CLine洗面化粧台のメタルホース断線


今日の朝、歯磨き後にホースを引っ張り出して流していたら、いつもとは違う聞きなれない音が聞こえてきました。
水栓を停止して、落ち着いて再度開けてみると、後ろのほうから「チャラチャラ~」と音が聞こえます。また、よくよく手元を見ると水がホースからも流れているでは無いですか!

あれこれと動作確認して漸く「メタルホース」が壊れてしまったことを理解しました。因みにメタルホースの品番は「CQ01MJ05XSK」だと思われる。ネットで約6,500円程度のパーツです。

で、破損したホースを伝って、洗面下に設置してある「水受けタンク」に水が貯まっていきます。この時の音が違和感を感じた音でした。

このままでは水受けタンクがすぐに一杯になってしまうため、使えなくするために下の元栓を閉じました。いや、今まで水受けタンクの存在に気が付きませんでした、12年間も。

自分で修理出来ないものか?と調べてみるとパナソニックのサイトに修理動画などがアップされていました。そちらを確認しつつ、自分でメタルホースを外せないかと試してみることに。

パナのサイトには、ここをレンチで固定しながら回せば外れるとあったんですが、ナット状になって無く、我が家のタイプは「ナット方式」でも無さそうでした。
ナットホース側の取り付け金具が六角径になっておらず外せそうになかったです。ワンタッチジョイント方式で引っ張れば外せればよいのだけど、どう見てもそのような感じではなく諦めました。我が家は松下電工製なんで、通常のナショナルやパナソニック製品だと違った可能性が高いです。

また、場所が狭いためそもそもレンチが回せなかった。

一応、品番(GQU90RHMCD)を控えてホームセンターへ向かいますが、ホームセンターでは一式交換しか対応しておらず、パーツ交換はメーカーのサポート経由で実施する必要があるということです。これ、いつも壊れては相談しに行って指摘されている感じがします。

親切にパナソニックの修理窓口の冊子を貰い、かみさんが雑貨の買い物をしているのを待っている間に電話しました。

・修理相談窓口 0120-872-150

祝日ですがすぐに対応してもらえましたが、実際には受付だけで、明日、折り返し連絡が届くことになります。その時に修理箇所の検討と修理費用の概算などをお知らせしてもらい、お客が妥当だと判断して依頼することになって、修理日をさらに調整することになります。

我が家は洗面台は1つしかなく、使えないと非常に不便で困るため、なるべく早くに修理してもらうことになりそうです。

ホームセンターでは、今のシャワーヘッドタイプのタイプで、KVKの似た感じの製品が消費税込みで(40%offして)約5万円でした。通常の蛇口タイプの物でも約3万円でした。近い金額の場合は買い替えも視野に入れますが、シャワータイプはやっぱり何かと便利なので修理で済ませたいですね。今、5万はちょっと厳しい。他にお金を使いたいところがあるので、まだまだ、現役で頑張って貰わないと!
※つい最近、カートリッジを交換したばかりなんだし。。。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください