お気に入りの今は無きサンヨーの掃除機が壊れた


ダイソンの掃除機も最初は良かったけど、やっぱり、重いのとゴミをマメに捨てないといけないのが我が家には合わず、結局、良く利用したのが今は無きサンヨー製のパック式?掃除機でした。
サイクロン型と紙パック式の良いとこどりみたいな掃除機で、キャニスター型のゴミ収集ボックスにティッシュを1枚挟むだけで、簡単にゴミ捨て出来て便利でした。吸引力も強くて良かったけど、その分、大きくて重いのが難点だったくらいでしたね。

今度も紙パック式でキャニスター型の掃除機が良いということで、安価だけど必要十分の機能性と仕様の掃除機をネットで探しました。
2機種まで絞ったのだけど、最終的には価格で決定しました。個人的には日立製にしたいと思ったんだけど、かみさんがとにかく安いやつでということで、三菱電機製を購入しました。

1.TC-FJ2X 11,417円
https://www.mitsubishielectric.co.jp/home/cleaner/product/be-k/tc-fj2x/index.html

・本体質量(標準質量) 2.4(3.6)kg
・かるスマタービンブラシ
・運転音 65dB~約58dB
・吸込仕事率(消費電力) 500W~約100W(1000W~約300W)
・日本製

2.かるパック CV-KV70G 14,850円
https://kadenfan.hitachi.co.jp/clean/lineup/cvkv70g/

・本体質量(標準質量)2.7(4.1)kg
・パワフルエアーヘッド(ヘッド水洗い対応、ワンタッチ着脱)
・運転音 66~約60dB
・吸込仕事率(消費電力) 600W~約100W(1,170W)

上記から「TC-FJ2X」を購入しました。本体が小型なこともあり、箱も小さいのと、とても軽いです。開梱して中身を取り出して組み立てました。紙パックが1つ無料で附属しており、もともと本体に取り付けてあるお陰で、ホースやヘッドなどを付けるだけで完了です。

紙パックは久しぶりです。サンヨーの掃除機は、ティッシュ1枚で済んでいたんで、ランニングコストはほぼかからなかったんだけど、これは紙パックを購入しないと駄目なので、少しだけ面倒かな。
最初から附属で付いていた紙パックは、備長炭配合 炭紙パックMP-9でした。この掃除機の純正品としては別に「アレルパンチ※抗菌消臭クリーン紙パックMP-7」「抗菌消臭クリーン紙パックMP-3」「紙パックMP-2」も対応しています。我が家はMP-2の500円(税別)で十分かな~。早速、どこかで購入しておかないと!

操作部は、シンプル。電源ON・強/OFFと中・弱の3つのボタンだけ。入ボタンを押すと、デフォルト強設定で動作するようです。多分、中/弱ボタンは使わないのでは?と思う。

ブラシも標準だし吸い込み用のノズルもバーに付けておけます。出っ張っているほうのスイッチを引っ張ることで、プラス80cm程延長することが出来ます。

電源周りもスッキリとしていて電源コードは軽く引っ張ることが出来ました。巻き戻しのボタンも大きくて扱いやすいです。まあ、まだ新品なので、電源コードが引っかかることもなくスムースに格納されますが、この辺りが数年後どうか?という感じでしょうかね。

一つ想定外だったのが、使わない時に立てて置くことが出来るだろうとは思っていたけど、ホースが結構傾くように取り付けされることでしょうか。以前のサンヨー掃除機は垂直に固定出来ていたんで、廊下に置いていても邪魔にならなかったんだけど、置き方に気を付けないと邪魔になるのは、メーカーのホームページのサイトだけでは分からなかったです。

本体の取ってが大きくて、とても軽いのは良いのだけど、この置き方問題は慣れるまで我慢ですね。。。
ホースの固定爪はプラスチックなんで、なんかの拍子でパキッと折ってしまいそうなのが怖いです。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください