ガレージシェードの上げ下げ箇所をワイヤーからロープへ変更


何度か実際にシェードの上げ下げを実施してみると、ワイヤーだと滑りが悪いことと、テンションがかかって擦れると、捩れてしまうことがわかり、泣く泣く今の状況をボツにすることにしました。

で、ホームセンターへ出かけて、耐荷重100kgfを耐えれるロープを購入してきました。今回は、事前に調べてどのようなロープが良いか?ということで、耐候性・耐水性・耐熱性に強いポリエステル製の3打ちの擦れに強い3mmのロープを購入しました。まあ、これで駄目そうならば、5mmのロープにすれば、もっと強度的にも問題なくなるということで、安価だし手軽に手に入るってのもポイントです。

また、先端処理やシェードの先のほうを綺麗に処理するために、5mmボルトに挟み込むL字金具を購入しました。こちらは丁度良い金具が中々無くて、NEXT angleって商品のLプレートがサイズ的に丁度良かったので購入。後は、ロープのガイドをさせるためにパイプを通す金具も2個買いました。

ロープは意外とテンションがかかると伸びるようで、実寸ベースで取り付けを実施しました。やっぱり、ロープのほうが滑りが良く、運用しやすいです。シェードを上げ下げしても、引っかかることもなく、とてもスムースに上下出来るようになりました。また、下側でテンション調整するのも過剰に力がかからずにロープ自体が伸縮するのがいい感じです。

シェードの下側は、前回購入したワイヤーを使ってL字金具へ固定しました。ゲートバーのアーム部分にある、ボルトを一つ外してそこにL字金具を挟みこんでいます。強度的に若干不安が残るものの、L字金具の厚みは1mm程度なので、12mmのボルトから1mm分ショートする程度であれば問題ないかな~という感じでしょうか。ワイヤーで綺麗に末端処理したこともあり、下側から引っ張るテンションにより綺麗な形でシェードが張れるようにもなりました。

とりあえずは、これでホッと一安心。台風などの強風時が事前に分かる時など、簡単にシェードの取り外しが出来るようになりました。後は、取り外した時のサイドのロープを固定する仕組みを作れれば完成ですね。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=33167

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください