スピーカー接続端子をニチフ 裸圧着端子 Y形(2Y8)へ交換


スピーカーケーブルの末端処理ですが、高価なオーディオ用の物(金メッキやロジウムメッキなどを処理した物や、形もバナナプラグやY型プラグなど)を買わなくても「裸圧着端子 Y形」を利用するので十分な性能を発揮してくれます。

そんなこともあり、以前も同様に圧着端子を購入して利用していたのですが、サイズをちゃんと調べないで購入したために、Sonus Faberのスピーカー端子部分のサイズとあわず、しっかりと取り付け出来ていませんでした。

そんなこともあって、安価な「裸圧着端子 Y形」を買いなおすことに。

購入したのは以下の製品。
・ニチフ 裸圧着端子 Y形(100P) 2Y8 945円也

・電線抱合範囲より線mm[[の2乗]]:1.04~2.63
・電線抱合範囲AWG:16-14
・全長(mm):22.0
・スタッド径(mm):8.4
・内寸(mm):2.3

今使っているスピーカーケーブルの径が1mm程度ということもあって、内寸2.3mmもあれば十分な感じです。太いスピーカーケーブルの場合は、この端子は使えないので、半田でつけるなりするしかない感じです。14Y-8とかであれば太目のケーブルも行けそうですけど、スピーカーの端子側に余裕が無いと干渉して付けれなさそうです。。。

早速、今付いている端子を取り外しました。こんなにサイズ違いの物を使っていたとは!
普通の小型海外製スピーカーとかであれば、このサイズが丁度良い感じですね。100個も入っているため、1回に4個づつ使うとしても、ケーブルの太さが合わない限りは一生使えそうです。

ケーブルを剥きなおして、端子に圧着させて、スピーカーに取り付けしました。取り付けた時の安定感がまったく違います。取り付け時の設置面も多くなり、電気的な通電効率も多少は違ってくるのでないかな?


交換前

交換後

実際、鳴らしてみるとなんとなく良くなった気もします(^^;

6 comments

  1. BON - 返信

    こんにちは。錫メッキと金メッキの組み合わせは異種金属の電位差で腐食する可能性が高いのが気になります。結露しなければ大丈夫かもしれませんが。ニチフは安くて便利なんですけどね。

    • み~ - 返信

      コメントありがとうございます。
      我が家だと結露が無いので、今の所は問題が出そうにないです。
      スピーカーも31年も経ちますが、スピーカー側の金メッキのほうが白けてきていますので、そっちの元のほうが心配です(^^;

      • BON - 返信

        金メッキも劣化するみたいなので、接点オイル(私は接点復活王を愛用)の塗布で防げるようです。挿し込みの固いコンセントやUSB端子も柔らかくなります。ニチフ端子は圧着工具はロブスター AK15Aなどを使用すると確実に圧着できるのでおすすめです。

        • み~ - 返信

          こんにちは!
          私はCRCの接点復活スプレーを買ってもっていましたが、今まで使っていませんでした。。。
          今回、良い機会なのでやってみたら、金メッキがピカピカになりました。こんなんなるんなら、早くやっておけば良かったです。新品みたいになりました。
          圧着工具はロブスターみたいな良い工具では無いですが、ちゃんと?(^^; した工具で圧着しました。

          • BON -

            こんにちは。ピカピカになって良かったです。2Y-8は裸端子用の2の位置で圧着すれば大丈夫です。おそらく画像を見る限り裸端子用で無いような気がしました。違ってたらすみません。

          • み~ -

            どうもです!まさにご指摘の通りですね。自転車用の圧着工具で圧着したんで、裸端子用ではないためにかなり雑ですね。。。(>< 機会を見て安くても良いからちゃんとした電気工具用の圧着工具も1つ買っておいたほうが良いですね。 とはいえ、今の所は問題無さそうなので、暫くはこのままでいこうとは思います(^^

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください