ワイヤープランツを株分け


北側に植えていたワイヤープランツが大きくなってきたので、これを期に株分けすることにしました。昨年、一度株分けして1つから2つへ増殖させたのですが、うまく育ってくれているようです。
今回、鉢に植えたほうの成長は遅いようで(写真左奥の緑色のプランター)、親株から株分けとなります。
ワイヤープランツは、ハンギングバスケットへ移植し、お隣さんとの境界フェンスにぶら下げました。折角なので、グレゴマも物凄い繁殖で増えてしまったので、こちらも株分けしてぶら下げました。
また、同じ場所に植えてある、南天の樹が手狭になってきたため、こちらもワイヤープランツの植えてあった場所へ移動です。

ロベリア ホット・アーティックも大きくなってきたけど、なんか間が抜けたような寂しい感じの成長だったので、ガレージ脇からプランターへ移植して、比較的に日照時間の長い門柱の上に置くことにしました。こうしたほうが、こじんまりとするため、ドデンと植えてあるよりかは幾分マシに見えるようになりました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=887

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください