ステーキハウス 幌馬車で初めてのランチ


以前、ひな野だったところが坂東グループの「ステーキハウス 幌馬車」に変わったんだけど、ネットでメニューだけ見ると結構なお値段で気軽に入れないなあと思っていました。

それでも、何かしらランチメニューであれば、そこそこ手軽な価格帯のメニューもあるかも?!と思い、かみさんと初めて入ってみました。
価格が高いのに、駐車場はお昼時は結構な車です。休日ということもあり、団体客みたいな人達も居たり、高校生くらいの子供たちが友人同士で楽しんでいたり、中々の盛況ぶりでした。

13:30頃に入店しましたが、まだ、この時間でも待つ少し待つ感じです。

5分位入り口のソファで待っていると呼ばれてテーブルに案内されました。メニューを見ると、基本的にステーキメニューはそこそこの価格帯がメインですね。そんな中、ハンバーグ定食などは1000円近辺で食べれるようだったんで、お腹が空いていたこともあり、以下を注文しました。
・ハンバーグB 280g 1,529円也

一応、ライスかパンはサービスで付いてくるようです。かみさんは
・ポークステーキ 200g + Aセット 1,419円+330円也
を注文。消費税込みですが1,750円位となりました。

やっぱり、ランチで利用するには我が家には少しお値段が高めです。。。

注文して10分程度でテーブルに配膳されてきました。油が撥ねても良いように、紙で包まれているのと、エプロンもあるのは流石に坂東グループ。気が利いています。

ソースはカレーソース入れみたいなのに、2人分共用で1つでした。さっぱり系のソースで、ステーキ宮の宮のタレみたいなソースです。個人的には、甘めのソースが好みだったんですが、ソースの選択は無いのが残念でした。

肉は半生で出されてきて、自分で切って焼いていく、いきなり!ステーキ方式。つなぎが殆どない、肉肉しいハンバーグです。ふっくらとした玉ねぎを感じられるようなのが好みの人は駄目かもしれないです。結構、噛み締めた時も固めで、肉食ってる!って感じだったんで。

価格からすると、個人的には好みでは無かったかな~。かみさんからポークステーキも貰いましたが、肉質は柔らかいけど、こっちも脂肪分が少ない感じの肉を食べてる感が感じられる物で、サラッとした感じの肉を食べたい人には向かないなあと思いました。

特に値段的にもステーキ宮のランチを2回楽しめるので、個人的にはこれならば、次はないなあと思いました。肝心のステーキを食べていないんで、ステーキを食べたら評価が変わるかもしれないけど、4000円近くからの価格からすると、和牛かA4以上の肉質で無いと食べに行こうとは思えないかな~

ちょっと、残念な感じでした。価格がもう少し安ければ、ボリュームもあって食べごたえ感じられるしいいかな?と思ったのかもしれないけど。

高級パンも売られていて、かみさんからパンを貰いましたが、西友の「純生食パン工房 ハレパン」と同じように美味しく感じたので、たまの贅沢食パンを買うのは、こちらの近い方でも良いかもしれないかな~とは思いました。純生食パン工房 ハレパンと比べると、パン自体の甘さは少な目だったような気がしますが、同時に食べ比べていないので、どっちが好みか?!というのは分からなかった。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください