これからの季節に向けて傘を新調、BLUNTにしました!


これからの季節、雨が降る日も多くなりそうだったんで、流石に草臥れて来た長傘を買い替えることにしました。
今使っていた長傘は親骨が24本の日本っぽい情緒ある傘で気にいっていたんだけど、長い間使っている内に生地に穴が開くは、雨を吸ってしまうはで、傘として用を満たさなくなってしまいました。

ネットで傘の特集があるたびに見ては購入を躊躇っていたんだけど、GLADDでかなりお得に買える機会があったんで、ホワイトデーのお返しも兼ねてポチリました。

購入したのは、BLUNTというニュージーランド発の最強傘!
・BLUNT CLASSIC 2(FOREST GREEN) 5,800円也

10日位で配送されてきました。普通の傘と違い、立派なケースに入っています。結構、これだけでもコストがかかっているんじゃない?と思わせます。これいらないから、もう少し安くして欲しいですけど。

箱から傘を取り出す。以前、電車で置き忘れした折り畳み式傘(約8年前まで使っていた)を気にいっていましたが、長傘の骨太な感じもいい感じです。

[仕様]
使用時: 高さ 84cm、 幅 117cm、 奥行 117cm
収納時: 高さ 84cm、 幅 7cm、 奥行 7cm
外装: 高さ 90cm、 幅 10cm、 奥行 10cm、 外装質量 1.1kg

結構、重いので通勤で使うとかなるとどうかと思うけど、家で普段使うには良さそうです。

補償も2年付いているとのことで、実際壊れた時に修理してくれるのかは不明ですが、なんとなく安心な補償付。色々と小さな字で説明が記載されているが、小さすぎて読めません。。。

留めはマジックテープ式。これ、長期間使っている内に留まらなくなるんで、ボタンやフック式のほうが本当は良いんですよね。
開けてみると117cmの幅はかなりゆとりがある大きさなんで、台風の時とかも上半身は濡れ無さそうです。

BLUNTの傘で特徴的な先端部分は、風を往なす形状になっていて、丸い形状になっています。RADIAL TENSIONING SYSTEM(RTS)っていうようですが、空気力学フォルムを持つ傘ってのが、なんかカッコイイ!

フレームもかなり太くてガッチリとしています。ちゃんとパーツにもBLUNTと記載されていて、コストがかかっている感じがしますね。

持ち手の部分も丁度良い太さで、握ると少しだけソフトで柔らかい素材になっています。外に出しっぱなしにはしないけど、紫外線を当て続けるとベトベトした感じになりそうで怖いですけど。

傘を開いて持った感じは、思った程1.1kgの重さを感じることもなかったので、使いやすそうでした。ただ、開く・閉じる操作が若干、柔い感じでここから壊れそうな予感がしますが大丈夫かな?

これであれば無くさない限り、長く愛用出来そうです。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください