残価設定ローンの名義変更手続きを車検場で実施


今日は仕事に疲れたこともあり、有給休暇を取得してお休みにしました。で、何もしないのは勿体ないので、「名義変更手続き」を実施することにしました。

ビーエムダブリュジャパンファイナンスからは、必要な書類一式が届いていたんで、早速、ネットで手続きに必要な情報を入手して必要な書類に記載することにしました。

以下の届いた書類に各々記載します。
・委任状
 →自分の氏名
 →住所
・譲渡証明書(押印しないように)
 →譲渡年月日
 →自分の氏名
 →住所

印鑑証明書は自分のものも市役所で入手(150円~200円)します。

で、車検証を見ながら「第1号様式」をダウンロードして印刷し、以下のように記載して押印しておきます。まずはここまで用意しておけば、現地で実施することを最小限に済ますことが出来るので事前に済ませておきましょう。赤文字で記載例を示します。

車検場は午前中が混雑するので、なるべく11:45の午前中の終わり近くに行ったほうが良いですね。15分あれば処理できるから11:20頃に到着するように行くのがいいかも。とはいえ、駐車場はライン待ちの車や書類処理だけ行う車でごった返しているので、注意が必要ですけど。。。

まずは、ここの1の窓口で書類一式を渡して確認してもらうと、「手数料納付書」を貰えるので、こちらを持って「C棟」へ向かいます。

印紙を購入します。今回の場合は500円となります。で、また元の建物へ戻り1番窓口へ必要な書類一式を渡します。

書類を渡すと以下のような引換券を渡されるので、2番窓口で番号を呼ばれるまで待ちます。5分位で呼ばれるので、後は変更された車検証を貰い終了です。

車検証を確認すると、備考欄からビーエムダブリュ―ジャパンファイナンスの所有者情報が削除されていることが確認出来ます。
車検証を元にもどして車に保管します。

かかった費用は以下の650円でした。
・印鑑証明書発行 150円
・手数料納付書印紙代 500円

平日、休めることと、暇を持て余していて、自分で車検場まで行ける人であれば、ディラーで頼まないで自分で行うのも良いでしょうね。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください