金木犀を強剪定


数年前に専門の人に剪定してもらいましたが、かなり伸びてしまい、隣家にも食み出るし、家の前が暗く感じることもあって、久しぶりにDIYで強剪定することにしました。

まずは隣家側のほうを大分間引きました。暫く、バランスを見る為に様子見しつつ、どういう形にすれば良いか考えました。とりあえず、中のほうのが込み入っていたので、全体的に小振りにどちらにしてもしなくてはならないので、太い枝を中心にバッサリと剪定しました。

後は左右に飛び出ている太い枝と高さがある枝なんかを剪定して作業完了としました。大分、玄関前が明るくなりました。

後は切った枝を片づけですが、片づけがメッチャ大変です。。。

金木犀の枝はかなり固いこともあって、枝切りばさみだけでは短くすることが難しいため、手ノコで捨てるのに丁度良いサイズに切断させて、紐で括っていきました。これ、ゴミステーションへもってくだけでも何往復もしないと駄目な量だし、一度に廃棄したら他の人がゴミ捨てれなくなってしまうので、捨て方も気を付けないと駄目な状況です。

今週、とりあえず廃棄出来るので、一旦、邪魔にならない様に、ゴミステーションへ持ち込みます。

金木犀はこれで一旦スッキリしたけど、シマトネリコが大きく育ち過ぎて、こちらも強剪定しないと駄目な感じです。こっちのほうが枝が太いこともあり、電気ノコギリで切るとしても、かなり大変かな。昔に比べて、家の前の道路に人も車も通るから、電線に引っかかりそうな枝を切るタイミングが難しいかな。

剪定作業に2日間。そして片づけが3時間程かかりました。でも、依頼すると今回は1.5万円くらいはかかりそうだったんで、自分でやって節約出来たと思えばいいか。。。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください