かなり前に購入しておいた、ソーホースブラケットを使って馬を作ることにしました。

今日は思った程、暑く無く。風があったお陰で、作業にあたり死ぬほどでは無かったのが幸いでした。

今回、馬の高さは80cm~90cmの間とすることにしました。なので、足の長さを80cmにすることで、2×4材の厚み分38mmと上台分の厚みを足すと90cmとなるようにしています。今後、スタイロフォームを下に敷くことを考慮しています。この90cmという高さを決めたのは、身長÷2+5cmという、良く言われている式によって自分に合う高さとしています。

ブラケットは良くある黒いやつではなく、白いやつを見つけたので、それを購入しています。で、脚キャップは馬を2セット作るのだからと2個買ったんだけど、脚は8脚なのでもう2セット買わないと駄目でした・・・

・白塗装ソーホースブラケット 1,290円 x 2
・エラストマーソーホース用脚キャップ 519円 x 2
・白ソーホースブラケット用6角フランジタッピング 479円

早速、端材の2×4材を8本見繕って、微妙に90cm前後の物を厳選して、これらを80cmの長さに切断します。

切断にあたっては、丸ノコを使って一気に切っていくことに。ただ、垂直に切断するための道具が無いのは困りました。。。
こちらも早めに治具を作成して、正確に切断出来るようにしないと駄目ですね。多少のズレはありましたが、まあ80cmに切断出来たので、ブラケットに差し込んでネジ留めしました。

娘の小学校からのデスクを分解した時の天板を再利用して作業台としました。地味にコスト削減しつつ、とりあえず、そこそこの大きさの作業台が出来上がりました。

しかし、今回の作業を車のあるガレージ前の空き地でやりましたが、木くずが半端なく飛んで、車がおが屑まみれに。。。
作業場所や木くずの処理などは今後の課題になりそうです。

ソーホースブラケットを使って馬づくり

み~


普通以下のサラリーマンですが、ガレージが欲しくて、住宅ローンが残っているマンションから注文住宅購入に踏み切りました。インナーガレージだと、真夏日・真冬日ともに車へのダメージが少なく、人にも車にも快適です。 暫く子供にお金がかかるため、お金をかけずに車生活を楽しみたいため、ダウンサイジングターボだけど、エコ&ファンtoドライブで楽しめるBMW 118i M Sportsに乗り換えました。 ■車歴 フォードプローブ2200GT(初代)、トヨタ セリカ2.0 SS-Ⅱ、トヨタ イプサム(初代)、スバル レガシィB4 RSK(BE)、スバル レガシィB4 2.0GT spec.B(BL)、VW Golf V Variant 2.0TSI Sportline、BMW 325i Touring M Sports、BMW 118i M Sports


投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください