うっそ~ん!知らない間に使えなくなってた


iPhone4から気にいって使っていた燃費記録アプリ「Fuel Cost」だけど、何気に今までの履歴を確認しようと改めて確認すると、今年の4月以降、記録が残ってないじゃないですか!!

このアプリが見た目、使い勝手、履歴の見やすさと、個人的には最高の燃費アプリだったのに・・・・

3車種に跨って使い続けていましたが、念のため、過去2台分のデータを削除してみると、なんと!新しいデータの登録が出来るようになりました。(念のため、データベースはバックアップを取りました)
どうやら、内部データベースがsqliteで管理されているのですが、格納できる最大データ容量を超えたせいで登録出来なくなったようでした。良かった・・・

因みにsqlite(Fuel_Cost_Core.sqlite)の容量を確認したら、1.63MBでした。ちっちゃ!フロッピー容量サイズくらいまでしか管理出来ないとは、なかなか厳しいですね。一定期間経ったら、パソコンへバックアップするなどしないと駄目みたいです。

使えなくなったことで、e燃費や他のアプリを新しいiPhone11 Proに入れてみましたが、やっぱりしっくりこなかったんで、使えるようになって、良かったです。

2020/5から記録出来ていなかったんだけど、基本、多くて月1しか給油しないし、コロナ過で殆ど週末の買い物とかみさんの通勤でしか利用していなかったので、今回、給油するまでに4回程しか記録未記入回が無さそうなのが幸いですね。

sqlite自体はかなり大きなデータが扱えるデータベースなんで、アプリ側の制限なんでしょうね。有償版なので、安かったとは言え大事に使っていきたいですね。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください