ディラーで車検を通すため、車を持ち込みました


5年が経ちました。2回目の車検となります。

今回はディラーで車検を通すことにしました。民間車検場と比較して、作業を絞ることで価格差が1万円くらいまでとなった為です。
また、民間車検場は持ち込みも車検後の引き取りも平日で無いと駄目だったため、休日に持ちこみ可能だったディラーを選択しました。

日中、何かあった時に車が入用になるかもしれなかったので、夕方、持ち込みにしました。今回、ディラーがリニューアルして新しくなってから、初めて入りましたが、ガラス張りで外から丸見えになっていて、明るくはなったのでしょうけど、中で働く人はどうなんだろう?という感じのデザインになりましたね。
今まではサービスマネージャが裏側のデスクに居ましたが、今は表に受付の近くに座っていました。

珈琲を受付のお姉さんにお願いして、飲みながら待っていると、車の確認をということで裏側のほうへ移動。納車式などを行う専用の場所が新しく出来ていました。

ここで、気になる点などを確認しつつ、必要な事項をお伝えしました。殆ど車検を通すだけをお願いしているので、基本的に足し算の作業は余程の事が無い限りしないように依頼しました。バッテリーの電圧だけ気になったので、交換が必要そうかだけ確認しました。とはいえ、ディラーで交換すると高いので自分で買って交換する予定ではありますが。。。

車を上げてくれたんで、下回りを確認してみましたが、基本的には綺麗な感じで何も問題無さそうでした。

週末、引き取りに行くことになりますが、代車は一つ前の116iでした。Mスポーツと比べるとハンドルが細いのが気になったのと、B38Bの1.5Lエンジンに比べて、なんでか116iの走り出しが重く感じました。やっぱり、自分の車で無いことが非常に違和感を感じさせますね。エンジンフィールも代車なせいかあまり良くない感じで、変なタイミングでギアチェンジしたりして、あまり乗りたくない感じでした。

代車は借りたけど、基本的にはディラーへの行きと帰りだけに必要なんで、車検が終わるまではガレージで塩漬けですね。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください