TP-Link RE505Xのファームウエアバージョンアップ作業実施


なんか、今日、テレワークしているとVPN接続に失敗する・・・

他のメンバーは特に問題がないということで、WiFiの接続先を中継器のRE505Xからnuro光のルータ側へ直接接続に切り替えたらVPN接続できるようになりました。

我が家の中継器がおかしくなったようです。そんなこもとあって、動作不良を起こした可能性があるので一旦再起動を実施して、同じようにDNSの確認をしても名前が引けないため、TP-Linkのサイトを確認することにしました。

すると、ファームウエアが結構バージョンアップされているではないですか!本体の機能に自動更新機能があって、そこで確認が出来るため、いつも最新です!と誇らしげにいうもんだから、気にしていなかったけど、なぜかクラウド経由で情報を正しくひっぱってこれていないようです。
そんな状況になるとは梅雨思わず、今後はサイトをマメにチェックしないと駄目だと思いました。

で、サポートサイトを確認すると、2020-11-27に「RE505X(JP)_V1_201013」が公開されており、

変更点:
1. OneMesh機能の完全な有効化/無効化に対応しました。
2. フロント/エンドのデュアルバンドWi-Fiを同時に無効化することに対応しました。
3. セキュリティ上のバグを修正しました。

とセキュリティ関係のバグ修正なんかもあって、尚、すぐにバージョンアップしないと!という感じになりました。

上記以外にも今年は2020-09-24と2020-08-19にも更新されていて、結構、重要な更新がなされていました。

管理画面からログインし、上記からbinファイルを選択してアップロードして更新を実施しました。本画面の「アップグレードの確認」機能は使えないので、なるべくサイトを確認したほうが良いです。

これでひとまず安心ですね。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください