Time Machine」が用意されており、これにより、「この機能を使って、App、音楽、写真、メール、書類、システムファイルなど、すべてのファイルを自動的にバックアップしておけます。バックアップしてあれば、Mac から削除したファイルでもバックアップから復元できます。Mac のハードディスク (または SSD) を消去または交換した場合でも大丈夫です。」ということで、やって置いて損は無さそうです。

で、Time Machineを利用するにあたっては、外部ストレージが必要になるのですが、一番に思いつくのはiCloud Driveですが、こちらは無料の5GBしかない為、バックアップには利用出来ません。。。

iCloud Driveは、iPadやMacBookとの共有ドライブとして、何かと重宝しそうなので、バックアップのような使い方で消費したくありません。。。

で、色々と調べているうちに、我が家の古いNASであるバッファロのLinkStation LS-QVLC67に、Time Machineの機能を有していたので、こちらを利用することにしました。設定は、簡単。

Time Machine専用の共有フォルダを作成し、Time Machineの設定時に専用の共有フォルダを指定して有効化するだけでした。

その後、Macに戻りTime Machineの設定をします。この時にバックアップディスクの選択時に、LinkStationの領域が見えてくれているのでそれを選択。

後は「バックアップを自動作成」の有効化をすれば、バックアップが行えます。初回は、手動にてすぐにバックアップを実行させました。最初のバックアップはフルバックアップなので、ディスクの利用している部分を丸々バックアップされるために、結構な時間がかかりました。その後の1時間ごとのバックアップは差分バックアップな為にすぐに処理が終わるようです。

これで何かあっても24時間前内であれば、好きな時に戻れるますね。Appleのサイトの復旧手順を見ても、とても簡単そうです。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30675

小さい文字が辛くなってきたからタブレットを購入

最近、スマホの文字を見るのが辛くなってきました。スマホの文字も大きめにしているんだけど、やっぱり、長く文字を読んでいると目が痛くなるくらい辛い。。。

タブレットなんていらないと思っていたけど、やっぱり大きい画面のほうが目に優しいのと、パソコンを立ち上げなくても用が足りることが多くなるかもしれないかな?と、そういうことからタブレットを買おう!と気が変わりました。

そもそも、購入にあたってはある程度のポイントを利用することを前提としていたんで、ビックカメラで購入することを想定しながら機種選定をしました。

サイズは、10インチ以内がいいなと、まずは大きさから決めました。その中でコスパが高かったのが、Huawei MediaPad M3 Lite Wi-Fi 32GB Grayでした。後は、iPad mini 4もいいかな?と。最近のスマホの大型化からすると8インチタブレットって、自分の使い方からすると微妙な感じが・・・

タブレットは持ち歩かないで家でしか使わないので、やっぱり、そこそこ大きい画面でないと後悔しそうと思い、一番安価なiPadが長く使う上でも良さそうだと決めて購入することにしました。

・iPad 9.7インチ Retinaディスプレイ Wi-Fiモデル MR7F2J/A(32GB・スペースグレイ) [32GB] (2018)(MR7F2JA) 40,813円

ポイントを21,791ポイント利用して、半額程度で購入することになりました。今までその価格から高価なこともあって敬遠してたけど、一般的なタブレットはiPadが多いので、覚えて置いて損は無さそうかなと。将来的には電子ペーパーとして電子ペンも買って利用出来そうだし。以前購入したMacBookPro13との連携なども出来そうかなと。

早速、カバーとディスプレイの貼るフィルムを購入しました。
・ipad 9.7 2018/2017 ケース スリムフィット 超軽量&超薄型 全面保護型 (黒)  998円
・ASDEC iPad 9.7 (第6世代,2018年) / iPad Pro 9.7対応 タブレット フィルム [ノングレアフィルム3] ・防指紋 指紋防止・気泡消失・映り込み防止 反射防止・キズ防止・アンチグレア・日本製 NGB-IPA08 1,579円

カバーにiPadを取り付け。カバー自体、持った時には重く感じないけど、iPadを取り付けしてみると、総重量は結構な重さを感じるようになりました。まあ、傷がつかないようにするには仕方が無いのと、家でデスクに置いて使うことがメインなんで、多少の重さは気にしないことにしました。後はディスプレイにフィルムを貼りつけして、指滑りの改善と反射防止が出来たことで使い勝手も上々になりました。少し、タッチした時の反応が鈍くなりましたが、我慢できるくらいの操作性なので問題ないということに。

デスクにこんな感じで固定出来て便利~。NETFLIXで映画見たりと、やっぱり、この画面の大きさだと丁度良い大きさ。Chromeでホームページ参照時も、文字が大きくて見やすい。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30668

USB-DACが欲しくなってきました

マランツのネットワークオーディオも、AirPlayが使い勝手が悪くなり、書斎デスクにオーディオが纏まったことで、ネットワークでつなげる必要性が無くなりました。そんなこともあって、パソコンとオーディオの物理的な位置が近くなったので、なおさらUSB-DACが欲しくなりました。

とはいえ、そんな高価な本格的な製品は必要が無いんで、3万円台程度の物が欲しいなあという感じに気持ちが固まりました。欲しいとなったきっかけは1万円以下の安価なDACを見て思ったんだけど、買ったら長く使うし、どうせならば、そこそこは使えるものがいいなと。

で、最初はDACのチップで性能が決まるものかと思っていたんだけど、比重としてはそれほどでもないということが分かり、結局は全体的なパーツのバランスだったり、回路の作りだったりが重要ということで、チップだけを謳っている製品は止めておいたほうが良さそうだと判断しました。

そんな中で、3万円台の価格帯で購入できる製品を調べてみると以下の製品が、自分には良さそうに見えました。

・TEAC UD-301-SP/B 約31,100円(税込)程度
 D/Aコンバーター BurrBrown PCM1795
 入力フォーマット DSD:2.8M/5.6M Hz、PCM:32k/44.1k/48k/88.2k/96k/176.4k/192kHz、16/24/32 bit
 ホスト・インターフェイス USB Type B(USB2.0準拠)
 オーディオ・ドライバー ASIO2.1、Core Audio、DoP方式
 周波数特性 5Hz~55kHz (-3dB、サンプリング周波数192kHz時)
 S/N 105dB

・KORG DS-DAC-10R 約34,230円(税込)程度
 D/Aコンバーター CIRRUS LOGIC CS4398
 入力フォーマット DSD:2.8224MHz/5.6448MHz、PCM:44.1kHz/48kHz/88.2kHz/96kHz/176.4kHz/192kHz、16/24 bit
 ホスト・インターフェイス USB2.0(ハイ・スピード)
 オーディオ・ドライバー ASIO2.1、WDM、Core Audio
 周波数特性 10Hz ~ 20kHz ±1dB(fs=44.1kHz / 48kHz)、10Hz ~ 40kHz ±1dB
 S/N 105dB(TYP.)20Hz ~ 20kHz、IHF-A

とりあえず、DSDに対応していて見栄えが良い製品で、デスク上に置いてもこじんまりと収まりが良さそうな製品かな?と。

音に関しては、どちらにしても自分の環境に入れてみないとなんとも言いようが無さそうだし。口コミとか見ても良い、または良さそうだという感じしか分からないし。

コルグのほうは、再生ソフトに評判があって、DoPでDSDを再生しないで独自のドライバ経由で再生することで、結構、繊細な音になるような評価があったし、ティアックのほうもオリジナルの再生ソフトが使い勝手良いような記載があったし。ソフトウエアのほうも甲乙つけ難いんですよね。

パソコンとの接続時には、ティアックは別電源が必要なので、安定した電力供給ということでは優位そうだけど、コルグのほうはUSBケーブルだけで完結する簡便さが魅力かな。

どちらを買うにしても、とりあえず満足は得られそうだけど。年末位には買いたいかな~と、もう少し悩んでみようかと思う。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30489

人生初Mac。MacBookPro TouchBar 13inch 第8世代Intel Core i5プ‍ロ‍セッサを購入しました!

結局、9/12のAppleの発表はiPhoneがメインでMacBookは夏のProが新製品として購入しても後悔しなさそうだったんで、つくばのヤマダ電機のほうも覘いてみることにしました。

特にセールをしている訳では無かったけど、いつものようにMac Book Pro 13とMac Bookを眺めてみては、TouchBarモデルの今年の2018年度モデルが良いだろうという思いを固めることに。

店員さんに話しかけて、応相談と記載のある価格を聞いてみることに。購入は
・13インチMacBook Proをカスタマイズ – スペースグレイ 198,800円 (税別)
第8世代の2.3GHzクアッドコアIntel Core i5プ‍ロ‍セッサ(Turbo Boost使用時最大3.8GHz)
True Tone搭載Retinaディスプレイ
Touch BarとTouch ID
Intel Iris Plus Graphics 655
8GB 2,133MHz LPDDR3メモリ
256GB SSDストレージ
Thunderbolt 3ポート x 4
バックライトキーボード – 日本語(JIS)
です。税込み214,704円也。

購入するか悩んでいると、最終的には180,556円(税別)で、税込み195,000円也で、ポイントを5,070ポイント付けてくれました。

198,800円 – 180,556円 = 18,244円引き
18,244円(現金値引き) + 5,070ポイント = 23,314円

結局、手元のお金が195,000円ということで、あまりお得感は感じられない。とはいえ、20万を切っていることもあって、この辺りで買っておいても欲しい時が買い時ってことで良いと判断。
ただ、ポイントを有効的に使うため、Magic Mouseを合わせて購入することにしました。Magic Mouseは8,800円(税別)ですが、僅かばかり値引きしてもらい税込み8,500円で購入することにしました。で、8,500円 – ポイント5,070 = 3,430円也の手持ちの支払いで購入しました。

買うのは決めたけど、流石に全て一括支払いは出来ないので、JCBカードの手数料がかからない12回支払いで支払うことにしました。で、10万円を現金で支払い95,000円を12回払いとしました。これならば、毎月の支払価格もまあなんとかなるだろう支払い額となりました。

で、早速買って帰ってきました。

箱から中身を取り出して、デスクに設置。

起動させます。MacOSの起動は人生初になります。この画面を眺めつつ、久しぶりに感じるわくわく感。流石にこんな高価なパソコンはFM TOWNSを購入した依頼のことです。その時以来かも(^^;

起動するとWindowsみたいに、何ステップかの問いに対して答えていくだけでデスクトップ画面が表示されました。で、設定画面を少しだけ見て周り新しく購入したマウスの認識と設定。そして壁紙を暗めの物にして、上部のメニューも暗い見た目の物に変更。暫くはこれで使っていこうかと。

そして、「システム環境設定」から「App Store」のアップデートを確認するとmacOS High Sierraのバージョンアップがありました。早速、更新「10.13.6追加アップデート2」を実施しました。それにより、バージョン10.13.6になりました。

まだまだ使いこなせないけど、システム環境設定を色々と弄っては、理解度を深めていければいいな!と。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30473

ケーズ電気でMac Book proを見に!

ネットで色々と調べてみると、Mac製品を購入するにあたって、ケーズ電気が値引きも良くて安く購入できるとのこと。つくばでは、研究学園店でMac製品を取り扱っているということなので、実店舗で購入する場合にはここで購入かな?と。

まずは、わんわんランドへ行った後に、研究学園前に移動です。

まだ、10時ということで駐車場も空いています。入り口から少し離れた場所に駐車してから店内へ。

店内に入ってスマホ売り場のすぐ右手側にMac Bookが置いてありました。重さとかを再度持ち上げてみて確認し、Mac BookとMac Book Pro 13ではたかが300gですが、されど300gって感じですね。

OSの操作自体は、スペックの違うが標準添付アプリを操作するくらいでは差異に違いが分かりませんでした。

ただ、Mac Book ProのTouch Barモデルのここの部分は、ガジェットとしては面白いし、アプリ毎に最適なメニューボタンに切り替わるのが気に入りました。

そんなことで、買うならばMac Book Pro 13のSSD 256GBモデルかなと。念のため、今月の発表を見てからに決めることにしました。

Mac Book Pro 13モデルだけど、店舗の在庫処分品で2万円引きで期間限定?で売られていました。新品も応相談ってあったんで、もしかしたら、同じくらいの価格くらいで購入できるのかもしれませんね。

ただ、それでも現金で17万円か~と考えると、現状厳しいかなと。。。そうなると、貯まったポイントが利用できるビックカメラで買うのが現実的かな~。ビックカメラでも少しだけで良いので値引きしてくれるといいんだけどな~

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30405