サービスインターバル リセット


ディラーへ車検整備を出しましたが、交換しなかった項目については、サービスインターバルがリセットされていないため、毎回、警告されるのが鬱陶しく感じるようになりました。

[サービスインターバルへの入り方]
1.イグニッションボタンを押す(ブレーキペダルは踏まない)
2.暫くコンソールが落ち着くのを待つ(10秒くらい)
3.トリップメーターのリセットボタンを長押し(6秒位)

4.パネルに車両情報が表示されるので、そしたらボタンを離す。

サービスインターバルの操作方法は、以下の通り。(トリップメーターのリセットボタン)
・短押し→次の項目へ
・長押し→選択項目を決定、実行

で、今回の該当項目を確認します。車検整備時に交換依頼していなかったので、エンジンオイル(2021/1超過)とブレーキ液(2021/1超過)がひっかかっています。
ブレーキ液交換はディラー交換でもそんな高額な費用では無かったのですが、どちらにしてもDIYで出来そうな作業はパスしているのと、運転した感覚として、ブレーキを踏んだ時に特に違和感も感じないので、無理に交換はしていないです。

まずは、エンジンオイルからリセットを実施。エンジンオイルの項目まで進めて、長押しして決定→実行となります。(メッセージが変わったらボタンは離す)
実行中はリセット中のメッセージが表示され、完了して成功すると「リセット成功」と表示されます。距離(5000kmプラス)と期間(実行月から1年)が延長されます。


1

2

3

同様にブレーキ液のほうもリセットを実施。リセットに成功すると期間(実行した年月から2年がプラス)が延長されます。


1

2

3

サービスインターバルのメニューは5秒程放置すると、勝手に抜けてしまいます。とはいえ、焦って操作するとおかしな事になりかねないので、慣れないうちは、メニューへ入り直してやり直すくらいの気持ちが良いでしょうね。

最後は車両情報から点検実施時期を表示して、ちゃんとリセットされたかを確認して作業終了です。全てOKになっていることを確認。そして、先ほどの延長された値になっていることを確認します。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください