ガレージ目隠し用シェード補修


昨年の台風時にハトメが千切れてしまったため、取り除いて保管していたんですが、ようやくミシンを使える機会が出来たので、かみさんに準備してもらいました。結構、この色味が気にいっていたんで、1年持たなかったのは残念で仕方がないです。捨てるのも勿体ないので、補修して使い続けることにしました。(次回、買い替えた時は新品時に今回と同じ手を入れて使おうと思います。)

千切れたほうは、端がビラビラと解けてしまっています。反対側の固定金具のほうも、殆ど壊れかけていたんで、どちらもハトメを付けなおします。
ハトメは15mmのサイズとしました。よくよく商品情報を確認しなかったので、ゴールドが欲しかったんで、別途、ハトメだけ購入しましたが、工具一式のほうを開けてみたら、シルバーとゴールドのハトメが付属されていました。

以前に工具付きハトメ一式を購入しておいたんで、そちらも引っ張り出してきました。

ミシンはこちら。ジャノメミシン。私は使い方がさっぱり分からずに、かみさんに糸のセットから実施してもらいました。もうね、針に糸を通そうとしても目が霞んでしまい、とても出来そうにも無かったです。

まずは、ハトメを留める箇所を15cm程折りたたんで縫っていきました。実際、縫い込んでいくと、糸がそんなに丈夫では無かったなあ。とはいえ、釣り糸みたいな糸では難しそうだったんで、もう少し太目の糸を買えば良かったかな。次回、補修する時はそういうことも気を付けて糸を用意しようっと。

かなり長い距離を縫うこともあって、なかなか直線で縫うのは難しかったです。しかし、遠目でしか見ないから気にしないことにしました。

反対側も同様に2重にしてからハトメを取り付け。補強のために4mm程度の滑り止め板みたいなものを挟み込んで取り付けしました。これによって、かなりしっかりとハトメが取り付けれました。

取り付けのためのワイヤーがまだ手元に届いていないため、取り付けはまだ出来ないけど、梅雨前には取り付けれそうです。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=33041

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください