前回、ボンネットだけCCウォーターゴールドでコーティングをしましたが、先日の雨の中、車の運転していたら、とても良い撥水性とガレージに駐車したタイミングで、ボンネットに水滴が殆ど無くなるということで、かなり気にいりました。

また、今日は久しぶりに明るい天気になったこともあろ、以前から取り付けようとしていたバンパーガードも貼りつけることにしました。わんこが出る時にバンパーに爪をたてるから傷がつくんだけど、急いでいる時とかにてろんって出すバンパーガードを出し忘れてしまったり、私が居る時は良いけど、家族にお任せしている時に出していなくてとかがあって、やっぱり、あまりカッコイイものでは無いけど、実を取ることにして安価なバンパーガードを購入しました。

で、取りつけにあたり今度はリア周りのバンパーの傷を取り除く為、コンパウンドで磨いてから取り付けることにしました。ここに付いている傷が見えづらくなれば良いのだけど。。。

早速、コンパウンドとポリッシャーを使って磨いてみましたが、やっぱり、綺麗には取れませんでした。それでも最初よりかは見えづらくはなったので、ここにCCウォーターゴールドでコーティングして傷をコーティング剤で埋めてしまうことに。

コーティングしてから、濡れた附属マイクロファイバで数回に分けて拭き上げていきました。コーティングしたことでさらに見えづらくはなった気もします。この状態にバンパーガードを貼りつけします。

暫く乾燥するまで放置した後に、これを取り付けします。
・リアバンパープロテクターBMW [90CM] Mパフォーマンスステッカーデカール 1,800円也

3Mの両面テープ(1cm x 5mくらい)が付属していて、取り付け前に一回、当てがって位置決めします。場所的には手前側に向かってギリギリの位置に貼りつけすることにしました。わんこが足をかける位置がこの辺りなもんなんで。。。

で、ラバーの裏側に両面テープを綺麗に貼りつけたのですが、作業した場所が悪かったようで、スチール倉庫の上を土台にした為に、白い粉みたいなものがまさかのラバー表面に付着してしまいました。

濡れた布で拭き上げたりして汚れを落とそうと努力しましたが、この程度で白くなってしまうってことは、すぐに汚くなりそうなので、無駄な努力は止めました。

で、全体像はこんな感じ。かなり後ろ側がうるさい感じになってしまいました。似たような商品で、ロゴ無しもあったのですが、なんとなくこっちにしましたけど、微妙かもしれないですね。ロゴ無しであれば1000円程度の物もありました。

折角なので、ボンネットにも再度、コーティングを実施。塗り重ねる程良いみたいなので、ボンネットだけは毎回、実施するようにすればと思っています。後、残っている場所は左右と屋根部分となっているので、コーティング剤も丁度良い感じで使い切りそうです。

最後に、ボディが綺麗になったのでタイヤも真っ黒にしたほうが全体が引き締まるため、シリコンオイルを塗布して真っ黒にしました。こうすると水を弾くので防汚にも効きますかね。

まあ、そうはいってもこれで心配事は無くなったので、良し!としよう。

CCウォーターゴールドでコーティングとリアバンパーガードを取り付け

み~


普通以下のサラリーマンですが、ガレージが欲しくて、住宅ローンが残っているマンションから注文住宅購入に踏み切りました。インナーガレージだと、真夏日・真冬日ともに車へのダメージが少なく、人にも車にも快適です。 暫く子供にお金がかかるため、お金をかけずに車生活を楽しみたいため、ダウンサイジングターボだけど、エコ&ファンtoドライブで楽しめるBMW 118i M Sportsに乗り換えました。 ■車歴 フォードプローブ2200GT(初代)、トヨタ セリカ2.0 SS-Ⅱ、トヨタ イプサム(初代)、スバル レガシィB4 RSK(BE)、スバル レガシィB4 2.0GT spec.B(BL)、VW Golf V Variant 2.0TSI Sportline、BMW 325i Touring M Sports、BMW 118i M Sports


投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください