玄関に飾り棚を設置


かみさんから、笠間稲荷神社で購入した、おいなりさんの置物を「玄関に飾りたい!」と我儘を言われたため、仕方が無いので御座なりに誤魔化して設置していたおいなりさんを飾れるように、30年前位に購入した飾り棚を設置することにしました。

今までは階段の途中に設置していたんだけど、現状、引っ掛けてあるだけで、特段何も役にもたっていなかったので、これの一つを移設することに。
最初は適当な端材を使ってと思ったけど、やっぱり、見た目がしょぼすぎるもなんだかな~と思い、かみさんを説得して移設が許可された次第です。。。

早速、かみさんに位置決めしてもらい、引っ掛けを取り付け。これもかなり昔に購入していた物が物置から見つかりました。

こういう物もいざ購入となると、結構なお値段するので、なるべくお金をかけずにすんだのは良かった。
早速、決めた位置に棚が設置出来るように、引っ掛けの釘位置を決めて取り付け。想定外だったのが、引っ掛ける箇所が浮いているからと、ハンマーで叩いて平らにしたら、引っ掛けられなくなり、少し焦りました。上部の留め具に干渉するようで、仕方が無く、ペンチで戻しました。

留め具を取り付け終わり、棚を引っ掛けてみると、僅かにですが、水平にならないです。下側が8mm程度浮いてしまうため、粘土が余っていたので、それをつかって、足を作って貼りつけました。これにより、棚部分が水平近くになり、僅かにだけど奥側に傾いていたほうが、置物が何かの拍子に落ち無さそうということで、少し下側を高めにして設置しました。おいなりさんの置物の土台もジャストに収まり、今後、何かの置物を置くことも出来るようになりました。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください