ネットで購入してた+Jが配送されました


11/13にネットから購入した+Jのモックネックシャツとメリノブレンドタートルネックセーターが届きました。

箱も+Jと表記があります。箱を開けると、1つづつビニールに包まっていました。

■メリノブレンドタートルネックセーター(長袖) ¥ 3,990
素材:78% 毛,22% ナイロン
取扱い:手洗い

・繊細で光沢感のある18.5マイクロンの極細メリノウールにストレッチ性のあるナイロンを編み込んで、なめらかな肌触りと美しい光沢感はそのままに、しっかりとした風合いを実現。
・編み目が詰まった、しっかりとした風合いながら着心地は快適。

■スーピマコットン モックネックT (長袖) ¥ 1,990
素材:100% 綿
取扱い:洗濯機

・特殊な紡績方法を用いた、繊細で上品、かつハリのあるスーピマ®コットン素材を使用。
・今の時代に合った、ややゆとりのあるシルエットで毎日着られるベーシックなTシャツ。

ですが、やっぱりネットの画像だけで購入したこともあり、実際に手にしてみると生地がウッスいかな~、と。。。
どちらも、春から夏にかけて着れそうなくらい薄い生地なので、この下に肌シャツみたいなの着ないと駄目かもしれない。想像してた厚みとしては、この3倍くらいを想像していましたけど。
ユニクロ UのヒートテックフリースモックネックTのほうであれば、寒いということは無さそうなので、やっぱり、そっちで買っておいたほうが正解だったかな~
タートルネックセーターも通常ラインのソフトタッチタートルネックTであれば、1,000円で買えたから、生地感次第では1/4のそっちで十分だったかもしれない。セール時にでも、再度、そちらで1枚、同じ色味の物を購入しようかな。

色味は紺が上品な色合いで想像通りではありました。首回りもゆったりとしているから、これならばリラックスして着ていられそうです。袖や裾もスッキリとして生地が薄いから、パンツにインしても着れるかな。取り扱いが手洗いということで、洗濯出来ないのがつらいですが、そんなの気にせずに、洗濯機で洗ってしまおう。

モックネックの黒は、真っ黒ではない感じです。グレーがかっているのか、微妙な黒となっていました。肌触りは良かったので、ジャケットの下に着るとか、ベースとしてのシャツとしては活躍出来そうかな。でも、生地が薄いからどちらかというと、初春や初秋といった、少し肌寒くなってきた感じくらいの20℃前後でないと1枚で過ごすことは厳しそうです。値段が倍でもいいから、生地の厚みを3倍にして欲しかった。

実際に着ていないから、何とも言えないけど、着るとまた違った印象になるのかな?
でも、既にネットには購入出来るものが殆ど無くなってしまっているので、お祭りに参加したと思えば、10年後くらいには思い出話に参加できるかな?

札には+Jの札が値札に追加されていました。1世紀たったら、これにも価値が出るかな?

— 以下がユニクロの+Jコレクションの概要です
2020秋冬のコレクションのテーマは「洗練されたエッセンシャル」
今の時代を反映した、最も考え抜かれたミニマルな表現で、どんなスタイルとも合わせやすいアイコニックなアイテムを展開します。

2020年、ジル・サンダー氏とユニクロが再びパートナーシップを結び、進化した+Jが戻ってきました。 あらゆる人の個性を表現する、今の時代に必要なグローバルユニフォームを提案します。 モダニティ、耐久性、ゆとりのあるスタイルをベースに、サステナブルな、自立したライフスタイルを大切にしています。 コンパクトなコレクションの展開は、世の中の流れに沿った柔軟な提案を可能にします。 過去にはとらわれず、今の時代を反映したエッセンシャルにフォーカスし、 グローバルなコミュニティに目を向け、あらゆる人を日常のタスクから解放することをビジョンとしています。

2020秋冬のコレクションのテーマは「洗練されたエッセンシャル」 今の時代を反映した、 最も考え抜かれたミニマルな表現で、 自在な組み合わせができるアイコニックなアイテムがラインナップ。 クオリティ、仕立て、スカルプチュアルなシェイプ、 着やすさと快適さを追求した、あらゆる人のための上質な服。 はっきりとしたラインと動きのあるパーツが、 ダイナミックな3Dシルエットを描き、 ボリューム感が着こなし方によってそれぞれの個性を表現できます。

※ +Jは、ユニクロとデザイナー ジル・サンダー氏個人とのコラボレーションであり、JIL SANDER (ジルサンダー)ブランドとの関係はありません。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください