オイル管理簿


オイルを交換、追加を実施した記録を行う。車を乗り換えたら、車種別カテゴリーで管理していきます。

交換時にODOをちゃんと記録するようになったのが最近なんで、これからはこの内容で記録していこう!

実施日 オイル種別 追加容量 フィルター ODO
2017/1/22 BMW純正LL01 5w-30 4.3㍑ 交換 10,872km
2015/11/14 Techno Power 5w-30 6.0㍑ 交換 86,557km
2015/09/27 BiLENZA Street 5w-40 1.0㍑ N/A 84,726km
2015/07/20 BiLENZA Street 5w-40 1.0㍑ N/A 82,362km
2015/05/30 BiLENZA Street 5w-30 0.8㍑ N/A 80,567km
2015/04/18 BiLENZA Street 5w-30 1.0㍑ N/A 78,775km
2015/04/12 BiLENZA Street 5w-30 5.0㍑ 交換 78,725km
2015/03/22 BiLENZA Street 5w-30 1.0㍑ N/A 76,194km
2015/01/24 BiLENZA Street 5w-30 1.0㍑ N/A 74,420km
2014/11/21 Mobile1 ESPフォーミュラ 5w-30 1.0㍑ N/A 71,982km
2014/09/26 Mobile1 0w-40 0.9㍑ N/A 70,152km
2014/08/06 Mobile1 ESPフォーミュラ 5w-30 6.0㍑ 交換 68,082km
2014/05/25 Mobile1 0w-40 0.5㍑ N/A
2014/03/21 Mobile1 0w-40 1.0㍑ N/A
2013/11/30 Mobile1 0w-40 1.0㍑ N/A
2013/10/14 ELF EXCELIUM PRO 0W-30 0.5㍑ N/A 62,129km

■オイルスペック比較表

Mobil 1
ESP Formula
5W-30
化学合成油
Mobil 1
0W-40
化学合成油
POWER CLUSTER
BiLENZA Street
5w-30
化学合成油
ACEA規格 C2,C3 A3,B3,B4 A3,B3,B4,C3
Approvals BMW Longlife 04 BMW Longlife 01 BMW Longlife 04
SAE Grade 5W-30 0W-40 5W-30
動粘度@ 40ºC 72.8 75 58.6
動粘度@ 100ºC 12.1 13.5 11.0
粘度指数
Viscosity Index
164 185 183
硫酸灰分
Sulphated Ash, wt%
0.6 N/A 0.8
高温高せん断粘度
HTHS Viscosity, mPa•s @ 150 ºC
3.58 3.8 3.8
流動点
Pour Point, ºC
-45
引火点
Flash Point, ºC
254 230
密度
Density @ 15.6 ºC, g/ml
0.850 0.85

※粘度指数の数値が大きいほど温度による粘度変化の小さいことを示し、粘度特性に優れる。
※HTHS粘度が高いほど摺動面の摩耗量は少なく、高負荷にも対応できる。その反面、粘性抵抗が増え燃費が悪化する。
※通常、SAE粘度グレードが30や40の場合、HTHS粘度は2.9~3.7程度が一般的。

■ACEA(ヨーロッパ自動車製造者協会)規格について

A1/B1 低フリクション、低粘度で省燃費を重視したオイル
A3/B3 低粘度高性能エンジン油、蒸発性に優れ、ロングドレインオイル
(メルセデスベンツp.229.1 VW 500.00/505.00プジョー&シトロエン)
A3/B4 高性能エンジン油、軽負荷直噴ディーゼル対応、ロングドレイン油
(メルセデスベンツp.229.5 BMW LL 01 VW502.00/505.00 GM LL-A025/B025 プジョー&シトロエン)
(メルセデスベンツp.229.3 BMW LL 98 VW502.00/505.00 プジョー&シトロエン)
A5/B5 低フリクション、高性能エンジン油、軽負荷直噴ディーゼル対応、ロングドレイン油、省燃費と耐久性能併せ持つオイル
(GM 4718M ホンダ/アキュラHTO-06 メルセデスベンツ p.229.5/229.51VW 505.01 ポルシェ及BMW LL-01)
(ACEA C2 and A5/B5 プジョー&シトロエン)

*ACEA A/B 規格=ガソリンエンジンおよび軽負荷乗用車用ディーゼルエンジン油規格
*ACEA A 規格=ガソリンエンジン油規格
*ACEA B 規格=軽負荷乗用車用ディーゼルエンジン油規格
*ACEA C 規格=アフタートリートメント付加用規格(ガソリン+ディーゼルエンジン油用)
*ACEA E 規格=高負荷ディーゼルエンジン油規格

追加規格としてC規格が設定された。「Cカテゴリー」の意味は「Catalyst(触媒)」である。特にC規格には、「リン含有量と硫黄分の規定」が制定された。(2004年制定)

*ACEA C1:DPF (Diesel particulate Filter)およびTWC(Three wayca catalyst)対応の低リン(500ppm以下)、低灰分(0.5%wt以下)低フリクション省燃費油
*ACEA C2:DPF (Diesel particulate Filter)およびTWC(Three wayca catalyst)対応の低リン(700ppm~900ppm)、低灰分(0.8%wt以下)低粘度油省燃費油
*ACEA C3:DPF (Diesel particulate Filter)およびTWC(Three wayca catalyst)対応の低リン(700ppm~900ppm)、低灰分(0.8%wt以下)高せん断安定性保有省燃費油

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?page_id=20411

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください