ロードバイクのブレーキケーブルとリムブレーキ取り付け


とんだ出費となりましたが、自転車が無いと不便なので、使えるように各種パーツを揃えました。

新たに購入した物としては以下となります。合計18,251円也となりました。これらは本来かからなかった費用となります。
・シマノ ULTEGRA – デュアルピボット – ブレーキキャリパー – SLR-EV – リムブレーキ BR-R8000 10,260円
・シマノ ロード用SUS ブレーキケーブルセット ブラック Y80098019 1,575円
・Deda – レザー Look バーテープ 1,041円

・サイクルコンピューター用ブラケット アウトフロントブラケット 1,688円
・Helius LED懐中電灯 超高輝度3500ルーメン CREE XHP50 3,687円

とはいえ、バーテープだけは経年劣化で取り換えないととは思っていて、事前に購入してはありましたけど。

早速、交換にあたり今のバーテープを取り除いて、切断された痛々しいブレーキケーブルを取り除きます。バーテープを取り除くと、白いテープでケーブル類を取り纏めるように貼られていました。この白いテープが経過時間が長くなったせいか、べとべとしてて取り除くのに難儀しました。

ハンドルバー周りが綺麗さっぱりとなったので、ステム一体型のサイクルコンピューター用ブラケットを取り付けることに。しかし、附属のネジの長さが長すぎて取り付け出来ませんでした。その為、近所のプロショップに行ってネジを買いに行くも、セット販売でしか取り扱っていないということで、こういうパーツというか小物は売っていなんですね。知りませんでした。仕方が無いので、ホームセンターでM5の40mmのSUSネジを購入。これが47円/個で2つ購入して帰りました。

家に戻ってから早速ステムの下側のボルトを外して、ホルダーを固定。個人的にはまだGoProのようなカメラやコンピュータはもっていないけど、いつでも購入して取り付けすることが可能になりました。プロショップの人は中華製のパーツということで、非常に懸念される物だということでしたが、なかなか、こういう痒いところに手が届くようなパーツって売られていないんですよね。

まずは、必要なLEDライトを取り付けしてみることに。想定通りの形となりました。今後はライトは持ち歩くようにして、帰りに取り付けて走るようにすることにします。これで最悪、LEDライトは盗まれなくなりますね。

次にリムブレーキを取り付けします。グレードは悩みましたが、105でも良いとは言え、とりあえず、ブレーキは以前と同様のアルテグラにしています。新しい8000番は色味が黒に近いガンメタって感じです。最初、SCOTTのスピードスターの色味と合わないのでは?と思っていましたが、実際に取り付けしてみると色味もあっていました。仕様については以下の通りです。

■FEATURE
・スタビライザー採用によりたわみ・変形を抑え剛性をアップ
・自在なコントロールを可能にする滑らかな制動特性
・アーム間クリアランスを減少
・28Cタイヤサイズ対応
■BENEFIT
・高い制動力とリニアなコントロール性を実現
・滑らかなデザイン
・ワイドタイヤに対応可能な広いクリアランス

早速、前後に取り付け。リムブレーキの取り付け自体はすごく簡単で、あっという間に作業完了です。ブレーキを手で押さえてセンターを出しつつキツクボルトで締め付けるだけ。

アウターケーブルを通して、インナーケーブルを取り付けします。フロント側は簡単に長さだし出来て取り付け出来ましたが、リア側が問題です。リアアウターケーブルを本体の中に入れ込むための専用のツールがあるようですが、私は持って居なく、最初、なかなか通らなくてもうダメかも?と思ったのですが、3回目位に距離と位置をなんとなく想定しながら出口側を意識して通したら、うまく通すことが出来ました。中々、アンタッチャブルな作業です。

アウターケーブルが決まれば、後はインナーケーブルを通すだけ。ブレーキシューの適正な位置決めをしたうえで、固定していきます。一応、引き代はレバーを引いた時に2cm~2.5cm程度開くくらいということで、通常時シューが5mm程度の隙間が開く感じで調整しました。引き代を決めた後、シューの高さをリムの高さに合わせて固定して作業終了となります。

ここまでで一番大事なブレーキ周りの作業となります。ここまでやることは無かったけど、実際やってみて比較的に簡単に出来ることが分かりました。当初はプロに任せて・・・とか思ったけど、それだとパーツ代プラス作業費で1万円近くもかかるので、そこまでお金が回せません。。。

なんとか自力のDIYで完遂出来て良かったです。

後はバーテープを巻けば作業終了。とはいえ、初めてのバーテープ巻き。なかなかうまく巻けません。まあ、多少の見栄えが悪くても仕方がないかということで、ある程度の作業レベルで妥協しつつ、最後まで巻いていきました。

今度のバーテープはブラウンなのだけど、中々シックな装いになったと自分自身満足。真っ黒な感じも良かったけど、こういうワンポイントの色味も良い感じです。バーテープは初めて巻いたこともあって、買った時に巻かれていた時よりも状況は悪いと思われ、すぐに解けてしまうのでは?と思いつつも、1000円程度であれば1年に1回くらい交換でも良いかもしれないと思いつつ。全体の作業を半日かけて終わらせました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=32204

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください