デスクのケーブルと電源周りを整理


デスク周りのケーブルが汚くて、これらを綺麗に整理して見えなくするために、ケーブル収納と電源タップを新しく購入しました。
理想はケーブルは2本程度が良いのでしょうけど、それは現実的に難しく、とにかく目立たないようにすることを目標に改善することにしました。

このような目隠しで人気な商品では、サンワサプライ ケーブル配線トレーがありましたが、価格が高く自分のデスクでは2つ設置しないといけないこともあり断念。違う商品で何か良いものは無いか?と探すとTVの背面にとりつけするトレー製品を見つけました。価格的にもサンワサプライの半額以下だし、2つかっても1つ分以下の価格ということもあり、そちらを購入することにしました。W60cm x D8.2cm x H3cmということで2つで120cmとサイズも丁度良かったこともあります。

電源タップも必要数が足りずに、あっちこっちから取ることになっていたので、1つのタップで全て賄えるようにエレコム 電源タップ 雷ガード 10個口を購入しました。2個口だけ位置が僅かに離れていることで、電源が大きいやつが干渉しないのも良い所でした。

・山崎実業 テレビ裏ラック ワイド60 ブラック 約W60XD8.2XH3cm 1,870円 x 2
・エレコム 電源タップ 雷ガード 10個口 ほこりシャッター付 固定&吊下可能な回転パーツ付き 2m ブラック ECT-0102BK 1,899円

電源ケーブルとケーブルの引き回しを綺麗にするだけで、合計5,452円の費用がかかりました。まあ、元のDIYで作ったデスク自体、あまりお金をかけずに作った物なので、市販品のカッコイイデスクからすれば、自分好みのカスタマイズされた部屋のサイズにあった物が1/10以下の費用で整ったとも言えますしね。

まずは、電源タップやケーブルを置くためのトレーを箱から開梱。中身を確認すると、TVへ取り付けするためのサイズが異なるボルトが付属していました。トレーの幅は丁度良いかなと。縁がもう少しあったほうが手前からも見えなくて良かったかな~。

トレーは手前側の梁になっている板にネジで取り付けしました。当初、2本で固定は強度的に問題がありそうかな?と思っていたけど、電源タップ関係を載せる位であれば問題なかったです。取り付け位置はあまり下過ぎるとそれでも強度が心配だったので、下3cm程あけた上に固定しました。この位置だと足を組んだりしてもトレーに膝が当たることも無く、かなりのぞき込まないと見えないこともあって、取り付け位置的に大正解かな。ケーブルを挿した時に上側の天板への干渉も少なくて、結構、位置的には天板から11cmという所が良い感じでした。

電源タップもAmazonの評価だと少し大きいとあったけど、自分の環境だとトレー一つ分くらいだったので、余裕もあって良い商品だと思いました。シンプルな真っ黒な筐体と、電源を挿した時のカッチリ感は海外製の電源タップには無い安心感がありました。また、コンセント部分が180℃可変式で出っ張りを抑えられるのもポイント高しです。

設置後、各種ケーブルや電源周りを整理したら、足元に転がっていたケーブルが無くなり、とてもスッキリとなりました。後、気になるのは、再度側とパソコンからのケーブルが見えてしまうのが気になるくらいでしょうか。LANケーブルを取り纏めるスイッチがあるので、この辺りは我慢でしょうか。ケーブルダクトを脇に垂らすように設置すれば、もう少し見栄えは改善出来そうですが、今月は今回の改善でそこそこお金を使ったので、またの機会にでも考えよう。


改善前

改善後

キーボードやスピーカーはワイヤレス化出来そうだけど、音質や使い勝手を考えると、有線のほうが安心感があるんだよね。裏側からは大分、ケーブルがだらしなく見えなくなったから、この辺りで我慢かな~・・・

お金をあまりかけずに、この辺りを工夫して改善出来ると良いなあ~

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください