スタッドレスタイヤへ交換


今日は今年一番の寒さということで、雪が降るかもしれないと予報ではなっていました。実際、雨だけで雪にはならなかったのだけど、今年はいつ雪が降るか分からないかもしれない!ということで、いつもよりも早めにスタッドレスタイヤへ履き替えました。

で、今までのジャッキアップが壊れてしまっていたんで、新しく新調しました。今回は油圧ジャッキを購入しました。

普通の手動式ジャッキだけだと体力的に厳しいので、インパクトレンチも併用する必要があるのですが、前回、ジャッキを回している時にネジが固着したまま、インパクトレンチで上げ下げしたせいで、インパクトレンチもお亡くなりになってました。

ジャッキとインパクトレンチを両方購入すると1.5万円くらいかかりそうということもあり、同じくお金かけるならば、少し高価な油圧ジャッキ買ってしまうほうが手っ取り早いという判断です。

で、ネットで色々と調べて良さそうだったのが、
・WEIMALL ガレージジャッキ 3t 油圧ジャッキ デュアルポンプ式 13,490円也

色もガンメタとブルーがあったんだけど、ブルーを購入しました。こうやって、車と色味があっていて、将来的には他の色の車を所有するかもしれないけど、メカメカしい感じなのが良い感じです。

これに以前購入しておいたジャッキポイントを乗せてジャッキアップしました。本当は乗せるだけではなく固定出来ると良いのだけど。実際に使う時に角度を微調整出来るほうが使い勝手良かったので、まあ、こういうものと言うことで。

スタッドレス用ホイールは、スペーサを取り付けないと干渉してしまうため、スペーサも引っ張り出してきました。どっちがどっち用かも忘れてしまったので、過去のブログを確認し、黒いほうが前用。薄いシルバーがリア用です。

早速、新しく購入した油圧ジャッキで車を持ち上げます。バーが立っているので、狭い場所でも作業はしやすかった。レバー操作の空間が広くなくても、レバーを少し挽くだけでもちゃんと上がってくれます。少しの操作で簡単に上げれるのは非常に便利です。

ただ、もう少しスイスイと上げ下げ出来れるかと思っていたんだけど、少し重さは感じながらの操作だし、油圧調整も少しだけ下げるとかし難いです。下がり方がもう少しゆっくりと落ちるように調整出来ると嬉しいですけど。

久しぶりのスタッドレスタイヤですが、溝自体はまだまだ沢山あまっている状況だけど、ゴム自体が劣化して固くなっているせいで、アイスバーンみたいなところは全く機能しないですね。昨年、山道で死ぬ思いして走ったんで、急な峠道などはこのタイヤでは走れないです。このサイズのスタッドレスであれば安いタイヤも選べるので、買い替えても良いかもしれないけど、今年は近所で走る分には必要十分でしょう。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください