車載用のスマホホルダー(超強磁力 360度回転式)を新調


車載用のスマホホルダーが壊れてしまいました。シンプルでそこそこ使い勝手は良かったけど、いちいち、アームを広げてスマホを挟んでからエアコン口に取り付けるのが面倒臭く、次はもう少し簡単に出来るものを探しました。

方式としては、以下の4種類かな?
・吸盤取り付けタイプ
・エアコン吹き出し口タイプ
・ドリンクホルダータイプ
・クリップ式

操作時の位置は、やっぱり、エアコン口辺りが標準のナビ画面に干渉し辛く、また、操作性も良いため、方式としてはエアコン口に取り付けするタイプに決めました。

また、スマホを固定する方法も、以下の3種類があり。
・挟み込み
・磁石で貼りつけ
・置くと固定される

置くと固定されるタイプは、車が前後左右に揺れてもぶれない安心感としては一番だと思うけど、ホルダー自体が少し大きくなるのがデメリットでしょうかね。挟み込みタイプは、前回と同様で確実だけど、毎回面倒臭いこともありパスすることに。置くと固定タイプはスマホの自重で自動的に挟み込みされるハイブリットタイプもあるけど、価格が高めなのがデメリットかな。

そんなこともあり、磁石タイプを今回選択することにしました。メリットは、簡単に設置と取り外しが出来る反面、デメリットは車が激しく揺れた時に落ちないか?ということにありますね。でも、最近のは考えられているようで、昔に比べれば簡単には外れない、電波に影響しないらしいということみたいです。(実際に使ったことが無いため、この辺りは今回の博打な所でもあります。)

そんな中で購入したのは、見た目もシンプルで良さそうな以下の製品を購入。割引200円とポイントで少しだけ安く買えました。
・【令和最新版】DesertWest 車載ホルダー マグネット 超強磁力 360度回転 スマホホルダー 車 高級合金素材 スマホスタンド (ケース対応) 1,547円也

ポチって翌日には届きました。箱は時計の化粧箱程度の大きさでした。こちらに、本体、メタルプレート(四角大 x 1、丸 x 2)、傷防止シート(各メタルプレート用)、クリーニングシート、マニュアル(日本語あり)が入っていました。

今回、ケースはこのまま利用したいので、スマホ(iPhone11 Pro)自体にメタルプレートを両面テープで取り付けするのは避けて、ケースに挟みこんで利用することにしました。位置は、スマホ本体の中心よりも上側に横向きで配置。空いた下側に小さい丸いメタルプレートが1つ入ったので、そちらも配置しました。とりあえず、ケースを嵌めても浮くことも無かったので、暫くはこれで使ってみようと思います。

本体を組み立てます。ボールジョイントを本体へ嵌め込む時がちょっと壊れそうで怖かったですね。ボール側は鉄製だけど、本体の嵌め込む側はプラスチックなんで。

エアコンルーバーへ挟み込む箇所が幅広で、シリコンゴムで覆われているのと、ネジ式でしっかりと固定出来るので、上下のズレ防止の羽をうまく使うことで、グラつかないで固定が可能でした。

最大荷重5Kgまで耐えられる、強力な磁力が付いているということで、かなりのガタガタ道で無ければ落ちるような事故も起きないでしょう!と祈りたいです。

実際に車に取り付けしました。取り付け位置は、センター寄りです。もしかしたら、ハンドル近くのほうが良かったかもしれないけど、まずはこれで運用してみます。

見た目もスッキリとシンプルだし、スマホホルダーも安っぽい材質で無いのが良いですね。


取り付け前

取り付け後

iPhone11 Proを取り付け。ケース越しだと少し弱い感じがしないでもないけど、ずれはしても落ちはしない感じでした。そして、実際にスマホを操作してみても、指を動かした時の固定感はしっかりとしていて、操作性も問題なかったです。スマホの位置をナビに被らないように設置出来るし、横向きにも出来るし、結構、使い勝手が良さそうです。

スマホを設置した状態でも、特にハザードボタンやキーロックボタンなども問題無く利用可能出来そうだし、買って良かったかも。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください