Tag: BMW 118i M Sport

パテ盛り後に綺麗に均してステッカーで誤魔化す

週末にパテを盛っておいたところを綺麗に水やすりで均す作業を会社から帰ってきてはコツコツと作業を行いました。

水ヤスリで削るにあたって、パテを盛った周辺も傷を付けてしまっては本末転倒なんで、マスキングテープで周りを囲って周辺をカバーします。

20160306008 20160306009

マスキングしてから、水ヤスリ#600で少しづつコツコツと削っていきます。

ある程度削れたら、#800と#2000でパテを綺麗に面を整えます。削りすぎてもともと傷が付いていなかったところも塗装が少し削れてしまいましたが、まあ、この当りが妥協点かな~と。

20160312001 20160312002

この白い部分に似たような色合いのスプレーで塗装しようかと思っていましたが、この上からステッカーを貼るのであれば、あまり弄りまわすよりは、そのままにしておいてステッカーを貼ったほうが綺麗に誤魔化せるかな~と。

マスキングしたとはいえ、水ヤスリで周辺の段差を綺麗にするときに周辺も擦った擦過傷が出来てしまったんで、コンパウンドで綺麗に磨きなおします。
20160312003

ダイナマイトカットでシングルポリッシャーでポリシングした後、#9000コンパウンドを使ってダブルポリッシャーでポリシングして細かい傷を消しこみました。
20160312004

仕上がりはこんな感じになりました。少し下側の寄れているところは微妙に残ってしまったけど、ここを削るとステッカーを貼る幅を超えて傷を入れないといけなくなりそうなんで、このぐらいが妥協点かな~
もうチョイ丁寧に頑張れば、パテの貼り付けた箇所も最小限に抑えつつ、綺麗に均すことが出来たかもしれないかな~と。

20160228005
before
20160312005
after

で、ドイツ国旗の横長ステッカーを張り付けて作業完了です。最初はどうかな~と思ったけど、思った程目立つ感じではないし、さり気無い感じで貼り付けできたかな~ということで、暫くはこれで誤魔化すことに。

20160312006 20160312007

来年になったら、かみさんが直して良いということだったんで、10万円かけてフロントバンパーを全塗装して元通りに綺麗に戻します。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=23895

マフラーカッターを交換

以前からマフラーカッターをチタン風のマフラーカッターへ交換しようと思っていたんで、リアを上げてから確認をします。

カナヅチで後ろからコツコツとたたき出すだけで、純正のマフラーカッターは外せます。外すとちょっと寸詰まりのマフラーカッターだけど、流石純正品なんで精度も高くて綺麗な作りでした。

20160306010 20160306011

325iの時に付けてたチタン風マフラーカッターを取り付けしました。そのままだと、径が合わずに緩々なんで、3か所にボルトで固定してカチっと固定しました。リアバンパー上部から見下ろすと、少しだけ出っ張る。

実際、純正マフラーカッターと比べてどのくらいの長さの違うものを装着したかというとこんな感じ。5cm程長いかな~という感じです。正確に測っていなんですが、写真で見る限り丁度チタン風の色合い分だけ長いです。
2016030614

斜め横からだと結構出っ張っているのが分かる。やっぱりサイズが合っていないなあ~。こうなるともう少しチタン風なショートタイプのマフラーカッターが欲しくなるなぁ。

20160306012 20160306013

安いやつ、また見つけて買おうかな~

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=23909

ステッカーチューンと傷補修作業

かみさんが早速付けた傷を修復するため、ステッカーを購入しました。

買ってきたステッカーのサイズが傷が隠れるか確認してみると、当初小さ目のドイツ国旗のステッカーで隠すか・・・と思っていたほうが非常に微妙で隠しきれないことが発覚。
20160306006

仕方がないんで、横長タイプで隠すことにしました。

傷をステッカーで隠すにしても、綺麗に面をスムージングしないと凸凹になって綺麗にステッカーが貼れないので、補修材で綺麗に面を綺麗に修復することにしました。
その為の材料も一式、今日買い揃えました。塗装スプレーは、似たような色合いのものを買ってきて、暫くはそれで誤魔化して目立たなければいいかな?程度の思惑で作業を開始します。
20160306001

捲れた塗装の傷を削った後に、補修材のパテで埋めていきました。数回に分けて作業して盛り上がるくらいにパテ埋めしないといけないのですが、今日は時間切れのため、このまま放置です。
20160306005

何回かパテで補修をしたら、完全に乾いた後に水やすりなどで綺麗に面を整えていき、スプレーで塗料を塗るかどうかは、その時に考えたいと思っています。

もう一枚の小さい国旗ステッカーは、ニュルブルクリンクのシールの脇に貼り付けることにしました。ちょっと賑やかしな感じで煩い感じもしないではないけど、バランス的に良いかな?と。

ドイツ国旗ステッカーとニュルブルクリンクステッカー

ドイツ国旗ステッカーとニュルブルクリンクステッカー

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=23873

洗車で新しい試み

今日は午後から雨が降るということだったんで、埃が舞い散らない湿度が高い気温のこの時に洗車して綺麗にしました。

今回の洗車では新しい取り組みとして、ボディ表面になるべく擦らないという条件で作業しました。

擦らないということはどういうことかというと、汚れを洗う時もスポンジで擦らずに、高圧洗浄機で汚れを基本落とします。
ボディが濡れた状態を拭き取りする作業も、ブロワーを使って水しぶきを弾き飛ばして水けを全て取り除きました。先週、施工しておいたまるまるWAXの御蔭か、ボディの水滴は結構弾かれていました。
20160306002

ブロワーだけで本当に大丈夫か?!と心配ではあったけど、まだ、新車でボディ面も綺麗なためか、水けは殆ど吹き飛ばして無くすことに成功しました。思ったより、ボディを擦らなくても拭き上げ作業は完了出来るようです。

普段は面倒臭くてパスしてしまう、ホイール周りの水けは、ブロワーだと簡単に吹き飛ばして綺麗に出来るのも、この作業方法の良い処かな。水分が残っていると塩素の影響で白っぽく変色してしまうんですよね。。。
20160306003

とはいえ、最後の仕上げとして、軽くは拭き取りはしました。拭き取り作業って、結構な労力なんで、これが少なくて済むと体がかなり楽ちんではあったかな~

暫くはこの洗車方式で綺麗にしていこうかと思う。この作業方法は基本、そんなにボディが汚れていないことが前提条件かな~という感じです。流石にまったく擦らないで汚れを落とすのは無理だと思われるので。うっすらと埃がのっている程度であれば、今回の作業方法が一番良さそうかな~。

ただ、何回かすでにボディを擦ってしまったので、細かい傷が少しついてしまったのに気づいてしまいましたので、暖かくなったら一回コンパウンドで磨き作業しようかと思う。
20160306004

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=23864

118iの納車時ナビバージョンについて

以前、ConnectedDriveのサイトから地図データがどの時期のものかを把握しておこうと、早速、車に入ってナビを操作してバージョン情報を確認しました。

ConnectedDriveには、以下のような説明がありました。

*ご確認下さい: この車両ではデジタル地図の現在のバージョンを自動的に検出することはできません。 BMWのナビゲーションのオプションメニューからインストールされている地図バージョンをご確認下さい。

当初、古い地図データかな~と思っていましたが、意外や意外!なんと、2016.1の地図データでした。
20160304001

・Japan BMW Group 02.09.0400 Road Map JAPAN EVO 2016-1

と表示されています。実際、ここ最近出来た道路なんかを確認したわけではないので、表示上の問題であって、実際は圏央道なんかの道路は反映されていないかもしれませんが・・・

でも、ConnectedDriveのサイトでダウンロードできる地図データのバージョンは、
・利用可能なバージョン: Road Map JAPAN EVO 2015-2*
と表示されており、今回確認したものよりも1年近く古いように見受けられます。

車の納車時期によって、実際にダウンロードできる版の物とインストールされている地図バージョンとで差異があるのか?!普通に考えるとそういう差別はマイナス要素だと思うので、ありえ無さそうですけど。

最新版っぽいけど、一応、忘れないうちにBMW Update Managerはパソコンにインストールだけしました。
20160304002

デジタル道路地図をUSBスティックに保存する方法は、ConnectedDriveのサイトから地図データをダウンロードするようです。

ダウンロードの前提条件として、”Update Manager”プログラムがこのコンピューターにインストールされている必要があります。

USBスティックまたはUSBポート付きの適切な記憶媒体に十分なメモリ容量が備わっていることをご確認下さい。

デジタル道路地図のフルバージョンのファイルサイズは約20GBです。高速のデータ接続でもダウンロードには数時間かかる場合があります。

次のステップでBMW Update Managerからファイルを開いて下さい。ダウンロード完了後、まずファイルをローカルに保存し、その後記憶媒体に保存してから解凍して下さい。 続いてファイルをそこからBMWのナビゲーションシステムにインポートすることができます。

と、USBメモリも結構な容量の物を用意しておかないといけないのが難点ですね。とりあえずは32GBの物を用意すれば事は足りそうではありますけど。

デジタル地図データのダウンロードをすると、ファイル名dlmconfig.bmwmというのがダウンロードされます。これをダブルクリックしても、何も起こらないんだけど・・・どういうこと?!

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=23849

強風で汚れたボディを高圧洗車機で洗車

今日は午前中、娘の卒業式があったため会社を休んだのですが、午後からは時間が空いたので洗車することにしました。

水洗いだけだとボディを擦った時に細かい傷がついてしまうので、今回は高圧洗浄機で洗車しました。

やっぱり、高圧洗車機で洗車すると擦らなくても汚れを落とせますね~

20160301001 20160301002

車内が結構埃がたまっていたんで、ドアを全開にあけて埃だししつつ、ドアの隙間などに溜まった水を綺麗に拭き取り。

綺麗に拭き取りし、光の加減からボディの傷のチェックを実施しました。今の所、ボディは問題無さそうでした。
20160301003

やっぱり、この角度から見た感じが好きですね。前、貼ってたニュルブルクリンクのステッカーを新しい118iに。貼り付ける場所は悩みに悩んで、リアクウォーターのガラス部分に貼りました。
20160301004

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=23846

ガレージカメラ移設実施

ガレージのネットカメラを移設することに。

今は後ろ側から前方に向かって映していましたが、これを前方に設置して前から後ろ方面を映すように変更することにしました。丁度、下の写真の防犯ライトの横あたりが今までに設置してた場所です。ここは風雨に見舞われてもカメラが濡れない場所だったんで、丁度良い場所でもありました。
20160227004

前方に設置することで、玄関周りにカメラを向かせたり出来るので、家に居ながら外に来た人のチェックが可能になるからです。

その為、5mの電源ケーブルを購入し天井にケーブルを這わせて延長させた後にネットカメラと接続しました。

当初は、電源ケーブルをU字の絶縁ステップルで固定しようと思っていましたが、天井に打ち付けが非常に難しくて、結局その方法は諦めて、ケーブルを天井の隙間へ詰め込むことでなんとか端から端まで這わせることに成功。
20160227005

電源ケーブルのコンセントがこのままだと湿気でやられてしまうんで、接続箇所にテープでぐるぐる巻きにして水対策しないと。

稼働チェックしてみると、当初の想定通りのカメラアングルが可能になりました。ただ、思った程画角が狭くて写る範囲が狭いかな~

高角カメラが欲しくなった。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=23819

かみさん初めてのドライブ・・・そして、傷付ける(><

納車されて2週間経ちますが、まだ、かみさんに車の運転の仕方など説明していないし、運転させてもいなかったので、つくばの方へ行った帰り道は自分で運転したい!と言ったことから、事の始まりでした。。。

食事をした後、珈琲でも飲みたいねということになり、つくばのマックカフェに移動する時に事件が発生しました。
20160227001

マクドナルドの駐車場がお昼時ってこともあって、入口が混雑していたんで、少し先から奥側の駐車場に止めさせようとしたのが間違いの元でした。邪魔になろうがなんだろうが、普通に手前から入れさせれば良かった。

どう考えてもこれ以上すすめたら目の前のポールにぶつかると思って、これ以上は駄目だよという意味を込めて、かみさんの「進んでも大丈夫?」の質問に「いやいやいや・・・」と答えると、かみさんはそのまま車を進めてしまうではないですか!

スリっとした感触が助手席に座っている私に。なんとか駐車場に停車させて確認すると、思った以上に傷が入っています。
20160227002

擦過傷程度であればコンパウンドで磨いて見えなく出来るなと思っていたけど、削れて捲れてしまっています。これだと板金修理でパテ埋めして全塗装しないと元の綺麗な状態には戻せません。。。

かみさんのせいで傷がついたため、直してもいい?ってことでそのままの足でBMWへ向かい、見積もりを聞いてみました。
20160227003

まあ、当たり前ですが10万かかるってことで、かみさんが居ない間に営業さんと整備の人に修理の手配で進めていたのに、かみさんがまたすぐに傷付けてしまうから、やっぱり今は駄目だ・・・!と。

そんなことで、仕方が無くそのままで家に帰ってきました。

捲れてしまった塗装を取り除き、どうするか思案・・・・

あれこれ弄るよりは、そのままのほうが目立ちにくそうかな?ということで、結局、何もしないで作業終了にしちゃいました。

まあ、来年あたりで修理に出すか。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=23817

今だけ!あんこう天丼

茨城で今だけ味わえる魚に、あんこうがあります。

あんこう料理としては、あんこう鍋があるけど、個人的には鍋はあまり好きではない。

最近はあん肝の天丼なんかも、いろんなところで食べれるようになった。

以前はホテルのあんこう天丼を食べたけど、那珂湊おさかな市場にもあんこう天丼が食べれるところがあることを知り、今回、ドライブがてら出かけてきました。

まだ、118iの慣らし運転が終わってないため、高速道路でも4000rpm以下で走行しているため、ちょっとした加速時もストレスだ。まあ、高速はのんびりと走行するしかないけど、一般道では速度を落とさずに走ることでコーナーリングを楽しむことが出来るから、まあ、今のところはそんな感じで走りを楽しんでいます。
20160222001

あんこう天丼は、事前に調べておいた「海鮮処 海門」で。

・あんこう天丼 1,980円也(税抜き)

ちょっと、お高めで税込だと2,138円もする。しかも、駐車場代が100円取られるんで、食事だけで2,238円。
20160222002

でも、高かっただけあって、色んな種類のあんこうの身が入っていて、美味しく楽しめた。白身が3枚。あん肝が2個。あんこうの皮。カボチャ、人参、ししとうが入っていて、なかなかの食べごたえだった。

おさかな市場のすぐ脇に公園があって、そこからアクアワールドが望めます。118iのナビもこういうところに来た時に触ってみたんだけど、2画面のサイズを2kmにしたら衛星マップみたいな状態に変化した。これは見栄えがいいんで、通常時はこの見栄えにしておくといいかもしれないな。1kmにするとふつうの地図に戻るんで、見易さはそっちのほうがいいんだけどね。
20160222003

20160222004 20160222005

帰りは一般道経由で帰ってきたけど、BMWのナビは結構経路上使えることが分かった。リルートも超速くてすぐにコースを変更してくれる。
ただ、途中の目的地追加や経路上の食事処などを検索して追加したりとかをどうすればいいか・・・が分からない。色々と触ってみたけどやり方が分からなかった。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=23808

ETC2.0標準搭載

色々なメーカーの車種に試乗して見積もりもらいましたが、BMWだけがETC2.0を標準で搭載していました。

「ETC2.0」は、ITSスポットとの高速・大容量、双方向通信で、世界初の路車協調システムによる運転支援サービスを受けることができます。また、交通が特定の時間や場所に集中する情報を受けて、ナビと連携することでそういう箇所を避けた経路案内をしてくれたりもします。
20160221013

2016年春(具体的な日時は不明)から、ETC2.0搭載車でルート案内された場合に、割引経路として扱ってくれるサービスも開始されるそうです。

大都市部では環状道路の整備に伴って、経路選択の幅が増えたことによって、経路情報を収集・蓄積可能な 「ETC2.0」とITSスポットにより、渋滞、事故等の状況に応じて賢く経路選択を行うドライバーに対する優遇措置が利用可能のようです。

ETC2.0の車載器は、別途購入しようとすると、4万円~と結構なお値段なんで、最初から搭載されていないと、なかなか買おうって気になれないのが現状ですね。普通のETC車載器の2倍以上もするんで、もう少し価格がこなれてこないと手が出せないですね。
実際、AUDIかVW車を買った場合、ETCは別売りだったんで、その時は普通のETCを買うか・・・と考えていましたから!

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=23797